このジャケを観たら、ベイシーバンドとエラのヴォーカルものだろう、と当然思います。
僕はそう思いながら、安かったので購入しました。

•MGC 743 Metronome All-Stars 1956
DSCN0524_convert_20121110153856.jpg

A
Thad Jones (tp) Eddie Bert (tb) Tony Scott (cl) Lee Konitz (as) Al Cohn, Zoot Sims (ts) Serge Chaloff (bars) Teddy Charles (vib) Billy Taylor (p) Tal Farlow (g) Charles Mingus (b) Art Blakey (d)

Billie's Bounce

B
Wendell Culley, Reunald Jones, Thad Jones (tp) Joe Newman (tp, arr) Henry Coker, Bill Hughes, Benny Powell (tb) Bill Graham (as) Marshall Royal (as, cl) Frank Foster (ts) Frank Wess (ts, fl) Charlie Fowlkes (bars) Count Basie (p, org) Freddie Green (g) Eddie Jones (b) Sonny Payne (d) Ella Fitzgerald, Joe Williams (vo)
NYC, June , 1956


April In Paris
Every Day I Have The Blues
Party Blues
Basie's Back In Town

Lady Fair  (George Wallington p-solo )



 
そもそもメトロノームオールスターズとは?  アメリカの音楽雑誌であるメトロノーム誌の人気投票で毎年トップのジャズメンを中心としたレコーディングを1939年から1956年まで行ったもので(ストなどで何年か抜けては居ますが)これが最後のようです。 
しかもこの56年のものはノーマン・グランツが自分の好みで?作ったようで、投票とは無関係に人選されているようです。
因みに1955年のポールですが(手持ち資料には5位までしか記載なし)、
アルトはポール・デスモンド(リー・コニッツは2位) テナーはスタン・ゲッツ(ズート・シムス・アル・コーンは5位以下)
バリトンはジェリー・マリガン(チャロフは3位)クラリネットはバデイー・デフランコ(トニー・スコットは3位)トランペットはディジー・ガレスピー(サド・ジョーンズは5位以下)トロンボーンはビル・ハリス(エディー・バートは5位以下)ピアノはデイブ・ブルーベック(ビリー・テイラーは5位以下)ギターはジョニー・スミス(タルは2位)ベースはレイ・ブラウン(ミンガスは2位)ドラムはシェリー・マン(ブレイキーは5位以下)ヴァイブはテリー・ギブス(テディー・チャルスは5位)

B面はベイシーバンドとエラとジョー・ウイリアムスのヴォーカルですが(ラストはジョージ・ウォーリントンのソロ)これはこれで良いです。
しかし、これは僕てきには絶対にA面でしょう、しかも、タイトルにあるようにミンガスとブレイキーを聴くレコードなのです。 先ほど書いたとおり、当時の人気ナンバーワンではありませんが其々、人気実力を備えたソロイストをミンガスとブレイキーが後ろから煽る煽る、これはやるしかないだろう!と素晴らしい演奏を展開しています。

パーカーのこの曲のソロオーダーはズート⇒エディー・バート(最近亡くなったとか・・残念です)⇒サージ・チャロフ⇒ミンガス⇒テディー・チャールス⇒トニー・スコット(このクラのソロが凄いんですねー息遣いまで聞こえてきそうな、なかなかにモダンでのりのりな、プレイです)⇒ビリー・テイラー(これも良いですね、名人芸です)⇒アル・コーン⇒タル・ファーロウ(タルの時ミンガスが特に煽っているように思います、同じバンドでしたから仲が良かったのだと想像します)⇒りー・コニッツ⇒ブレイキー⇒サド・ジョーンズ 
コメントのないソロもいいですよーみんな名人ですから。これは良いレコードです、本当に!
絶好調のミンガスとブレイキー、こんなベースとドラムに後ろから煽られれば、凄い演奏に成るっていう見本のようなレコードです。 

その他のメトロノームオールスターのレコードを持っていませんが、聴いてみたいものです。


DSCN0523_convert_20121110153921.jpg

メトロノームの人気投票のベース部門ですが、レイ・ブラウンが強いですねー55年~61年廃刊まで一位です。ミンガスはいつも及びませんなー残念! 
ドラムはマンが強いですねー55年から60年まで1位61年は2位 1位はローチです。以外ですがブレイキーは3位が最高で4位5位が多いです。 
今日はちょっと疲れました。 いっぱい打ち込んだから(笑) 
スポンサーサイト

コメント

M54さん、こんばんわ。ちょいとご無沙汰してました。このレコード・・・私も好きなんですよ。54さん仰るようにどのソロイすトも自分の持ち味を発揮してて、片面1曲でも飽きませんよね。テナーのズートもいいけど、アル・コーンもいいし、あれっと意外な感がするのは・・・最後の方のリー・コニッツ。ミンガスの強引ベースをバックに吹くコニッツなんて・・・なかなか聴けませんよね(笑)

URL | bassclef ID:IpV4Zmhs[ 編集 ]

bassclefさん、こんばんは。 ご無沙汰ででした。

最近、思うのですが・・好いレコードは多いですねーこれはもー限がないですね(笑)
特に期待しなくて購入したレコードにはお得感もプラスされて・・大満足!
そんなレコードですね、これは!

URL | M54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)