今日はもう春でしたねぇ、ここのところ寒くなったり暖かくなったりでしたが、確実に春が近づいてきました。

ジャズテットは何故人気がなかったのか?
今でもないか・・
Meet The Jazztet (Argo LP 664)
KIMG0499.jpg
Art Farmer (tp) Curtis Fuller (tb) Benny Golson (ts) McCoy Tyner (p) Addison Farmer (b) Lex Humphries (ds)
Nola Penthouse Sound Studio, NYC, February 6, 9 & 10, 1960
A
Serenata
It Ain't Necessarily So
Avalon
I Remember Clifford
Blues March
B
It's All Right With Me
Park Avenue Petite
Mox Nix
Easy Living
Killer Joe

検証
①ジャケットがイケてなかった。
コミックバンドのようなこのジャケットでリスナーの購買意欲がなくなった(イケメンが居ない)

②レーベルが悪かった。
アーゴレーベル・・・どう見ても3流レーベルだ、ブルーノートとは言わないが、リバーサイドぐらいであると良かった。

③時期が悪かった。
ゴルソン自身がまいた種でもあるが、世はファンキーブーム真っ只中! アレンジやアンサンブルは早かったのか遅かったのか??

私的反証
①このジャケットを見てニンマリしたり、微笑んだりしない人が居るだろうか? これだけ暖かい雰囲気の写真はそうはない!と、思っている
1曲終わるとコントでもしそうである・・・お呼びでないかぁ?
聴いてみたいと思わせるジャケットである。

②アーゴを侮ってはいけない! ジャマルの名盤が沢山! カークのイントロデューシングを聴け! ケニー・バレルのライブ盤を聴け! ・・etc・etc
あまり出てこなかったけど、意外と良い盤があるのだ・・ 

③いつの時代もブームはあるが、良いものは良いと分かる人は分かるのだ・・
3管(トランペット、トロンボーン、サックス)を固定してアンサンブルを重視しながら各々のソロを際立たせるスタイルを確立したではないか!

クリフォードの思い出を聴いてください、アート・ファーマーも良いですよ、ブルースマーチを聴いてください、ブレイキーじゃなくてもいいのです。
極めつけはキラージョーでしょ? これ聴いてください、とにかくカッコイイから!

マッコイはスリムでシャープですよね、音にも表れているように思います、若いですね。

KIMG0500.jpg


キラージョー、ゴルソンのナレーションもイケてます!



春の陽気に少々はしゃぎすぎましたか・・・すいません。

スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは

 なんとなく春の宵という感じの楽曲ですね。
 何人かの名前は知っていますが、三官四音とはうまい語呂ですね。
 さすがジャズ愛好家はセンスが良い!!
 このレーベルも初めて見ました。シカゴと書いていますが、50年代60年代はアメリカ全土にレコード会社があったのですね。ジャズ専門、ポップス専門、ロック専門、カントリー専門と。
 

URL | mikitaka08 ID:-

Re: No title

mikitaka08さん、おはようございます。 いつもコメントありがとうです。

精一杯のおやじギャグをお褒めいただき恐縮です。
アーゴレーベルはチェスレコードのジャズ専門レーベルということのようです。 大名盤 はないと思いますが、渋いものがちょくちょくあります、値段も手ごろかと思います。 レコード集めも楽しいっすね(笑) 

URL | M54 ID:-

No title

M54さん、こんばんわ。
≪クリフォードの思い出を聴いてください、アート・ファーマーも良いですよ、ブルースマーチを聴いてください、ブレイキーじゃなくてもいいのです≫
いやあ・・・ホント、そうですよ(笑) この「クリフォードの思い出」~アート・ファーマーのしっとり感が素晴らしい!
このバンドで演奏される「ブルースマーチ」も、なにかしら心地よい端正な感じがあって、ブレイキー版ほど暑苦しくない(笑)
さらにB面1曲目のIt’s all right with me~これもカーティス・フラーのベストプレイだぞ!くらいに思います。
てなわけで、僕もこのレコード、だいぶ好きです!

URL | bassclef ID:IpV4Zmhs[ 編集 ]

No title

M54さん、おはようございます。
いや、今回は笑ってしまいましたよ。これは、もう絶対に条件①でしょう。ぼくも、このレコード持ってないのですが。その理由はこのジャケットがなんかカッチッョ悪いからなんですよ。(笑)
アーゴでは一枚、子供のイラストのやつを持っているんですが、それはジャケットとして悪くないですね。

でも、ベニー・ゴルソンはどうしてか日本では人気なにような気がしますよ。あの人の好さそうなほのぼのキャラがシリアスなものを好むわが国民性とあってないのでしょうか?

URL | senriyan ID:-

マンボズボンに憧れた

MINGUS54 さん、こんにちは。

このジャズテットのジャケットがイケてないと言ったのは誰でしょう。お揃いのジャケットが格好いいじゃありませんか。それにマンボズボンが皆さんよく似合っています。

マッコイの初々しいこと。同郷のフィラデルフィアから、「アパートを用意しておくからマッ、コイよ」と呼び寄せるゴルソンの親分肌も演奏に出ておりますね。マッコイはジャズテットで修業をして成長するわけです。それでアーゴ振り三年、いや顎振り三年と言うそうです。

URL | duke ID:-

Re: No title

bassclefさん、毎度ありがとうです!

bassさんぐらいになると、大概のレコードは聴いているでしょうから、その中でこれを”だいぶ好き”と仰って下さる・・嬉しいですよ。 聴いたレコードを全部好きか? 持ってるレコード全部好きか? そんなことないですもんねぇ
僕も基本、好きなレコード、良いと思うレコード、誰かに(みんなに)聴いてほしいレコードしか紹介していませんので、同調してくれるととても嬉しいのです、いつでも待ってますので、応援よろしくです(笑)

URL | M54 ID:-

Re: No title

senriyanさん、毎度ありがとうです。

僕的にはそのぅ~このジャケが好きなんですよ、本当に! senriyanさん、これよ~く見てください! 双子のファーマーが入れ替わっているんですよ・・そんな訳ないか(笑)
ゴルソン人気はほんとないですねー残念です。 僕的にはゴルソンのテナーこそ、シーツ・オブ・サウンドなんですがねぇ~・・

URL | M54 ID:-

Re: マンボズボンに憧れた

dukeさん、こんばんは、コメント感謝です。

マンボズボン・・昭和ですね~僕も憧れました、マンボズボン! でも似合わないのよね、脚が短いから(泣) 顔はともかくジャズテットの面々、スタイルは良いですからスーツも似合いますがぁ、アートとゴルソンの顔がいけません(笑)
大先輩のおやじギャグには参ったとしか言えません。もっと勉強します! 
アーゴレーベルは侮れません、アーゴで三年ですか? そしてメジャーへ・・素晴らしい!!

URL | M54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)