まだまだ残暑が厳しいですね。 ここのところ、仕事でのトラブル続きで少々、参っています。
癒されたい・・

Chet Baker - Chet   美しいジャケなんですが・・・破損が残念です! 
DSCN0456_convert_20120910055727.jpg

Chet Baker (tp) Herbie Mann (fl) Pepper Adams (bars) Bill Evans (p) Kenny Burrell (g) Paul Chambers (b) Connie Kay (d) Philly Joe Jones (d)

NYC, December 30, 1958 January 19, 1959

A
Alone Together
How High The Moon
It Never Entered My Mind
'Tis Autumn
B
If You Could See Me Now
September Song
You'd Be So Nice To Come Home To
Time On My Hands
You And The Night And The Music

『アローン・トゥギャザー』のイントロで確信します、このバラード集のピアノはエヴァンス以外には考えられないと。
チェットを殆んど聴いてこなかった僕を惹きこんだのはこのレコードでした。
『チェットは誰のためにも吹かない、自分のためにさえも・・』ジェフ・ダイヤーがバット・ビュティフルでこんなことを表現していますが、微かに甦る淡い記憶のように、胸を締め付けながら通り過ぎていきます。
エヴァンスのイントロはチェットのテーマを導きますし、アダムスのバリトンはチェットの影を深く残します。
全てのスタンダードをスローで展開するのですが、僕はそれで良いのだ、それが良いのだ、と思います。
マンやバレルも寄り添うようにサポートしています。

仕事に疲れた僕を癒してくれます。

DSCN0459_convert_20120910055750.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)