ソニー・ステットと言う人は、アルトもテナーも超一流。 どちらかというとアルトの人なんだろうか?
1940年代に既にアルトで自分のスタイルを確立していたようですが、先輩のパーカーに似ているなんてことで「アナザーバード」なんて言われて、若いステットはさぞかし傷ついたのではないかと・・それから専らテナーを吹いたようです。 パーカーが亡くなるまでは。

MGV 8219 Sonny Stitt - New York Jazz
1428476448331.jpg

Sonny Stitt (as,ts) Jimmy Jones (p) Ray Brown (b) Jo Jones (ds)
NYC, September 14, 1956
A
Norman's Blues
I Know That You Know
If I Had You
Alone Together
12th Street Rag
B
Down Home Blues
Sonny's Tune
Stars Fell On Alabama
Body And Soul
Between The Devil And The Deep Blue Sea

僕なんかはボォ~ト聴いているとアルトなのかテナーなのか分からないこともあります(笑)
このレコードの良いところは控え目なリズム陣、名手揃いですが出しゃばらずに趣味のよいバッキングで二刀流のステットを支えています。 豪快なテナーをじっくり聴きたい! 流暢なアルトをもっと堪能したい! と思いながらも同時に聴ける気軽さも良いかもしれませんね。
バリバリのハードバップスタイルだと思いますが、ステットのスタイルはこの先も変わりませんね。
パウエルとの競演盤やゲッツとの競演盤、更にアモンズとの競演盤でも、兎に角、わが道を行く! いつでも思いのままにストレートに表現する、そんなステットは気持ちが良いですね! 
A面ラスト3曲、素晴らしいです! アルトからテナー、テナーからアルトとどちらも良いですね。
選曲を観て思うでしょう? これはB面も聴かなくっちゃと!!
1428476466436.jpg

「If I Had You」と言えば、ルー・ドナルドソンやリー・コニッツが思い浮かびますが、これも名演でしょう!

一昨日までTシャツ一枚でしたが、今日はダウンジャケを着込みました。寒い! 
スポンサーサイト

コメント

スティット。

どうも~。ソニー・スティット・・・僕にはどうにも微妙な、捉えようのない感じのミュージシャン・・・のようです。というのも、特に好きでもなく、しかし嫌いでもなく・・・レコードも何枚かは持っている・・・しかし、例えば、モブレイの「あのレコード」(例えばブルーノートの1568(鉄工所サングラスのやつ~もちろん国内盤:笑)を聴こう!みたいな、はっきりした愛聴盤があるわけでもない・・・でもたまに聴くと、やはり「巧いなあ」と感心してしまう~そんな感じです。僕はスティット・・・アルトよりテナーの方が好みです。
ちなみに、わりと聴くのは・・・ブレイキー名義のインパルス盤(青いジャケットのやつ)かなあ。 
バド・パウエルとの1949年共演のスティットには、素直に素晴らしい!と感じてます。

URL | bassclef ID:a7hWP7mE[ 編集 ]

Re: スティット。

bassclefさん、こんばんは。 コメントありがとうございます。
実を言いますと僕もスティットを好きか・・と言われますと・・?となりますがぁ(笑)
初めて聴いたのが、「ペン・オブ・クインシー」そのときはそんなに興味を持ちませんでした。
後に「チューン・アップ」を聴いて少しいいなぁと思いました。 そして「プレイズ・バード」でしたか(笑)
まーお決まりのコースかもしれませんが、このヴァーブ盤は良いですよ! ステットは凄く入れ込むジャズマンではないかもしれませんがジャズ好きは時々聴かなければ・・なんて思うサックス吹きではないでしょうか?

>バド・パウエルとの1949年共演のスティットには、素直に素晴らしい!と感じてます。
そうですね! これは凄く、熱くなりますね! 

URL | MINGUS54 ID:-

ミスター・サキソフォン

MINGUS54 さん、こんばんは。

今年初対決は五分五分でしたね。両試合とも僅差でナイスゲームでした。鹿児島に熊本、地方球場は味がありますね。

パーカーの音源を全て集めようする人はおりますが、スティットを全部という方はいないようです。スティットはレコードを作るのが趣味のような人でして、リーダー作は優に100枚は超えます。そのどれもが平均点以上ですので蒐集欲がわかないのかも知れません。金太郎飴は美味しいけれど飽きるということでしょうか。

最近よく聴くのは「New Yorkers」です。「The Best Things In Life Are Free」は絶品です。

URL | duke ID:-

Re: ミスター・サキソフォン

dukeさん、こんにちは。 コメントありがとうございます。

今回は連勝したかったのですが・・大谷くんが凄すぎ! これからも大いに苦しめられそうです。

スティットは僕もそんなに聴くほうではないのですが、dukeさんのお題からスティット&パウエルを久しぶりに聴いて凄いな~と感心したところから、流れでこれを聴きました。

> 最近よく聴くのは「New Yorkers」です。「The Best Things In Life Are Free」は絶品です。
このレコードは未聴です。 是非、聴いてみたいです。 ハンク・ジョーンズとの競演のようですね、
まだまだ未聴盤が限りなくあります。 死ぬまで飽きませんね(笑)

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)