何かの記事で、アメリカ人の好きなポピュラーソングで『OVER THA RAINBOW』が一番だったように記憶しています。 日本人の僕も大好きな曲です、良い曲は万国共通なんでしょう。
NEW HORN IN TOWN
DSCN0307_convert_20120320203957.jpg

A
I CAN DREAM,CAN’T I?
I REMEMBER CLIFFORD
FERRIS WHEEL
RAUCOUS NOTES
B
BLUES IN A QUANDARY
OVER THE RAINBOW
RENITA’S BOUNCE

RICHARD WILLIAMS(tp)LEO WRIGHT(as,flu)RICHARD WYANDS(p)REGGIE WORKMAN(b)BOBBY THOMAS(ds)

このレコードの目玉は二つ、A面『I REMEMBER CLIFFORD』B面『OVER THA RAINBOW』となります。
リチャード・ウイリアムスはミンガスやアーヴィンの盤で聴いていますので、泥臭いイメージですが、なかなか、ストレートに唄いますね、どちらも泣けると思います。

A1はスタンダードですが、その他の4曲はウイリアムスのオリジナルです。が、どれも良い曲です。 ジャケイメージよりは上品な仕上がりだと思います。 レオ・ライトのアルトとフルートも良い味ですし、ワイアンズのピアノも品があっていいです。
なにより、ウイリアムスのトランペットは素直で哀愁漂う音色でよく唄います、僕てきには名盤と言っていいと思います。 
もっと話題に上る盤であって欲しのであります。

判る人が判ればいいのかもしれませんね!
DSCN0308_convert_20120320204120.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)