エドワード・ブレイン・ヘイズ、1935年ロンドン生まれ、最初はバイオリンを習ったが12歳でテナーを始めた。
最初に影響を受けたのはパーカーだったが、一番好きなのはコルトレーンだ。
そして、コールマン・ホーキンスとポール・ゴンザルベスは憧れのテナーマンだ。
タビーと呼んでくれ!

Tubby Hayes: Tubby the Tenor
1462949325968 (1)
Tubby Hayes(ts) Clark Terry(tp)  Horace Parlan(p)   George Duvivier(b)  Dave Bailey(ds) Eddie Costa(vib)
October 4th and 5th in 1961 in New York
A
You For Me
Pint Of Bitter
Airegin
B
Opus Ocean
Soon
Doxie

1961年にこの素晴らしいジャズメンは初めてアメリカを訪れる、本場のジャズメンは驚いたのではないだろうか?
エピックで1枚吹き込んだ(イントロデユーシング・タブス)後に、このレコーデイングとなったようだ。

クラーク・テリーは観ていた、”どんな奴がきたんだぁ? 先ずはワンホーンで演ってみなよ!”
You For Me が始まった・・なんてこったい!!  こいつは凄い! 本物のバッパーだぜ! 

そんな展開かどうかは、判りませんが、僕はこのレコードに針を落とした時の感想は正にそんな感じでした。

そして2曲目はクラーク・テリーのアーシーな曲がスタートします、まるで何度もギグをやってきたような一体感があります。
タビーはバイブも得意ですが、今夜はテナーに専念しろよと、エデイー・コスターが参加します。
それにしてもこれはまるで、”溝に片足突っ込んだ”イカシタ演奏です、最高!
ロリンズの曲も2曲、演っていますがこれも最高です。

このレコードはタビー・ヘイズの最高のテナーが聴けることもですが、メンツが素晴らしいし、内容も最高だす。
クラーク・テリーは勿論ですが、リズム隊、パーランのピアノ、最高のノリではありませんかねぇ。
いつも堅実、重厚なデユビビエのベース、地味にしかししっかりサポートのデイブ・ベイリー、ベイリーグッド(笑)

この時期のタビーのテナーはハロルド・ランドに似てると思います、非常に黒いフィーリングを感じます。 
こんなに凄いハードバッパーがイギリスにいたんだですねぇ、これだからジャズはやめられないですね!

タビー・ヘイズは1973年に38歳で亡くなっています、音源が多くないのが残念ですね。

1462949351411.jpg

イントロから最高じゃあーりませんかぁ?



このノリ、アーシーだすなぁ! 最高です!



今年の野菜、トマト、 ピーマン、キュウリ、ナス、ゴーヤ、ジャガイモは今のところ順調です(トマトが1本ダメになりましたが)
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは

 野菜の作付けが順調ですね。うらやましい。
 こちらはまだまだです。今日は3月のような寒い天気でした。

URL | mikitaka08 ID:-

Re: No title

mikitaka08さん、こんばんは、何時もコメントありがとうございます。

北海道はまだまだのようですね、お先に楽しんでおります・・すいません。
こちらは昨年のような長雨が心配ですが、其れさえなければと、期待してます。

野良仕事とレコードの日々をお互いに楽しみたいですね、これからも、情報よろしくお願いします。

URL | M54 ID:-

No title

こんばんは。Tubbs In NYですね、tubbsの中ではtubby's Grooveとともに最も好きな1枚です、メンバーがホントに良く特にクラーク・テリーとホレス・パーランが素晴らしい。
tubbsはよくもまぁこれだけ吹き続けられるなぁと最初に聴いた時は感心しました。いつ聴いても良いアルバムです。

URL | tempo ID:mQop/nM.[ 編集 ]

No title

タビー・ヘイズ・・・ガッツのある素晴らしいテナー吹きですよね。なんというか・・・勢いあるフレーズが途切れることなく発せられて、その音楽をグイグイと乗せて行くドライブ感が最高です!「ジャズ」ですよね(笑) 

URL | bassclef ID:IpV4Zmhs[ 編集 ]

タビーが旅に

MINGUS54 さん、こんにちは。

アメリカに旅に出たタビー・ヘイズのエピック盤ですね。これはいい。その昔、ディジー・リースのブルーノート盤で初めて聴きましたが、イギリスにも凄いのがいるなと思ったものです。今日は大谷が先発、勝って差を縮めたいものです。

URL | duke ID:-

Re: No title

tempoさん、こんにちは、お久しぶりです。 コメントありがとうございます。

タビー・ヘイズ、ほんと良いですね~!  僕は最近といいますか数年前までしりませんでした。
ですからレコードも数枚しか持っていませんので多くは聞いてないのですが、どれも凄いと思います。
Tubbs In NY は英フォンタナ盤のタイトルでしょう? 以前見かけましたが結構高くて・・ 
そうなんですね~タビーが良いなあと思っても、フォンタナ盤は結構高くていつも二の足を踏みます(笑)
ということは、タビーの人気があるということなんでしょうね、それは、聴けば解る!!
僕もこの盤は大好きです、それは、仰る通り、メンツが素晴らしいと思うんですよ!
クラーク・テリー、パーラン、素晴らしいですね!僕的には、デユヴュブエ?もベイリーもいいなぁ~! 
tubby's Groove、これも良さそうですねぇ、探してみます、ありがとうございます。

URL | M54 ID:-

Re: No title

bassclefさん、毎度ありがとうございます。

ドライブ感・・そうなんですね! 最高のグルーブ感ですね!
僕はタビーは1960年前後のレコードを数枚しか聴いていませんので、その感想ですが、凄いバッパーだと思います!
僕的にはアメリカの当時の一流ジャズメンともっとセッションして、録音を残して欲しかったなぁとの思いがあります。

「ジャズ」・・・いいなぁ~この響きはぁ(笑) いまだにどんどん出てきます、知らないジャズメンたちが、ジャズ! 最高ですね!

URL | M54 ID:-

Re: タビーが旅に

dukeさん、こんばんは、何時もコメントありがとうございます。

(旅に出たタビー)なんてタイトルにしようかなぁ、と思ったりもしましたが・・dukeさんに突っ込まれそうなのでやめました(笑)
ディジー・リース! 出ましたぁ!  このレコードが欲しいのですがねぇ~これはぁ・・オリジナルは無理かなと・・
やっぱり、ジャズは楽しいけど・・多すぎて凄すぎて・・死ぬまで楽しめるのは間違いありませんね!

どうした! 大谷くん!!  彼の責任というよりわぁ・・・どうなの球団責任者たち?・・・

URL | M54 ID:-

No title

M54さん、お久しぶりです。

このトピックに早くコメントしたかったのですが、やっと今頃。
この盤は、本当に楽しいですね。
初めて Tubby Hayes を聴いた時の印象は、爽快!この一言につきます。なんだかもう嫌な気分が吹っ飛んでしまうような、気持ちの良い音色がやみつきになりました。いらないものをそぎ落としたようなというか。

私も近年(5年位前)に彼の事を知ってそれ以来、ジャズ仲間さんのお陰もあって、Jimmy Deuchar や Ronnie Scott との双頭盤を加えると30枚近い音源が集まりました。まだじっくりと聴きこんでいませんが、彼のVibやFlなどの演奏もこれまたTs 同様に素晴らしく感激しました。早く亡くなってしまわれたのが残念でなりません。

URL | まん丸クミ ID:e.jAS9Og[ 編集 ]

Re: No title

まん丸クミさん、こんにちは。 コメントありがとうございます。
こちらこそ、ご無沙汰しております。


> 初めて Tubby Hayes を聴いた時の印象は、爽快!この一言につきます。なんだかもう嫌な気分が吹っ飛んでしまうような、気持ちの良い音色がやみつきになりました。いらないものをそぎ落としたようなというか。

まさしく、仰る通りですね、タビーのテナーは爽快そのもの! 気持ちよく身を委ねられますね!

今のところ僕は彼のテナーしか興味がなくて、コンボものを中心に集めようと思っていますが、クミさんも凄いですねぇ、30枚も集めてるんですね、是非とも記事にしてください。
これからもよろしくお願いします。

URL | M54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)