DSCN0134_convert_20111210083250.jpg

7人のジャズメンを主人公とした短編ですが、なかなかに読み応えのある一冊です。
一人目のレスター・ヤング。 プレズと呼ばれたその人の一番悲惨な体験を死の迫るホテルの一室での回想的な形で書かれています。 これはジャズが好きな人には是非読んで欲しいと思う一冊です。

Lester Young - The President
DSCN0138_convert_20111210083327.jpg
DSCN0143_convert_20111210083351.jpg

Lester Young (ts) John Lewis (p) Joe Shulman (b) Bill Clark (d)
NYC, July, 1950
Lester Young (ts) John Lewis (p) Gene Ramey (b) Jo Jones (d)
NYC, January 16, 1951
Lester Young (ts) Oscar Peterson (p) Barney Kessel (g) Ray Brown (b) J.C. Heard (d)
NYC, August 4, 1952

A
Stardust
Confessin'
I Can't Give You Anything But Love
These Foolish Things
Lester Swings
B
Count Every Star
It All Depends On You
September In The Rain
Pete's Cafe
Slow Motion Blues

僕はこれをプレズのレコードを聴きながら読んでいます。 そんなに聴いていないレスターですが彼を彼の音楽をより深く理解したいと思うようになっています。 ヤングなどはあまり聴かなくても良いなどと思っていたのですが、そんなことはありませんねー、こうやってどんどんレコード地獄に落ちていくわけですが、ジャズの深みは底なしのようですね。 
僕はレコードと向き合うときは他の事はしないのですが、これはそのジャズメンの音を聴きながら読むことをお薦めしたい。活字が音と一緒に身体に染込んでこるような気がします。

暫らくは北方謙三や船戸与一は伏せて措かなければなりません。
スポンサーサイト

コメント

M54さん、ちょいヒサです。鹿児島はどうですか?ジャズ喫茶もあるといいですね。
このNorgran盤・・・いいなあ(笑)何年か前Yoさん宅(秋杜集まり)で聴いた Staudust が忘れられません。なんとも言えない「侘(わび)しさ」「寂しさ」が漂う絶品のStardustだと思います。僕もレスター・ヤングをそれほど聴き込んでいるとは言えませんが、この1曲には文句なく惹かれました。

URL | bassclef ID:IpV4Zmhs[ 編集 ]

プレズ

bassclefさん、チョイひさでした! いつもコメントありがとうございます。 ジャズ喫茶はあるのですが、中古レコード屋さんが少ないです。 いやー僕もレスター・ヤングなんて聴かなくてもいいかな~なんて思ってましたが、とんでもないですねー!いいですね~ジャズの深みって言うか・・今から、益々楽しみが絶えませんねー! bassさんの愛情たっぷりブログをそろそろ楽しみたいのですが・・よろしくお願いします! 

URL | M54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)