ピアノレスの流れでこれまた大名盤、というか個人的に大好きなレコード、めちゃくちゃジャズ臭の強いレコードだと思います。  ギトギトになりそうです(笑)

Sonny Rollins - A Night At The Village Vanguard (Blue Note BLP 1581)
DSCN0422_convert_20120817051847.jpg

Sonny Rollins (ts)
Sonny Rollins (ts) Wilbur Ware (b) Elvin Jones (d)
Don Bailey (b B-2) Pete LaRoca (d B-2)
"Village Vanguard", NYC, 1957

A
Old Devil Moon
Softly, As In A Morning Sunrise
Striver's Row
B
Sonnymoon For Two
A Night In Tunisia
I Can't Get Started


コンテンポラリーと打って変って じとーとしてますね(笑) この音は兎に角、熱い!
ブルーノートの音は本当はリアルではないのかもしれませんが、夜のジャズクラブの雰囲気はこうだ、こうあるべきだ、と僕は思い込んでしまっているのでしょう。 そんな熱気、匂いが充満した密度の濃い録音です。
 
一曲目からエルビンのスティクが這いずり回り、ウイルバー・ウエアの骨太のベースが絡みつくなかに、ロリンズが豪快に縦横無尽に唄いまくります。 
この『朝日~』は爽やかでないですね(笑) 最近の僕は早起きですから、夜明け前に起きて爽やかな朝日を拝むことは多くなりましたが、この朝日は絶対! 朝帰りの朝日でしょう!! したたか飲んで店を出ると夜明けだって事は若い頃は、しょっちゅうでした・・これも朝日に変わりはない訳でアルコールで腐りかけた脳みそにも昨日の終わりを教えてくれました。今はもう無理ですが・・
エルビンの怒涛のブラシを聴いていると、トミフラのオーバーシーズが思い浮かびます。  
B-2はピート・ラロカですが、当時19歳の初々しいドラミングですね、エルビンと比べるのは止しましょう。
言い出しかねて、まで一気に聴きました。

暑い夜はもっと熱いジャズで乗り切りましょう! 

DSCN0423_convert_20120817051948.jpg
スポンサーサイト

コメント

ロリンズ! 最高~! イエ~イ! ジャズ~! 失礼しました(笑)

URL | bassclef ID:IpV4Zmhs[ 編集 ]

ビレッジバンガード

bassclefさん、こんにちは。 熱いコメント、ありがとうございます(笑)
ビレッジバンガードには行ったことない(まーアメリカに行ったことないっすから・笑)僕ですが、その気分にさせてくれる凄いレコードです!!ね!

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)