ながい坂  山本周五郎
円盤亀さんのコメントから、山本周五郎を読んでみようと思い実家の本棚からこれを見つけて読みました。
実に良かった、面白かったです。 読後の感動が今も残っています。 亀さん、ありがとう。
物語の最後に主人公がいつもの道が坂道だったと気が付く描写があるのですが、個人差はあるでしょうが僕も平坦な道のりではなかったと思います。
まだ、ふり返るには早すぎるかもしれませんが、そっと後ろをふり向く自分がいます。
いよいよ、最終章に近づいたとき、ターンテイブルに乗ったレコードはブレイキーでした。
ここから始めよう、僕のジャズの原点かもしれません。

Art Blakey And The Jazz Messengers - Moanin'
KIMG0285.jpg

Lee Morgan (tp) Benny Golson (ts) Bobby Timmons (p) Jymie Merritt (b) Art Blakey (ds)
A
Moanin'
Are You Real
Along Came Betty
B
The Drum Thunder Suite
Blues March
Come Rain Or Come Shine
KIMG0287 1

モーニンはティモンズの作ですし、自身もピアノトリオで演っていますが、彼はこのジャズメッセンジャーズのために創ったのだと思います。
このコール&レスポンスはジャズメッセンジャーズが演るべきだったし、まさしくこれで日本でのジャズが燃え上がったのだと思います。
1961年のことですので僕には、まだランドセルが重かったころです、知ることになるのは、随分と後のことです。
ブラスバンドのI君はジャズ好きで彼の自宅に最初に行ったときにこの真っ黒い顔がありました、忘れられない顔です。
中3でした。

モーニン以外もいいですねぇ~元気が出ます、カムレイン~まで、どれもメッセンジャーズの一番のノリが味わえます。
ブルーノートのオリジナル盤は高いですが、やっぱり、凄くいいですねぇ・・満足です。



この頃、時代小説ばかり読んでいます。 山本周五郎、藤沢周平、池波正太郎、葉室麟  そんな歳になったのかなぁ~
ジャズと時代小説、あまり繋がらないかもしれませんがねえ、好きならそれでいいじゃありませんかぁ!

幾つになっても悩みは尽きませんねぇ~ いけませんなぁ~!
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは

 これは私も持っています。
 中3でこれを聴かれた。早熟ですね。
 私は中3では圧倒的に植木等です。

 これを聴いたのは大学へ行ってからのことでした。実際に購入したのは社会人、それもこどもが大きくなってからですから、ずいぶんと晩熟です。
 1961年に日本でブレイクしたのですか。家庭にステレオは入ってない時代ですから、ジャズ喫茶やラジオで聴いたのでしょうね。
 

URL | ミキタカ08シクティーズ ID:-

Re: No title

mikitaka08さん、こんばんは、コメントありがとうございます。

言葉足りずの内容で申し訳ありません。 このレコードは1958年ですが、メッセンジャーズが初来日したのが1961年の1月でそれが、日本のモダンジャズブームの火付け役となった・・ってことを僕も随分と後で知ります、僕も社会人になってからだと思います。 
中3でこの真っ黒のブレイキーのジャケ写真を見て圧倒的なインパクトがあったのでしょう、音より先にこの顔が脳裏に焼き付いたのです。 ただ、モーニンのテーマだけは覚えていましたのでこれがモダンジャズの最高の曲だと思い込んだのでしょう。
早熟だったのは友人のI君のほうです。
ジャズにのめり込むのは1970ねん以降ですので、僕がいま好きで聴いているジャズは全て後追いなんです。 
メッセンジャーズが初来日したとき、僕はまだ幼稚園でしたから、しかし、今聴いても素晴らしく のれますね! 凄いですね! 

URL | MINGUS54 ID:-

No title

こんばんは、MINGASU54さん。
久方ぶりにターンテーブルにモダンジャズが・・・。真っ黒いジャケットに音楽は艶やかに黒光り! ジャズと時代小説、私は黒人歌謡と時代小説ですが好きだから仕方ないんです。
私もMINGASU54さんお勧めの麟様の4冊目に突入(ただ今銀漢の賦です)。54さんありがとう と申すのは私のほうでありまして・・・。ながい坂もですが山周の作品は、完読後すぐに読み直す程ズーンとひきこまれ(ひきこもりさん?)てしまいました。明日図書館に急行です。

URL | 円盤亀 ID:-

ながい踊り場

最近、停滞気味です。ちょっとしたブレーキー?
山本周五郎、藤沢周平、池波正太郎、葉室麟・・・学校の「課題図書」じゃないから面白い?時代小説の作者たちの発表した歳をかなり超えてから理解できる空気というものがありますねぇ~ (わたしは彼らの作品も作家の生き方にも興味があります。)

平成の今を、200年ぐらい先の小説家が描写したらどうなんでしょう。
映画「若大将」や「寅さん」、「植木等の気楽なサラリーマンシリーズ?」なども、近い将来、時代劇として観られるでしょう。本邦では、各時代、例えば「江戸時代」の元禄、「江戸時代」の慶応、など権力者のいる都の名前が冠になっているように、現代は「東京時代」の平成です。どんな時代劇や時代小説になるかしらん?そのころジャズはクラシック音楽ですか。

URL | ひきこ杜 ID:-

Re: No title

円盤亀さん、こんばんは。 コメントありがとうございます。

読みたい本と聴きたい盤がどうであれ本人にはそれが良いのならそれでいいですよね! 最近、オーティスのソウルが身に染みるのですが、オーティスを支えるスティーブ・クロッパーのシンプルなギターに疼く僕の心です(笑)

山本周五郎は「栄花物語」藤沢周平は「凶刃」を読んでいます・・同時に? そうなんですねぇ落ち着かない奴です(笑)

URL | MINGUS54 ID:-

Re: ながい踊り場

ひきこ杜さん、こんばんは、コメントありがとうございます。

ひきこ杜さんもですか? 僕は長い間、停滞しています。  最近深刻かなぁーなんて考えたりして、こちらに(鹿児島)に来てから、話し相手がいないのですよ・・ まーなんとか、つないでますがぁ~のれませんなぁー・・
時代小説で自分なりによめるものは・・生き様でしょうかねぇ? 設定の時代はかんけいないのでしょうかね。
間違いなく短くなる残りの人生ですが、悔いなく生きたいと思うからなんでしょうかねぇ・・なんてね!

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)