ワイルダン・ワイルダー

P1000469_convert_20110618044840.jpg

Joe Wilder (tp) Hank Jones (p) Wendell Marshall (b)
Kenny Clarke (d)
January 19, 1956
A
Cherokee
Prelude To A Kiss
My Heart Stood Still
B
Six Bit Blues
Mad About The Boy
Darn That Dream
P1000470_convert_20110618045001.jpg


ジョー・ワイルダーのワンホーンです。 個人的には素晴らしい名演だと思っています。
独特の音色と節回しでかなり個性的なトランペッターだとおもいます。 悪く言えばメリハリがないと表現されるかもしれませんが音作りが点ではなくて線で紡ぐような、音の流れを感じます。
先ずはチェロキーですが、いきなりのアドリブで、あれーこれがあのチェロキー?と思いました。ハンクのピアノがそれと分かるメロを奏でて、うーん、やっぱり、タイトル間違いじゃないよなーと納得。
ワイルダーの流れるようなソロは時間を忘れさせます。 
このレコードが素晴らしいのはバックの3人のプレーにも大きな要因があると思います。
ハンク・ジョーンズのじゃまをしないライトなピアノ 
ウエンデル・マーシャルの堅実でいて豊かな音量のベース
ケニー・クラークの切れの良いドラミング
どれも一級品です。

ジョー・ワイルダーに惹かれます。彼のリダー作は他には聴いたことがありません。 同じくサボイ盤でトップブラス(5トラッペッター)とハンクジョーンズトリオのゲストでの1曲のみ。
今から他を探すことになります。
探すのは骨が折れますが頑張るしかありません(笑)

トップブラスも面白いレコードです。


P1000471_convert_20110618045131.jpg

Ray Copeland (tp) Idrees Sulieman (tp) Donald Byrd (tp)
Ernie Royal (tp) Joe Wilder (tp) Hank Jones (p)
Wendell Marshall (b) Kenny Clarke (d) Ernie Wilkins (arr, dir)
NYC, November 8, 1955
A
58 Market Street
Trick Or Treat
Speedway
Dot’s What
B
Top Brass
Willow Weep For Me      ※Wilder
Imagination         ※Sulieman
It Might As Well Be Spring ※Byrd
The Nearness Of You     ※Copeland
Taking A Chance On Love   ※Royal


B面のバラードメドレーが聴きどころです。 それぞれの個性が出ています。
間違ってるかもしれませんが、左からドナルド・バード、アーニ・ロイヤル、レイ・コープランド、アドリース・シュリマン、ジョー・ワイルダーだと思います。
スポンサーサイト

コメント

ブログ開設おめでとうございます

M54 さん、こんばんは。

bassclef さんのコメントでブログを開設されたことを知りました。一言ご連絡いただければ直ぐに参上したのですが、拙ブログに集うガラの悪い連中からの罵詈雑言を心配されたのでしょうか。(笑)

ジョー・ワイルダー、いいですねぇ。ブラウニーを聴き慣れた耳にこのチェロキーは度肝を抜かれました。ワイルダーのアルバムはコロムビアに数枚ありますが、面白くなかったです。

九州と北海道、ジャズ・ネットワークが広がるといいですね。
今後ともよろしくお願いします。

URL | duke ID:-

ありがとうございます。

dukeさん、おはようございます。 拙ブログへのコメント、ありがとうございます。 アドリブ帖は随分、前からおじゃましておりました。凄く楽しみでまた非常に勉強になりますので毎週お題の更新を心待ちにしております。コメントをさせて頂くようになったのは最近のことでした。 何せレベルが高いですから僕のような駆け出しにはついていくのがやっとですが厚顔無恥にもコメントさせていただいてます。
dukeさんの幅広い知識で拙ブログにもどしどしご指導いただきたいと思います。 よろしくお願いします。 

URL | M54 ID:-

M54さん、こんばんわ。
Savoyレーベルの音・・・この頃、好みになってきました。Van Gelder氏の録音がちょうどいい按配というか・・・具体的にはbluenoteほど全ての楽器が「近く」ないし、Gelder録音特有の管楽器のエコー感も少ないし、その辺が僕の好みなのかな。

トップブラス/5 trumpets~
54さん紹介のレコードでようやくこちらもオリジナル盤を持ってるやつが出ました(笑)これ、仰るようにバラードメドレーがいいですね。J.wilderとD.バードが流石の巧さですが、I.シュリーマン、R.コープランドもがんばってます。シュリーマン・・・モンクの1947年だかのbluenoteセッションにも入ってる人ですね。この人、けっこう好きだな。

URL | bassclef ID:IpV4Zmhs[ 編集 ]

内気な僕

bassさんいつもコメントありがとうございます。 内気な僕に代わって拙ブログの紹介ありがとうございます(笑)
いやーなかなかブログ始めましたって書き込むのは恥ずかしいものですね。内容もパットしないしなー・・
お蔭様で、大御所のdukeさんからもコメントいただきました。
もう逃げ隠れ、出来ませんね(笑)
トップブラス、オリジナルお持ちですか、嬉しいです。
僕もサボイの音が最近、好みなんです。サボイの赤盤みたらなんでも欲しくなります(笑)
シュリーマン・・・どのレコードに入っていたかなーといま探しています。 

URL | M54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)