P1000394_convert_20110613212416.jpg

Lee Morgan (tp) Joe Henderson (ts) Barry Harris (p)
Bob Cranshaw (b) Billy Higgins (d)
December 21, 1963
A
The Sidewinder
Totem Pole
B
Gary's Notebook
Boy, What A Night
Hocus-Pocus

東京出張のささやかな楽しみは中古レコード店巡り、と言っても仕事ですから時間はチョータイトです。
日帰り出張が殆んどでしたがその日は珍しく泊まりになり初めて池袋に行きました。新宿やお茶の水には何度か行きましたが池袋は初めてでしたので中古店情報はありませんでした・・が、夕食の後、駅前をぶらついているとレコード店の看板が・・もう引き寄せられるように店内へ

P1000393_convert_20110613212524.jpg

そこでこれに出会いました。超有名盤ですが、僕は持ってなかったのです。
ブルーノートのオリジナル盤はやっぱり憧れですよね。多少の傷は我慢しないと僕らには手が出せません。 検盤しましたがかなり傷だらけでしたので『針飛びはしますか』の問いに店員さんは『試聴できますのでどうぞ』とのこと、全曲は無理ですが何曲かしまして、まー値段も安いし駄目でもいいやーと購入した内の一枚です。

ブルーノートの音です!これ凄い音です! ボブ・クランショウのベースが唸ります。 BN盤を聴くとベース好きになるのではないでしょうか。 とにかく音圧が凄くて多少のキズは気にならない(個人差があると思いますが・・)因みに針飛びはありませんでした。
あまりにも有名盤で曲調もポップな感じですから逆に敬遠したくなることもあると思います。音質のことばかり気にするつもりはありませんがこの音は凄いです。やっぱり良いものは良いと言うしかありません。


この夜はもう一枚、これにも出会ってしまうのです。

P1000457_convert_20110613212645.jpg


Ben Webster (ts) Oscar Peterson (p) Barney Kessel (g)
Ray Brown (b)J.C. Heard (d)
NYC, April 21, 1953

Harry Edison (tp) Benny Carter (as) Ben Webster (ts) Oscar Peterson (p)
Herb Ellis (g) Ray Brown (b) Alvin Stoller (d)
Los Angeles, CA, December 8, 1953
A
Tenderly
Jive At Six
Don't Get Around Much Anymore
That's All
B
Bounce Blues
Pennies From Heaven
Cottontail
Danny Boy (Londonderry Air)

BNと対極にあると思う(僕の勝手な思いですが)ノーグランのこれです。
サイドワインダーが剛ならこれは柔ですね。 突き刺さり弾む感動に対して脳みそがとろけてしまいそうな脱力感とでも言いましょうか・・
ダニーボーイ、テンダリー、ザッツ・オール、も~おやすみなさい ですね。
ダニーボーイは十八番でしょう。何度も演ってるのではと思いますが、60年代以降の演奏は若干くどくなるように感じます。 メンツも最高ですし、やはりこれが一番ではないかと思います。

P1000458_convert_20110613212750.jpg
残念ながらフラットディスクではありません。

ネットショップやオークションも便利ですし、それなりに利用していますが、中古店でのサクサクは辞められません。
根っからのアナログ体質でしょうね。 ダンボールの中からお宝を見つけたときの喜びはそりゃーもう・・解る人には解るでしょう(笑)

スポンサーサイト

コメント

54さん、こんばんわ。
いいですね・・・どこかの街でふっと出会うレコードたち(笑)
ベン・ウエブスターのこのジャケットが目の前に現れれば・・・それはもう・・・知らぬ間に購入してしまうでしょう。いいなあ・・・このジャケット。僕はこのジャケットのEP盤でガマンです(笑)

URL | bassclef ID:-

EP盤までは・・

bassclefさん、こんにちは。 こんな出会いは滅多にありませんが、こんなことがあるから、えさ箱漁りは辞められません。
ジャズのしかも50年代のEP盤は此方では見かけません。音がどんなものか興味がありますのであれば(値段しだい)とは思う半面EPにまで手を染めていいのかーみたいな(笑)自分でブレーキ掛けてます。bassさんのところはブッカー・リトルとモードで盛り上がってますね~、相変わらずレベルが高いですね。
僕も昨日はリトルの盤を何枚か聴きましたよ、タイム盤、UA盤、ドルフィーとの競演盤など・・若干、単調な感がありますかねー眠たくなってウトウトしてしまいました(笑)
やっぱりバランス良く聴かないといけませんね。 夢レコにもおじゃましますね(僕のついていけるネタのときに)宜しくです。

URL | M54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)