最近のニュースはトランプが出てこないことがないですね。
その度に株価が上がったり下がったり、円が上がったり下がったり・・
これからどうなることやら・・心配だなぁ~・・

トランプ違いですが、スタンダードですね、「The Lady Is a Tramp」は名コンビ、リチャード・ロジャースとロレンツ・ハートが1937年に書いた古い曲なんですね、レディーの気まぐれは許してあげてもいいけれど・・男のそれは・・特に権力者の気まぐれは困りますよね。

Kenny Drew - Pal Joey(Riverside RLP 12-249)
1485253672441.jpg
Kenny Drew (p) Wilbur Ware (b) Philly Joe Jones (ds)
Reeves Sound Studios, NYC, October 15, 1957
A
Bewitched, Bothered And Bewildered
Do It The Hard Way
I Didn't Know What Time It Was
Happy Hunting Horn
B
I Could Write A Book
What Is A Man
My Funny Valentine
The Lady Is A Tramp

ケニー・ドリューはどうなんでしょう? 人気があるのか無いのか??  70年代に日本では人気がありましたが、その後はどうなのか知りません。
僕は70年代のペデルセンとのステイプルチェイス盤は何枚か持っていますが、50年代のほうをよく聞くようです、まぁー当たり前かもしれませんがね。
これもメンツがいいじゃないですか、フィリー・ジョーとウエルバー・ウエアですからねぇ、最高に乗れますよね!
おまけにロジャース&ハートの唄ものですからねぇ、気分も最高潮です、嫌なことを忘れてスイングできますね。

1485253662550.jpg

まーホントに名曲満載で、楽しめますね、いい時代のいい音楽・・そんな時代がまた来てほしいものです・・





先日、PSYさんがわが家へ  短い時間でしたが、久しぶりに二人でレコードを楽しみました。
そのせいかどうか、我が家のシステムのご機嫌なことと言ったらありません! とってもいい音を奏でてくれています。
PSYさんはやっぱり名医なんだなぁ~と感心しています(笑)  本当の話です!
スポンサーサイト

コメント

続、足るを知る

先日はお会いできて楽しい時間を過ごし、雄大な桜島を目の前にして私の体調までよくなりました。帰りの新幹線もぐっすり眠れたせいか、もう少しで乗り過ごすところでした。M54さんのますますの三昧生活、やはり足るを知ることは大事なことと実感しました。ところで、タルのyoutubeを色々探っていたら後年の演奏がありましたが、初期のシングルトーンとはずいぶん変化していたんですね。でも上手(笑)

URL | PSY ID:-

Re: 続、足るを知る

PSYさん、こんばんは。 コメント、ありがとうございます。

短い時間でしたが、楽しい時間でした、お仕事での来鹿にも拘らず、お寄りいただき感謝です! 本当に楽しい時間でした、ありがとうございました。
三昧生活・・・いやぁ~そんな良いもんじゃないですがぁ・・まーぼちぼちといきますわぁ(笑)

時代なんでしょうかねぇ? タルも50年代がええですわぁ、シンプルですもんね! ビニー・バークとコスタのバックもタルを知っていたんだと思いますね、キュンってくるんですねぇ・・ミンガスも、たぶんタルを知っていたと思います、いい時代だったんでしょうかねぇ・・

次はそちらに行きますのでその時はよろしくお願いします。

URL | M54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)