1430733402349.jpg

100年以上前の話です・・1908年白人のヘビー級チャンピオン、トミー・バーンズに挑戦したアメリカ黒人ジャック・ジョンソンはトミー・バーンズをいたぶりつくし、黒人で初めてヘビー級の世界チャンピオンとなったのです。
今でも有色人差別の問題の深い根は大きく残っていますが、20世紀初頭の西洋社会は現代の比ではなかったと想像します。 それまで黒人が世界チャンピオンになれなかったのは、白人のルール、カラーラインがあったためでした。
カラーラインという聞き慣れない言葉は白人のチャンピオンが黒人とのタイトルマッチを拒否出来るというまことに都合の良いルールでした。 それを打ち破ったのがこのジャック・ジョンソンです。 たぶん、彼はモハメド・アリとマイク・タイソンを足したようなボクサーだったのではないかと想像します。最強なんです。 もしも50年後に生を受けていれば間違いなくスーパースターでメイウエザーなんかよりも数倍も稼いだのではないかとおもいます。(当時でも凄い稼ぎはあったようですが)
スポーツや芸能の分野でその初期に黒人の地位とプライドを大きく引き上げた立役者の一人だったと思います。
強さはリングの中だけではなかったようでその私生活も派手で稼いだファイトマネーはスポーツカーや女性につぎ込んだようです。
その分、KKKに狙われたり、いわれもない罪に問われたりと傍目には厳しい環境だったようですが、当の本人は全く、意に介する事はなかったようですが・・
女性の好みは白人が好きで何人かの妻は白人だったようです。 こんな事もあり、彼は当時の白人社会では憎悪の対象だったようです。 

Miles Davis - A Tribute To Jack Johnson (Columbia S 30455)
1430733372194.jpg

Miles Davis (tp) Steve Grossman (ss) Herbie Hancock (key) John McLaughlin (g) Michael Henderson (e b) Billy Cobham (ds)
Columbia Studios, NYC, April 7, 1970
A
Right Off
B
Yesternow
1430733416681.jpg

マイルスが生きていたら、メイウエザーとパッキャオの試合を4千万のリングサイドで見ただろうか?
マイルスはボクシングが好きだった、自身もやっていたようですし、当時の黒人ボクサーのスーパースターであった、シュカー・レイ・ロビンソンとも交友があったようです。

ボクシング好きのマイルスが叛骨のマイルスが、ジャック・ジョンソンに捧げたパフォーマンスは完璧なロックでした!
マクラフリンにジミヘンのように弾け!と言ったそうですが、もしこのギターがジミヘンだったら・・今更、なにを思ったところで仕方のないことなのですが、それが実現していればと思うと・・やっぱり、聴きたかったなぁ~
1430733390609.jpg

ジャック・ジョンソンは1920年にハーレムにナイトクラブを建てるのですが数年で白人ギャングに売約しています、それが後の「コットンクラブ」に成る訳なんですねーエリントンが専属になるのが1927年! 
ジャックとジャズが完璧に繋がるのですね~(笑)


マイルスがラスベガスの試合を見たならば・・「シュガーレイなら、二人とも倒すのに3分もいらないさ、世紀の一戦? ジャック・ジョンソンが白人をぶちのめした、あの試合こそが世紀の一戦さ」なんて、シワガレ声が聞こえてそうです。
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは
メイウエザーとパッキャオの試合が物議をかもしていますね。
 当分おさまらないのではないでしょうか?

実は私もこのレコードについて自分のブログで書いたおぼえがあるのですが、探してもないのです。ボケがl始まったようです。
 ジミヘンのように弾け!とは凄い要求ですね。
 実際に聴いてみると、評価が分かれるなあ、と感じるアルバムですね。

 コメントありがとうございました。
 

URL | mikitaka08 ID:-

Re: No title

mikitaka08さん、こんばんは。  コメントありがとうございます。

僕もジミー・ヘンドリックスことジミヘンにつて語れるほど聴いてはいないのですが、当時のジャズメンたちも凄く注目していたように、いろんな記事を読みました。 60年代後半から70年代というのはポピュラー音楽史的にも大きな転換点だったのでしょうね! オーティス・レデイングなんかのR&Bの躍進もですが、ポピュラー音楽の頂点だったジャズからロックやソウルがその座を奪う時代だったと思います。
そんな時代にモダンジャズの中心にいたマイルスがロックに傾倒していく? 今となってはマイルスの必然を感じる僕ですが、当時は賛否あったと思います。 
しかし今、聴きなおしてもこんな凄い音楽はマイルスじゃなきゃ出来なかったなと思うのです。
すいません、僕の勝手な重いですがぁ・・

夏野菜ですが、順調に育っています、楽しみです! 関係ないですが(笑)報告まで・・

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)