The Cooker
008_convert_20111015052908.jpg

Lee Morgan (tp) Pepper Adams (bars) Bobby Timmons (p)
Paul Chambers (b) Philly Joe Jones (d)
September 29, 1957
A
A Night In Tunisia
Heavy Dipper
B
Just One Of Those Things
Lover Man
New-Ma
009_convert_20111015052939.jpg
※newksさん溝あり入手しました・・笑

リーモーガンといえば、ブルーノートだとvol・3、キャンディ、サイドワインダー と言うところでしょうか?
キャンディーとほぼ同じ時期に録音されたこれ(超がつく高価なキャンディーやvol.3はCDで我慢!)
僕はこのクッカーのほうが好きです! 負け惜しみかな~。 

ペッパー・アダムスの参加が効いてます。 アダムスという人はなんと黒いフィーリングの持ち主なんでしょうか! 僕は写真を見るまではどうしてもアダムスが白人とは思えませんでした。 
チュニジアの夜がこのレコードの目玉のような紹介が多いようですが僕は断然B面です。
コール・ポーターの曲はかなり速いテンポで飛ばします。 アダムスのゴリゴリとしたソロの後、モーガンが登場しますが弱冠19歳とは思えないソロは余裕さえ感じます。 そしてティモンズのファンキーなソロが続きます。
ラバーマンがまた良いです! モーガンのソロは勿論ですが後半のペッパーのソロが泣かせます。 
そして最後のモーガンのオリジナル、ニューマで止めです! モダンジャズの最高の曲調と演奏が聴けると感じます。 モーニンと並ぶブルージーな名曲だと思います。
アダムスはドナルド・バードとのコンビでモーガンとティモンズはメッセンジャーズでそれぞれ、ハードバップな演奏を聞かせてくれる事になるわけですから、このレコードはなかなか重要な一枚ではないかと思います。
最後にチェンバースとフィリージョーですが、この二人がいたからこその名演であることは間違いのないところだと思います。 

 
スポンサーサイト

コメント

そっくりさん

M54 さん、こんにちは。

スージーさんの九州ツアーがスタートしたようですが、古処で聴けなくて残念ですね。札幌ではツアー以外いつでも楽しめますので是非デイバイデイでどうぞ。

クッカーのジャケを見ていつも思うのですが、モーガンの指って太くて長いですよね。違うところが太くて長いのはモーガンそっくりのタイガー・ウッズだそうです。(笑)

URL | duke ID:-

スージーさん

dukeさんこんにちは、コメントありがとうございます。
スージーさんとは古処のライブ前に電話でお話をしました。
『今日は盛り上げるからねー』と仰ってましたが、本当に凄いライブだったようです。 皆さん感動で大満足だったとか、行けなくってホンと残念でした! スージーさんには鹿児島まで来てもらうようこれから活動します。

指の太さと長さですか・・短小の僕には羨ましいです(笑)

URL | M54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)