最近、レコードを余り買っていません。 買えないのですが・・まぁー北海道旅行やら、Xmas、正月と出費がかさみましたからね・
無い袖は振れません・・現状で満足しましょう、足るを知ることもいい加減に覚えないといけません。

タルを知るにコスタことはない!・・若干、訛ってます・・心配です(笑)

MGV 8021 Tal Farlow - Tal
1483960789929.jpg
Eddie Costa (p) Tal Farlow (g) Vinnie Burke (b)
NYC, 1956

A
Isn't It Romantic
There Is No Greater Love
How About You
Anything Goes
B
Yesterdays
You Don't Know What Love Is
Chuckles
Broadway

1483960777279.jpg

タルさんは看板やさんでした、二十歳過ぎまでは。 音楽は好きだったんですね、ジャズをよく聞いていました。
ある日、ベニー・グットマン・コンボを聴いて、驚きました! このギターはなんだぁ? 凄い! 俺の好きなアート・テイタムにも負けていないぞ! 凄すぎる!!
俺、ギター真剣にやってみようかな・・楽譜? そんなもん読めないけど関係ないなぁー俺の耳があるからそれで充分さ!
ニューヨークさ、行ってみるか・・
看板やをしながら夜はギグで腕を磨いたそうな。 チャンスが来た、レッド・ノーヴォ・トリオに迎えられたのです。 遅れてベースにミンガスが加わり最強のヴァイブ・トリオが誕生した。 人気も出てきた1950年初期の頃でした。
1954年にダウンビートの新人賞をそしてNYのクラブ「コンポーザー」の専属バンドのリーダーとしてヴィニー・バークのベースと若手のピアノ、エディー・コスタとのトリオ結成となります。
そうそう上手くはいきませんでした、クラブは経営難・・閉店してしまいます。
足るを知る男、タルは焦りません、まーこれも運命さぁな、田舎に帰ろう・・これからと言う時に・・1958年、モダンジャズ隆盛の頃でありました。
タルは1968年まで表舞台から去ることになります。

タルを聴くとコスタも気になる・・そんな駄洒落ですいませんが、こうやって聴いていくと良いですね~楽しいです(笑)

タルのギターは良いですね! 素晴らしいです、もっとみんなに聴いてほしい、タルを知ってほしい・・
ホント! ロマンティックでないですか?



年が明けてのんびりしてたらもう、十日ほど・・早いなぁーと感じています。
こんな調子だと先が思いやられますが・・(笑)
今年はまた変化の年になりそうな予感・・



スポンサーサイト

コメント

M54さん、「足るを知る(知足)」・・・いやあ、いい言葉ですね。僕もそうありたい・・・という気持ちで、何かをガマンする時は、いつもこのコトバです(笑) 老子などちゃんと読んだこともありませんが、この「知足」というコトバにはグッとくるものがあります。
そして「タルを知る」~わっはっは!こりゃいい。実際・・・タル・ファーロウってそんなには広く知られてない感じもありますし。
あ、僕もタルを聴こう!

URL | bassclef ID:a7hWP7mE[ 編集 ]

Re: タイトルなし

bassclefさん、こんばんは。 コメントありがとうございます。

しょーもない 駄洒落に反応頂き、感謝です!  知足 親父がいつも言っていました・・未だにダメですなぁ(笑)

タルは良いですね、皆で聴きましょう~タルを知りましょう~(笑)

URL | M54 ID:-

「知足」

タルを知るにコスタことはない!
「知足」へ移行する洒落に過剰反応。「窒息」しそうになりました。 わたしは、カキフライにタルタルソースをたっぷりかけるなど、「足るを知る」から随分遠ざかっていますね。

樽の香がほんのり移る新酒が美味しい季節です。 あらためてジャズに乾杯!

URL | ひきこ杜 ID:-

親父タルものギャグがつきものだ

MINGUS54 さん、こんにちは。

久しぶりにタルを何枚か聴きました。ブルーノートからヴァーヴ、コンコードまでトータルで聴くと凄いギタリストであることがわかります。

最近、親父ギャグの連発で、自虐だらけのあいつと呼ばれております。

URL | duke ID:-

Re: 「知足」

ひきこ杜さん、こんばんは。 コメントありがとうございます。

たかが駄洒落と言いながらされど駄洒落と思いたい・・? 
駄洒落もセンスですからねぇ~センスないなぁー・・と思いながらも、惰性で続ける懲りないおやじでございます。
これからも末永いお付き合いをよろしくお願いします・・
駄洒落ではひきこ杜さんに敵わないですが、頑張ります!

URL | M54 ID:-

Re: 親父タルものギャグがつきものだ

dukeさん、こんばんは、コメントありがとうございます。

僕の思い入れでしょうが、タルのギターは哀愁を感じられて好きなんですね、バレルやウエスよりマイナーなイメージで凄いテクなんですが、煌びやかでない・・いい意味で・・ ギターって白人が結構いいんですよね(これも個人的に)

何と言われようと親父ギャグに磨きをかけようと思っております! 師匠と呼ばせてください!・・(笑)

URL | M54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)