雨が凄いです、降り過ぎです。 我が家は被害はありませんが、こうも毎日激しく降り続くと怖いものがあります。
毎日雨・・雨降り男を聴きたくなりました。
James Taylor
1434355092920.jpg
A
Don't Talk Now
Something's Wrong
Knocking 'Round The Zoo
Sunshine Sunshine
Taking It In
Something In The Way She Moves
B
Carolina In My Mind
Brighten Your Night With My Day
Night Owl
Rainy Day Man
Circle 'Round the Sun
The Blues Is Just A Bad Dream
1434355081367.jpg

ジェームス・テイラーは「Sweet Baby James」が、デビュー作だと思っていましたが、1968年にアップルからこのレコードを出していたのですね。
当時アップルのプロデューサーだったピーター・アッシャーが気に入ったようですが、アッシャーはこの後もJTのプロデュースを続ける事になるのですね。
ポール・マッカットニーも気に入ったのでしょうね! BI Carolina In My Mind では、ベースで参加しています。 僕の感覚ですが、この曲は一番、ビートルズサウンドに近いと感じます。 ベース参加のみで・・ポール、恐るべし!!
他にも色々と話題が多いレコードだと思います。
A面ラストのタイトルはビートルズファン為らずともおや?っと思うでしょうね。
Something In The Way She Moves ジョージ・ハリスンの名曲、サムシングの出だしですよね。 ジョージがこのフレーズを気に入って拝借したようです、曲は全く別物ですが。
基本はアコギとベース、ドラムとシンプルですが、ブラス、ストリングスを随所に、加えています。 このアレンジはビートルズのロング&ワインディングロードを手掛けた、リチャード・ヒューソンです。 
A1と2の間に「Greensleeves」をJTのアコギソロがあったりと楽しめる内容です。
JTやアッシャーの物語も興味深いですが、人生いろいろですなぁ~!
僕は大好きなレコードで良い曲満載ですが、今日は Rainy Day Man がとても聴きたくなりました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)