普通はアート・テイラーか、セシル・テイラーでしょうか? ジーン・テイラーもいましたね、
今回はビリーでした。
Billy Taylor - Uptown
DSCN0433_convert_20120826202809.jpg

Billy Taylor (p) Henry Grimes (b) Ray Mosca (d)
"Prelude Club", NYC, February 4, 1960
A
La Petite Mambo
Jordu
Just The Thought Of You
Soul Sister
B
Moanin'
Warm Blue Stream
Biddy's Beat
Cu-Blu
'S Wonderful

ビリーテイラーが日本で人気が無いのは、ハードバップやファンキーとは遠い立ち位置であり、ピーターソンのような華やかさにも欠けるからでしょうか。
このレコードはある意味非常にハードバップ寄りだといえるのかもしれません。
プレリュードでのライブ録音、選曲もエロール・ガーナー、デューク・ジョーダン、ボビーティモンズの有名曲を演ってます(B-2はまた、サラ・ケーシーの作となってます、バラードです、いい曲です)

それと、ヘンジン・グライムス(笑)の参加が僕には最高に嬉しいです。 控え目ですが、弾力あるベースは健在です。

ライヴということもあるのでしょうが、小気味良くスイングするピアノですよ。 一番の注目曲は『モーニン』でしょうが、テイモンズみたいに泥臭くはないですが、そこが良いともいえます。
サラ・ケイシーのバラードを挟んでのりの良いオリジナルが2曲、グライムスのソロも聴けます。
最後はこれも軽快なス・ワンダフルでしめです。
A面もガーナーの曲から『ジョードゥ』が良いですね。 ビリーは写真で見る通りのインテリジェンス溢れる人のようですね。 結構好きなミュージシャンです。
 
なんだかんだ言ってまだまだ、聴きたいジャズメンは多いですね。切がないですね!

 
DSCN0434_convert_20120826202842.jpg

昨日もレコードが送ってきてたのですが、またカミサンに咎められました。
今日もまた送ってくるのでどうしよう(笑) 
部屋に閉じこもってレコード聴いてるだけですからこんないい趣味はないと思うのですがね・・・
地震がきたら大変ね、埋もれちゃうねって言われますが、それでくたばれば本望でしょう(笑)

スポンサーサイト

コメント

54さん、まだまだ暑い日が続きますね。
このRiverside盤~ビリーテイラー諸作の中で、ちょっと雰囲気が違う感じで、私もかなり好きな作品です。なぜ他作品とひと味、違うのか? ライブということもあるでしょうが、これはもう、54さんご指摘のように、ベース弾きが ヘンリー・グライムズ だからでしょうね。
グライムズ・・・ザクッとした辛味な音色!好きです(笑) 
テイラー諸作(とにかく多いので:笑)で、もうひとつ気に入ってるのが、Moodsvilleの Intimate というやつです。 あれもなんだか好きなんです。といっても この2点とも、私の手持ちは WAVE とか 米fanatasyの再発ものです。
この Up Town のモノラル青ラベル・・・案外、出てきませんよ。羨ましいな(笑)

URL | bassclef ID:IpV4Zmhs[ 編集 ]

Re: タイトルなし

bassclefさん、こんにちは。 何時もコメントありがとうございます。そうですねーテイラーのレコードも結構、たくさんありますからね~。 テイラーとグライムスはこれ以外にあるのでしょうか?  僕はテイラーそんなに持ってないので、そのムーズビルも未聴です。bassさん、お勧めなら、聴かねばなりますまい(笑)
タウンホールとかロンドンハウスは持ってますが、その頃のレギュラーベーシストのアール・メイも地味ですが堅実濃厚で好きなんです。 
レコードは一期一会ですね!  逃した盤、数知れず・・桁違いで眺めるだけのものも数知れず(笑) 

URL | MINGUS54 ID:-

M54さん、訂正コメントです、すみません(笑)
ビリー・テイラーのちょっといい(と私が感じる)レコード~
Moodsville の Interluede というタイトルでした。(Intimate ではなくて)
まずは訂正まで。

URL | bassclerf ID:IpV4Zmhs[ 編集 ]

Re: タイトルなし

bassclefさん、おはようございます。

了解いたしました。 がんばって、探してみます(笑)  出てくるときは直ぐだんですがねータイミングを逃すとねー。。

URL | MINGUS54 ID:-

Wrap Your Troubles in Dreams

M54 さん、トラブル続きでお疲れのようですね。

ビリー・テイラーは日本のジャズファンには人気がありませんが、意外なことに弘田三枝子ファンに注目されたピアニストのようです。パウエルを知らなくてもビリー・テイラーを何故か聴いている不思議です。

お疲れのときは、「Wrap Your Troubles in Dreams」に限ります。

因みにテイラーといえばエリントン・バンドにビリー・テイラーというベーシストがおりました。日本名は斉藤太郎さんです。(笑)

URL | duke ID:-

夢見も悪い

dukeさん、おはようございます。 コメント、ありがとうございます。
「Wrap Your Troubles in Dreams」確かに!  いい曲です。 シナトラでも聞いてみます。 最近は夢でもうなされます(泣)
斉藤太郎さん?  これはなにか深い意味があるのでしょうか(笑)
dukeさんのコメントはいつも深読みしてしまいます(笑)

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)