と問われると、どちらもと答えます(笑)
Moon Beams
DSCN0171_convert_20120108133357.jpg
EASY TO LOVE
DSCN0172_convert_20120108133427.jpg


中味の話しです。 しかし、比べて聴くと体感温度がかなり違いますね。 湿度も異なりますね。

エバンスは晩秋から冬の澄み切った早朝の空気のような凛とした表情をしていますね。
この肌触りは他には味わえなくて嵌まってしまうのですが、聴きすぎると、どうにも芯から冷え切ってしまって昔から『聴きたくない症候群』に定期的に襲われてきました。 何れまた聴きたくなるのですが・・その繰り返しです。
最近一番聴くのは意外とトニー・ベネットとの競演盤だったりするのは温度感が若干高いからかも知れません。

Bill Evans (p) Chuck Israels (b) Paul Motian (d)
NYC, 1962
A
Re: Person I Knew
Polka Dots And Moonbeams
I Fall In Love Too Easily
Stairway To The Stars
B
If You Could See Me Now
It Might As Well Be Spring
In Love In Vain
Very Early

ラファロも好きですがイスラエルの地味(ラファロに比べて)なベースも好きですし、トリオとしてもこのバランスの方が聴きやすく感じるのですが・・・選曲も素晴らしいです。

DSCN0173_convert_20120108133507.jpg


ハナは春、4月の午前中だいたい、9時頃でしょうか、窓を開けると少し冷たい空気が気持ちよい季節
そんな感じです。まさに華があります(笑)
Roland Hanna(p) Ben Tucker(b) Roy Burnes (ds)1959
A
THE BEST THINGS IN LIFE ARE FREE
NEXT TIME YOU SEE ME
FROM THIS DAY ON
LIKE SOMEONE IN LOVE
B
YESTERDAYS
FAROUK THELONIOUS
IT NEVER ENTERED MY MIND
EASY TO LOVE
NIGHT IN TUNISIA


DSCN0174_convert_20120108133527.jpg

僕がハナのピアノを意識したのはミンガスのレコード(ダイナスティ・59年)でしたのであのファンキーなプレーが記憶にに残っていました。
このレコードのハナは上品なピアノです、しかい良い塩梅でスイングしますので浮き浮きしてきます、春を感じます。 
そしてベン・タッカーのベースも堅実で強力です、これも魅力の一つです。

LIKE SOMEONE ~が大好きですが全編を通して素晴らしく粋な、素敵な、レコードです。

いろんなレコードが聴きたい其々の良さがあります。女性と一緒でしょうか?

 
 
スポンサーサイト

コメント

美女と美人

M54 さん、こんばんは。

こうして2枚並べますと、どうしても内容よりも女性の好みが出ますね。美女と美人のようなものでして、選ぶのは気分だけかもしれません。あそこのビルにしようか、それとも帰り際に「NEXT TIME YOU SEE ME」と微笑んだ店にしようか、と。財布の中を見て、地下鉄の「Stairway」に向かう私がいました。(笑)

URL | duke ID:-

ネオン街の誘惑に負けず!

dukeさんこんばんは。 コメントありがとうございます。
先ほどまで新年会で芋を嗜んでおりました。 ネオン街に後ろ髪曳かれつつも帰宅しました、本当は懐が寂しいものですから(笑)

今夜も美女ジャケを見ながら、妄想の世界で我慢? 

URL | M54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)