Gentle Rain

最近はスコールのように激しい雨ばかりです。 今日も激しく降ってます・・レコードのヴォリュームを少しだけ上げられるのは嬉しいけど(笑)昔はしっとり優しく降る雨が多かったように思うのですが・V/V6 8629 Astrud Gilberto - The Shadow Of Your SmileAstrud Gilberto (vo) with orchestra: Claus Ogerman (arranger, conductor) Don Sebesky (arranger, conductor)Joao Donato (arranger, conductor)A&R Recording Studio, NYC... 続きを読む

ラジオのように

10年ほど前に中古店で購入しました。A・E・C(Art Ensemble Of Chicago)が目当てで買いましたが、凄く不思議な魅力に満ちた音楽というか、ブリジット・フォンテーヌとアレスキィ・ベルカセムのことはよく知りませんが、A・E・Cの音楽と全く同化しているように思います(逆かも知れませんが)時々、出しっぱなしのレコードの収納作業をするのですが、今日は、A・E・Cのレコードの周辺に来たものですから、このレコードとなりました... 続きを読む

待っててくれた! 

ディブはとても良い奴で、スタジオライブに僕を呼んでくれた。 7月だった。 ライブの1時間前には着く予定だったのだが、仕事が長引いて、ギリギリの時間になってしまった。「ここで待っててくれたんだ、申し訳ない」 「もう時間だぜ!今日は楽しみなよ」  「僕はパーランのファンなんだヨ」 「何だ! 俺じゃないのか(笑)」このジャケットを眺め・・そんな、妄想をしながら、針を落とします。 One Foot in the Gutter - D... 続きを読む

ユセフの遠吠え

楽器の出来ない自分ですが、オーボエは見るからに難しそうに思えます。 力いっぱい吹いても、サックスのような野太い音は出そうもありませんし・・。およそ、ジャズ的でないこの楽器を多様したのはユセフ以外には思い当たりません。僕の手持ちではボブ・クーパーが、1954年にバーニー・ケッセルのプレイズスタンダーズでオーボエを吹いています。Prelude To A Kiss、I Didn't Know What Time It Was とかでのオーボエの音色は一... 続きを読む

As Long As There's Music

何れはみんな、逝ってしまうわけですが、訃報を聞くたびに寂しくなります。また一人、巨人が亡くなりました・・本当に残念です。•Charlie Haden/Hampton Hawes - As Long As There's Music (Artists House AH 4) Hampton Hawes (piano) Charlie Haden (bass) January 25, 1976  August 21, 1976A Irene Rain Forest Hello/Goodbye B As Long As There's Music This Is Called Love チャーリー・ヘイデンの音は深い、たと... 続きを読む