ブルースの真実は名盤であると皆さん言うと思います。 その他は? 
僕はO・ネルソンを結構好きです。 これも代表作だと思っていますが・・全然紹介されてないですね。

Oliver Nelson/Lem Winchester - Nocturne
DSCN0154_convert_20120108133116.jpg

Oliver Nelson (as, ts) Lem Winchester (vib) Richard Wyands (p) George Duvivier (b) Roy Haynes (d)
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, August 23, 1960

A
Nocturne
Bob's Blues
Man With The Horn
Early Morning
B
In A Sentimental Mood
Azure Te
Time After Time

DSCN0170_convert_20120105213940.jpg

とにかくB面は素晴らしいです。
『In A Sentimental Mood』コルトレーンが有名すぎるかも知れませんが、この演奏も素晴らしいです。
アルトだと思いますが、イントロからネルソンのテーマメロとディヴィヴィエのアルコが絶妙です。 そしてレムのソロです、これ凄く、良いです! ネルソンとレムは結構良い相性ですね。
『Azure Te』これもゆったりとした良い曲です、ネルソンのテナーが泣きます、そして極めつけは『Time After Time 』バラード好きには堪らない演奏です。 
お勧めの一枚です!

まー、ジャズには凄いレコードが山ほどありますから、飽きることないです。
好きなレコードを今年も聴き倒します(笑)



スポンサーサイト

コメント

M54さん、明けましておめでとうございます。またおじゃまします。このオリヴァー・ネルソン~かろうじて持ってましたが、米fanatsy再発です。センターラベルは同じ緑色ですがもちろん溝なしです(笑)
「ブルースの真実」も他のミュージシャンばかり聴いていて(笑) ネルソンという人・・・まだしっかり把握できてません。このレコードB面、今、聴いてみました。54さんが仰るとおり、B面はメロディのきれいないい曲ばかりですね。ネルソンという人はとにかく「音色がキレイ」ですね。吹き方も実に丁寧でその分、ちょっとべったりした感じもします。moodsvilleへの録音ということで、よりソフトな感じを意識したのかもしれませんね。
ドルフィと共演盤(screamin' the blues)もまた聴いてみます。

URL | bassclef ID:-

あけましておめでとうございます。

bassclefさん、今年もよろしくお願いします。 いつもコメントありがとうございます。
 >吹き方も実に丁寧でその分、ちょっとべったりした感じもします・・
そうですね、丁寧な吹奏で音を伸ばすようなフレーズが少しべったりとした感もあるのかと思います。 この吹き方は他の録音でもいえますね、たぶん、screamin' the bluesでもこの感じが出てくると思いますが、これがドルフィーの激しく上下するフレーズと良い意味で対照的で良いのかも知れません。  screamin' ~も大好きなレコードです。 でもこれはドルフィーのレコードですね、ネルソンには悪いけど(笑)

URL | M54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)