1494647048297.jpg

前回のウッズでディスコグラフィーを眺めていたら、モンクと演ってたんだと思い出したんですが、タウンホールのライヴ盤ってのも結構あるもんだなと・・ミンガスのハチャメチャやら さよならドルフィーやら、エヴァンスのさよならパパとか・・僕の好きなビリー・テイラーも♪

The Thelonious Monk Orchestra At Town Hall (Riverside RLP 12-300)
1494509536901.jpg
Donald Byrd (tp) Eddie Bert (tb) Bob Northern (F h) Jay McAllister (tuba) Phil Woods (as) Charlie Rouse (ts) Pepper Adams (bs) Thelonious Monk (p) Sam Jones (b) Art Taylor (ds)
"Town Hall", NYC, February 28, 1959
A
Thelonious
Friday The 13th
Monk's Mood
B
Little Rootie Tootie
Off Minor
Crepuscule With Nellie

1494509528704.jpg

まぁーなんといっても、モンクはモンク!! ワン&オンリー! 孤高の人ですわ!
音楽っていろんな聴き方があるんでしょうが、モンク VS その他9人 みたいな・・
ウッズのソロもあるし、ドナバーもアダムスも もちろん、ラウズも良いソロなんですがね、” Monk's Mood ” これに尽きるように思うんであります。
13日じゃァ無くても、金曜日に聴くってのも良いかもしれません、なんて勝手なこと言ってますが、モンクの音楽を表現するって難しいですね
この間とか雰囲気なんてものは理屈じゃあないのでしょうし 好きか嫌いか、聴きたいのかどうなのか? 
自己判断でどうぞ宜しくお願い致します(笑)

 
スポンサーサイト

コメント

5月の追い風

MINGUS54 さん、こんにちは。

両チームとも4月はダメでしたが、5月に入って調子が上がってきました。応援に力が入りますね。

このモンク盤は難曲をオーケストラで演奏するという大胆不敵な面白さがあります。それに凡そモンクとは反りが合わないようなメンバーが意表を突いております。

Eddie Bert で思い出したのですが、J.R.モンテローズと組んだ「Encore」に「Conversation」という曲が入っております。この曲は59年に発表されたリカード・ボサノヴァに似ております。バートは55年ですので、ブラジルの何とかいう作者がパクったのかも。お持ちでしたら聴いてみてください。

URL | duke ID:-

Re: 5月の追い風

dukeさん、こんにちは、いつもコメントありがとうございます。
お互いに調子は上向きですね、こちら、今日はダメみたい・・

そうなんでしょうね、そもそもモンクに合わせようなんて思うとダメなんでしょうね(笑)楽譜だけ見詰める・・
オーヴァートンのアレンジも優れているのでしょうかね?

> Eddie Bert で思い出したのですが、J.R.モンテローズと組んだ「Encore」に「Conversation」という曲が入っております。この曲は59年に発表されたリカード・ボサノヴァに似ております。バートは55年ですので・・

これは未聴です、探してみます。 国鉄さんとの共演盤ですか、興味があります。
なんかで読んだように思うのですが、ボサノバはそもそも、アメリカのジャズマンが考案したなんて説もあるようですね、50年代以降ですからねぇ、交流も頻繁だったろうと思います。 

URL | M54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)