マスターが威張っている、とかでなくって、何時も怒っている(そう感じていた)そんなジャズ喫茶がありました。(今でも在ると思います)
そんな雰囲気は店に一歩入ると感じるものです。 それでも恐る恐るカウンターに座るとマスターがやっぱり
ジロリと一睨み、ジャズ喫茶は怖かった(笑)
俺も少しはジャズ、聴いてるんだぞ! と思いつつコーヒーを注文。
しばらくして、マスターが掛けたレコードは僕の知らないイラストジャケ、ゆるーいボントロが流れてきました。
知らない・・レコードでした。
カウンターの奥に座って本を読んでいた常連風の年配の男性が『ベニーグリーンか、直ぐわかるなーグリーンはーいいよなー』と一言。 頷くマスター・・・
まだまだ修行が足りないなーそう思いながら店を後にしました。

•Bennie Green (Time s/2021)
DSCN0147_convert_20111217181423.jpg

Bennie Green (tb) Jimmy Forrest (ts) Sonny Clark (p) George Tucker (b) Al Dreares (d) Joe Gorgas (bgo)
NYC, September 27, 1960
A
Sometimes I'm Happy
It's Time
Solitud
B
Sonny's Crib (Sonny's Crip)
Cool Struttin'
And That I'm So In Love
DSCN0151_convert_20111217181538.jpg

今ではこれは愛聴盤です。
ベニー・グリーンは哀愁漂う音色とアーシーな節回しでいいですね~ホッとすると言うかシミジミといい気分になります。
それにメンツがいいです~先ずはグリーンに負けない哀愁テナーのジミー・フォレスト、このテナーもいいですねー好みです、ホンと、彼は過小評価されすぎですね、それとソニクラのピアノですからね、選曲もソニクラの曲がクールストラッテインとイッツ・タイム 他もスタンダードで馴染みある曲ばかりです。ソニクラのファンには、堪りませんよね!
僕的にはベースのジョージ・タッカーです、これは大好物のベーシストです。このベースはなんと言うかとにかく黒い! G・タッカーってだけで欲しくなります。

•Bennie Green - Swings The Blues (Enrica LP 2002) DSCN0145_convert_20111217181254.jpg

Bennie Green (tb) Jimmy Forrest (ts) Sonny Clark (p) George Tucker (b) Paul Gussman (d)
NYC, January, 1959
A
Been Walkin'
Blue Mambo
Love At Last
Penthouse Blues
B
Hop, Skip And Jump
A Bun Dance
Benny's From Heaven
Change Up Blues



DSCN0148_convert_20111217181505.jpg

これも凄く良いレコードです。 見ての通りで、メンツもタイム盤とほぼ同じです。 良いに決まってますね!っ言うか僕はこんなものが大好物なんです!
グリーンのオリジナルが多くそれもあってタイム盤よりもブルージーで力強い感じです。
録音も音圧が高くリーダーのグリーンのボントロもフォレストのテナーも力強いです。 それとタッカーのベースがとにかく黒くて最高にアーシーなんです! タッカー最高! ソニクラのピアノは言うまでもなく、これまた最高です!
いやーこのメンツは最高ですね!  タイトル通り、スイングします!



 
スポンサーサイト

コメント

一家言あるマスター氏

M54 さん、こんばんは。

今では少なくなったジャズ喫茶ですが、やはりマスター氏は威張っていますね。ジャズに一家言あるからなのでしょう。かつてサラ回しをしていたころ、深く聴いているような風貌のお客さんがカウンターに座ると、再発されていないオリジナルをよくかけたものでした。一方、ジャレットのソロやコリアのかもめのリクエストがあると、「さきほどかけました」とやんわり断りジロリと睨んだものです。

タイムのグリーンは良い盤ですよね。シンプルなイラストが雰囲気を出しておりますし、赤と緑でベニー・グリーンと一目で分かります。漢字で紅緑と書くらしい。(笑)

「Swings The Blues」の背景はミート・ザ・ジャズテットに似ていると思いませんか。同じスタジオかもしれませんね。

URL | duke ID:-

同じですね!

dukeさん、こんばんは。 いつもコメントありがとうございます。
北海道のdukeさんに0度で寒いはだいですよね(笑)
dekeさんに言われてジャズテットのジャケを確認しました、確かに同じですねー。
ジャケ裏を確認すると、Nola pent house sound studios とありました。流石に凄いですねーdukeさんは! こんな、楽しみもありましたか! いやー聴くだけでないですね、レコードは!

URL | M54 ID:-

ジャケの味わい

M54 さん、同じスタジオでしたね。

レコードは収められている演奏が一番の楽しみですが、ジャケから背景を想像するものも格別な味わいがあります。

タル・ファーロウの「TAL」と「Swinging Guitar」、2枚並べてファーロウはこのシャツしか持っていないのだろうか、と。(笑)

URL | duke ID:-

着たきり雀

dukeさん、おはようございます。
タルはいいですね~貧乏くさくて(笑) 確かに並べて見ると同じシャツを着ていますね!
内容はどちらも哀愁を帯びていて好きです。
特に『ロマンティクじゃない?』は名演ですよねー!

URL | M54 ID:-

良いお年を

M54 さん、ジャズ三昧とレコード漬けの今年も僅かになりましたね。

両チームとも主力が抜け、来季の予想は付きませんが、今年同様熱い試合を期待したいものです。

今年1年のお付き合いありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。

良いお年をお迎えください。

URL | duke ID:-

良いお年を

dukeさんおはようございます。
拙ブログにいつもコメントをいただきありがとうございました。 凄く嬉しいことでしたし、励みにもなりました。 感謝です!  これからも精進し変態ジャズ道を極めるべく聴きまくります(笑)
ご指導のほどよろしくお願い致します。

さてホークスですが、優勝⇒最下位・・・の可能性も有ります。 和田・杉内・ホールトン 45勝がなくなります。 厳しいですが、応援します。
ダルにはメジャーで活躍を期待しています。

本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。

URL | M54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)