先日BSを観ていたら、イチゴヤドクガエルという猛毒がある小さな蛙のことをやっておりました。
しかしまー毒があるものは鮮やかな色をしておりますね。

これもジャケで毒があるぞと警告しているような気がします。

•Rahsaan Roland Kirk/Al Hibbler - A Meeting Of The Times
逕サ蜒・002_convert_20120915085952

Rahsaan Roland Kirk (ts, mzo, str, cl, fl, bars) Hank Jones (p) Ron Carter (b) Grady Tate (d) Al Hibbler (vo A1-5)
NYC, March 30, March 31, 1972

Roland Kirk (ts, mzo, str, cl, fl) Lonnie Liston Smith (p) Major Holley (b) Charles Crosby (d) Leon Thomas (vo)
live in NYC, March 14, 1965  ※Dream only

A
Do Nothin' Till You Hear From Me
Daybreak
Lover Come Back To Me
Don't Get Around Much Anymore
This Love Of Mine
B
Carney And Bigard Place
I Didn't Know About You
Something 'Bout Believing
Dream※

これは先ずB面から、聴きましょうか。 9曲中、4曲がエリントンナンバーで2曲がカークのオリジナルですが、B-1Carney And Bigard Placeがその一曲ですが、タイトルに有る様に、ハーネイとビガードに捧げた曲のようですね。 珍しく、クラリネットとバリトンサックスのソロを取っていますが、勿論、素晴らしい!
b-2.3はエリントンの美しいメロデイーの曲ですが、それを崩すことなく、カークらしい、ソロを展開しています。 トレーン並みのシーツオブサウンドを敷き詰めます。
最後の曲、Dream はカークのオリジナルです。 美しい曲です。 カークにとって夢はとても重要な要素ですね。
これだけ、違うセッションですが、レオン・トーマスがジャージーに唄っています。 これが陽の目を見たのはいい事ですね、統一感は無いとしてもです。

さてA面に行きましょうか、もう一人の主役アル・ヒブラーとのタイマンです、(笑)
ヒブラーはエリントン楽団のヴォーカリストですから、一曲目から当たり前にエリントンですね、ヒブラーの濃厚なヴォーカルにカークのオブリガートが絶妙です、毒vs毒、なんとも心地いいー中和されますね!
カークの一人アンサンブルも見事に決まりますが、カークのテナーは実に良い!! 
カークはテナーだけでも素晴らしいのです。 いやーマンゼロもストリッチもフルートもクラリネットも、みーんな素晴らしいですが・・

まーシナトラのThis Love Of Mine まで、言うこと無いでしょう!  聴きましょう、とにかく。

逕サ蜒・001_convert_20120915085922
相変わらず、仕事が大変です!  何とか、楽したいのだけれど・・(笑)
スポンサーサイト

コメント

高みの見物

M54 さん、今日のデイゲームは取りましたので一息ついております。

カークとヒブラーの濃い組み合わせ、ジャケの絶対こいつら只者ではないな、と思わせるイラスト、更に背景の安っぽい色、ついでに音の悪いアトランティック(笑)、日本でこのレコードをありがたく聴いているのは、M54 さんと私だけかもしれませんよ。

さて、星のつぶしあい、高みの見物といきましょう。いつまで続くこの余裕。(笑)

URL | duke ID:-

Re: 高みの見物

> M54 さん、今日のデイゲームは取りましたので一息ついております。
僕も見ておりました、バファローズを応援しながら(笑)dukeさん、コメント、ありがとうございます。

>ついでに音の悪いアトランティック・・・ そうなんですが・・アトランティックの音、派手さは無いですが悪くは無いと思う盤もありますよ、この盤もふつーかな、それじゃーだめジャン(笑)
いやーカークは先人達への尊敬の思いが凄いですからね~ これは大事なことですよね! 

さてさて、ライオンズ戦、勝たなきゃー明日は無い!! 

URL | MINGUS54 ID:-

No title

最後の「聴きましょう、とにかく。」
このレコードは聴いたことがないから、まさしく「その通り」ですね。72年というとミンガスのカーネギーホールのライブに参加した頃だと思うから期待してしまいます。ネットオークションで見た記憶があるから今後はチェックしてみます。

URL | 瓢箪から小梅 ID:mQop/nM.[ 編集 ]

Re: No title

瓢箪から小梅さん、こんばんは。 コメント、ありがとうございます。

小梅さんはもう、お判りと思いますが、カークはなにをやっても素敵なのです(笑) このヒブラーとの競演も、ほんと、良いです! 自信を持ってお伝えいたします。 素晴らしいですよ! 
そうなんですよ、とにかく、聴きましょう! カークを! 

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)