ウマさんのピアノトリオのコンポラ盤、vol.1.2.3とありますが、何れも素晴らしい! 柳の下の泥鰌・・いやいや
3匹目は大物のワニでした(笑) 僕はこのワニが可愛くって好きです。 スイングしているではありませんか!

DSCN0184_convert_20120115193453.jpg

Hampton Hawes (p) Red Mitchell (b) Chuck Thompson (d)
Los Angeles, CA, January 25, 1956

A
Somebody Loves Me
The Sermon
Embraceable You
I Remember You
A Night In Tunisia
B
Lover Come Back To Me
Polka Dots And Moonbeams
Billy Boy
Body And Soul
Coolin' The Blues

この選曲を見るとたまりませんね、僕はイントロが印象的なB1が一番のお気に入りですが、A1、A5、B2、B3、が好きです。 ミッチェルのベース、トンプソンのドラムも良いバランスですね! 
コンポラの音、ロイ・デュナンの音、爽やかです! 

DSCN0183_convert_20120115193621.jpg
 
 
スポンサーサイト

コメント

三連発その一

お早うございます。
自身がリーダーのピアノトリオ盤はこれ一枚ですよね。
このレコード、久しぶりに聴きました。
M54さんのプログを読むようになって本当にMINGUS,KIRK のレコードをよく聴いています。以前はよく聴いていたものでも最近は全くというレコードが多いです。
改めて聴くと良さを再認識して他のレコードもかけたくなります。

おまけ
一つ前のプログ「ウマさんを聴こう」ジャケットのイラストを見て、それを看板にしていたジャズ喫茶が幡豆郡の吉良町に有ることを思い出しました。
私は、トリオ三枚の中ではチャップリンが両手を前で交差してはにかんでいるような姿のホーズがジャケットのVol.2 が好きでYOU AND NIGTH AND MUSIC がお気に入りの曲でした。

URL | 瓢箪から小梅 ID:7VgScPWU[ 編集 ]

おわび

少し前のコメント、場所を間違えました。
次のプログでした。済みません

URL | 瓢箪から小梅 ID:7VgScPWU[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)