ライヴに行きたいのですが、此方ではなかなか行けない。 仕方がないから、芋焼酎のルイボスティ割でも呑みながら、粋なピアノトリオを楽しみましょう。

PRLP 7170 Red Garland At The Prelude
1500709282552.jpg
Red Garland (p) Jimmy Rowser (b) Charles "Specs" Wright (ds)
"Prelude Club", NYC, 1st set, October 2, 1959
A
Satin Doll
Perdido
There Will Never Be Another You
Bye Bye Blackbird
B
Let Me See
Prelude Blues
Just Squeeze Me
One O'Clock Jump

ジャズを聴き始めの頃から、馴染みのピアニストはガーランド、クラーク、ケリー、この辺りでしょうか。 
ガーランドは勿論、マイルスバンドでのプレイが最初の出会いです。

1500709275060.jpg

ガーランドは40年代はウエルター級のプロボクサーだったようですが、戦績はパッとしなかったようです、しかし、なんとシュガー・レイ・ロビンソンと試合をしたことがあるそうです。 エキシビションだったそうですが、凄い名誉なことだったでしょうね。
シュガー・レイ・ロビンソンはウエルターとミドルの世界チャンピオンに何度もなった人で、今でもオールタイムで最高のボクサーだと言われています。 ロビンソンはマイルスのアイドルだった訳ですから・・
そんな経歴を気に入ったマイルスがガーランドを自分のバンドに入れたのではないかと思います??

そんなガーランドですが、マイルスバンドを首になってからもプレステやリバーサイドにたくさんのアルバムを残していますね。
どれを聴いても金太郎飴などど、言うなかれ(笑) こんなに寛げるピアノ、ありますか?
こんなピアニストがそう居るわけはありませんが、こんなのを週末の夜に聴けたらやっぱり最高ですよね!



毎日暑いです、実家の草払いは朝5時から、8時過ぎるともう耐えられないです。 夜も寝苦しいし寝不足気味の今日この頃です。
スポンサーサイト

コメント

生が一番

MINGUS54 さん、こんにちは。

今日勝ちましたので、これで節目の北海道移転後1000勝です。大谷のホームランも出ましたので、これを機に残り53試合全力で戦ってほしいものです。

このプレリュードにエヴァンスのヴァンガード、ガーナー・バイ・ザ・シーというピアノトリオのライブ名盤は完全版が出ております。ドキュメント性もあり記録として貴重ですが、通して聴くと飽きます。レコード、それも片面せいぜい20分という尺こそ緊張を保てる時間なのでしょう。長いテープから選曲したプロデューサーに脱帽です。

ジャズも野球もビールも生が一番ですね。札幌名物、大通ビアガーデンが始まりました。何と13000席です。仲間とはぐれたら二度と会えません。そういえば近くに北海道庁旧本庁舎があります。愛称「赤れんが庁舎」。ガーランドのブロックコードが聴こえてきます。

URL | duke ID:-

Re: 生が一番

dukeさん、こんばんは。 コメントありがとうございます。

1000勝ですかぁ、おめでとうございます。  ホークスが福岡に来てから何勝したんだろう? 調べてみたくなりました。

アナログ世代でしょうか? 20分ぐらいしか集中できませんね(僕だけかもしれませんが・・)聞き流せば何時間でも良いのでしょうが、何だかんだ、詰めて聴くと結構そんなもんかと思います。
レコードって、演者だけでなくプロデュースも大事なんだと思います。 そんな意味でも、昔のレコードはやっぱり良いなぁと思いますね。
赤れんが からレッド・ガーランドのブロックコード・・・洒落ってのはこういう風に言わないといけませんねぇ~ありがとうございます、勉強になります(笑)

URL | M54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)