Charles Mingus - Jazz Portraits
DSCN0334_convert_20120404210010.jpg

Wonderland UAJ 14005
DSCN0332_convert_20120404205845.jpg
John Handy (as) Booker Ervin (ts) Richard Wyands (p) Charles Mingus (b) Dannie Richmond (d)
"Nonagon Art Gallery", NYC, January 16, 1959
A
Nostalgia In Times Square
I Can't Get Started
B
No Private Income Blues
Alice's Wonderland


同じレコードとは思わないですよね。 内容は全く同じですが、タイトルが違う、ジャケが違う~ラベルが違う~音まで違う~♪ どちらも僕には捨てがたい逸品ですが・・
しかしミンガス(レコード会社)はレコード売る気があったのでしょうか? この再発盤の『生首ミンガス』、ただでさえ取っ付き難いのに益々購買意欲は萎えてしまうのは間違いないでしょうね(笑)僕のような変人は別ですがね(笑)この生首を見ただけで欲しい! となりました。
内容が良いだけにもったいないく思います。 

このレコードの目玉は『言い出しかねて』でしょう! ジョン・ハンディのアルトは非常に良く唄っています。

ミンガスグループの面々はルックスが悪いのも人気薄の原因の一つかもしれませんね。

左からハンディー、アーヴィン、シャフィ・ハデイ・・人相わる!(笑)
DSCN0335_convert_20120404210150.jpg


僕はミンガスが好きなので結構聴いてるつもりですが、僕てきにはミンガスは1959年がピークではと思っています。
56年の直立猿人から57年の道化師を経て59年にUAの本アルバムからコロンビアの『Ah Um』で音楽的には頂点に達した感があります。
60年キャンディド時代はドルフィーの参加でパフォーマンス的にはこれも素晴らしいのですが楽想的には変化はなく63年のインパルス時代まで流れて行くように思います。
とは言うものの、個々の作品は各々で魅力的で面白い作品ばかりなので好みでいえば好きな作品はまだまだあります。 

DSCN0330_convert_20120404205711.jpg

DSCN0329_convert_20120404205540.jpg
  

最近は年度末決算や新規のしょーもない仕事やらやたらに忙しく、その他にもいやな事ばかり!  まー頑張りましょう!!

スポンサーサイト

コメント

おお、いいですね、このミンガス!私もこの「言い出しかねて」大好きです。ハンディのアルト・・・ホントにいいですね。そしてミンガスのベースソロ!これこそ、ミンガス独自の歌いだあ!
こちらの手持ちは、Jazz Potraitsがキング国内盤でガマンです。
Wonderlandの方は54さんと同じUAJのモノラル盤ですが、ミンガスの音がぶっとくていいのですね。しかし・・・ステレオ盤も聴いてみたい(笑) 

URL | bassclef ID:IpV4Zmhs[ 編集 ]

もう直ぐですね!

bassclefさん、こんにちは。 いつもコメントありがとうございます。
再発のWonderlandもいい音だと思いますが、赤ラベルの方が若干ですが音の艶のようなものを感じます。 
そうですねーステレオも聴いてみたいですね・・切がない(笑)

もう直ぐ、Yoさん宅でお会いできるのが楽しみです!  待ち遠しいです、子供みたいですね(笑)

URL | M54 ID:-

こんにちは
私も勘違いして二枚(国内盤)買いました。「ジャケットを見て、持っていないから買う」こんな感じで未知のレコードを買っていました。UNITED ARTIST の国内盤は、オリジナルを聴いて音の違いを知ってしまうと買い替えたくなりますね。買い換えた WONDERLAND を聴くとドラムとベースの音が確かに違います。
SO LONG ERIC のライブを聴いた後、Nostalgia In Times Square の出だしを思い出そうと思っても SO LONG ERIC のイントロになりません?

URL | 瓢箪から小梅 ID:7VgScPWU[ 編集 ]

Re: タイトルなし

瓢箪から小梅さん、こんにちは。 コメント、ありがとうございます。

> SO LONG ERIC のライブを聴いた後、Nostalgia In Times Square の出だしを思い出そうと思っても SO LONG ERICのイントロになりません? 

とてもディープなコメントで・・このコメントで僕も聴きなおしてみました。 仰るとおりですね(笑)
僕の頼りない感覚ですが、よく似てますね。 っと言うか、メロデイーだけでなく、後半のミンガスとリッチモンドの掛け合いなど、構成も同じパターンですね。 他にも似たような曲はありますが・・

《勝手な僕の妄想を・・ 64年春、ドルフィー「親分、今度のヨーロッパツアーが終わったら、そのまま、ヨーロッパに残ろうと思っています。 ヨーロッパで、やっていこうと・・」
ミンガス「なんだって! エリック、そんな・・寂しくなるなぁ・・決意は固い様だしなぁ、そうか、ヨシ!頑張れよ、エリック! お前のために、1曲、贈ろう」
と、即興で作ったのですが・・リッチモンド「親分、これ、あのータイムズスクエアーに・・
ミンガス「うるせ~い! バカヤロー! これはSO LONG ERIC って曲だー!」・・失礼しました(笑)》

今、タウンホールからグレイトコンサートに乗せ変えて聴いてます。 やっぱり、ドルフィーは素晴らしい。

瓢箪から小梅さんのコメントでまた聴きなおしたり、それから膨らんでいく妄想がまた楽しくもあり、大変、ありがたいです。 また、コメント、よろしくお願いします。 

URL | MINGUS54 ID:-

こんにちは
グレイトコンサート、全部を一度に聴くにはボリュウームありますね。この時期のライブ盤、今では何種類も出ていて聴き比べができますけど時間と体力が必要です。以前は、MINGUS IN EUROPE VOL1(ENJA) FABLES OF FAUBUS 、今は LIVE IN PARIS,1964 VOL.2(ESOLDUN)GOODBYE PORK HAT(SO LONG ERIC)がお気に入りです。両方とも30分前後の曲ですから一曲でも十分な感じになります。

URL | 瓢箪から小梅 ID:7VgScPWU[ 編集 ]

Re: タイトルなし

瓢箪から小梅さん、こんばんは。 何時もコメント、ありがとうございます。

>体力が必要・・そうですね、結構、意気込んで聴かないといけません(笑) 一つ不満を言うと、AB両面にまたがった演奏はアナログ盤の弱点ですね。 CDだと、ここはすんなり行くのでしょうが・・
いけませんね、アナログが好きならこれは我慢ですね、素早く盤を反す! これですね(笑)
ミンガス・イン・ヨーロッパ の1・2は僕も好きな盤です。 ほとんど話題にはなりませんが、ドルフィーの記録としても、大いに価値があると思いますが・・
LIVE IN PARIS,1964 VOL.2(ESOLDUN)は未聴です。 パリのコンサートは何日かあったようですから、グレイトのソーロングとは別バージョンでしょうか?  ESOLDUNレーベル? これも知りません! 
よかったら教えてください。 もーミンガス聴きが増えそうです(笑)

URL | MINGUS54 ID:-

ESOLDUN

こんにちは
ESOLDUN は、フランスを訪れた演奏者のライブが放送用に録音されていて、80年代に音源をレコード(CD)化したものだと思います。ドルフィを擁するミンガスは二枚有り、他のライブ盤と内容は余り変わりありませんが録音は一番良いと思います。他にカークも二枚出しています。こちらの二枚目一曲目 SWEET FIRE がとても叙情的な演奏で、当時は結構嵌まって繰り返し聴きました。ヤフーオークションにもミンガス、カーク共、時々レコードが出品されますが、残念な(嬉しい)ことに人気は無いようで落札されずに残ることが多いみたいです。

URL | 瓢箪から小梅 ID:7VgScPWU[ 編集 ]

Re: ESOLDUN

瓢箪から小梅さん、こんばんは。 早速、返信コメント、ありがとうございます。

かなり前なのですが、僕がまだ、福岡に住んでいた頃に中古レコード屋さんで、カーク盤は見たことあるような?
価格も高めでだったので、スルーしたように思います。それかもしれませんね。 

> ESOLDUN  ミンガス、カーク共、時々レコードが出品されますが、残念な(嬉しい)ことに人気は無いようで落札されずに残ることが多いみたいです。

これはファンとして、嬉しいのか悲しいのか(笑) 気持ちは僕も充分に判ります。 
最近はヤフオクもほとんど、見ていませんし、鹿児島はとにかくレコード店がないのです・・
ヤフオクをこまめに確認してみます。 
それにしても、瓢箪から小梅さんは凄いですね! もっと、情報交換(僕が教えてもらうほうですが・)したいです。
これからも、よろしくお願いします。

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)