ブログの原点は何なのか? ネタが無くなってきた言い訳にそんなことを考えています。

”ミンガス54”なんて大そうなネーミングをしてしまったわりには、ミンガスを余り紹介してないよなぁと思い、最近はミンガスのレコードをちょくちょく聴いています。
そんな中で、ミンガスと言えば”直立猿人”なのでしょうか?あえて外してきましたが・・
そんな展開だったんですが、直立猿人には当然マクリーンが参加しています。
そこから、マクリーンに行っちゃうところが・・僕らしいと言えばそうなんですが、しょうがないですねぇ・・気まぐれなんです(笑)

Jackie McLean - A Fickle Sonance (Blue Note BLP 4089)
1482490914393.jpg
Tommy Turrentine (tp) Jackie McLean (as) Sonny Clark (p) Butch Warren (b) Billy Higgins (ds)
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, October 26, 1961

A
Five Will Get You Ten
Subdued
Sundu
B
A Fickle Sonance
Enitrnerrut
Lost

61年ですから、ハードバップの残り火なんでしょうか? この時代には結構、良いレコードがあるように思います。

トミー・タレンタインはスタン(スタンリー・タレンタイン)のお兄さんですが、目立たない存在ですね、でもプレイはクールで好いですよね、このスタイルが古臭くないのですょ。

そしてソニー・クラークですねぇ、この人はピアノも好いんですが、結構いい曲を書きます、このレコードも2曲提供しています、そして当然でしょうがマクリーンとの相性は素晴らしいのですよね。

ベースは若手のブッチ・ウォーレンですがこの人も凄いですよね当時は21歳くらいですかね、ブルーノートの名盤に数々参加しています、このベーシストが若手だなんてとても思えませんねぇ、素晴らしいです。

ドラムも僕の好きなビリー・ヒギンズです、かれもこの時は25歳かな? 若手ですね、でもこの切れ味、鋭いなぁー堪りませんね!

そんなメンツでマクリーン最後の?HBなプレイです、僕はこの頃までがやっぱり好きですね、マクリーン節、全開でございます。
哀愁のマクリーンと哀愁のクラーク・・・なんて素晴らしいんだろう・・なんて思いながら、楽しみました、やっぱ ええですねぇ! 
JAZZは!

1482490921482.jpg

マクリーンのこの帽子! ナット・キングも同じような帽子のレコードジャケがありましたね、どうでもいいですが・・




今日は椎茸がまた大量に収穫できました、今期はもう終わりかと思っていましたが、意外でした、それも良い按排で・・またまたお裾分け、ご近所にも喜ばれました。

1482490896189.jpg

今年ももうすぐ終わりますなぁー早かったぁ~
スポンサーサイト

コメント

優勝、出会い、良い年でした

MINGUS54 さん、 今年一年お付き合いいただきありがとうございました。お会いしたことで一段と距離が縮まりましたね。好みは多少の違いはありますが、同世代ですのでジャズ観は同じです。次はゆっくり時間をとって遊びに来てください。レコード屋やジャズバーにご案内しますし、ご希望であればもっとディープなところ(笑)にもお連れします。北海道の特産物をお土産に選ぶなら午前中は黒岩静枝さんが案内してくれます。また飲めるといいですね。

それでは、良いお年を!
そして楽しい Jazz Life を!

URL | duke ID:-

Re: 優勝、出会い、良い年でした

dukeさん、こんばんは、コメントありがとうございます。

師走の北海道でした、素晴らしい経験でしたが、何と言っても、dukeさんにお会いできたことが一番の喜びでした!そして、急な連絡にも関わらずお相手いただき、本当にありがとうございました。
次は(次があると思っています)もっと、ディープな札幌を楽しみにしていますヨ、勝手に(笑)
dukeさんも九州に来られるようなことがあれば、是非ともご連絡を! 

まだ少し早いように思いますが、よいお年を!  

URL | M54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)