先週末は20℃越えで、あーもう春だな~と感じたのに、今日は6℃・・小雪も舞ってました・・冬に逆戻りでした。
Spring Can Really Hang You Up The Most  春が来たのに  良い邦題ですねぇ。 
今の僕の心境 のような曲です・・心も寒い・・

RLP 422 Bobby Timmons - Sweet And Soulful Sounds
1425975930591.jpg

Bobby Timmons (p) Sam Jones (b) Roy McCurdy (ds)
Plaza Sound Studios, NYC, June 18,19, 1962
A
The Sweetest Sounds
Turn Left
God Bless The Child
You'd Be So Nice To Come Home To
B
Another Live One
Alone Together
Spring Can Really Hang You Up The Most
Why Was I Born

ボビー・ティモンズと言うと=モーニン=メッセンジャーズ=ファンキーなんて風に括られそうですが、このレコードのタイトルの如くソウルフルだがスウィートな面もあるということでしょうかね。
僕的にはファンキーと言うよりはアーシーな素朴な味わいのティモンズですが、A3とB3でのピアノソロはそんなイメージとは少し違うように感じます。 
God Bless The Child ではバド・バウエルのような味わいを感じます。 そしてSpring Can Really Hang You Up The Most  春が来たのには本当にスイートなソロでうっとりします。
その他の選曲もスタンダードが並んで興味が湧きますね、なかかなかの解釈と仕上がりだと思います。
ジャケは?ですが、内容は良いと思います。 You'd Be So Nice To Come Home To でのサム・ジョーンズ! 兎に角、力強いです。

1425975878193.jpg
もう直ぐ、春は確実にやって来るのです。


The Sweetest Sounds ファンキーなイメージはないですが、良い感じにスウィングしています。
4月になれば、良い事があるんじゃないかと思ってますが、どうでしょうかね?
スポンサーサイト

コメント

オープン戦初勝利

M54 さん、こんばんは。

本日やっとオープン戦で勝ちました。春が少し近づいたようです。

昨夜は「DAY BY DAY」で、小山彰太さんのドラムを久しぶりに聴きました。山下洋輔さんとやっていたころの攻撃性はなくなり丸くなった感じです。黒岩静枝さんとは同窓生ですので盛り上がっておりましたよ。

「Sweet And Soulful Sounds」は内容はまずまずですが、ジャケがいけませんね。アメリカで売れても日本では売れない典型的なジャケです。

URL | duke ID:-

No title

M54さん、前回は暖かく迎い入れて下さりありがとうございます。もちろん、せんりくんでお願いします。
ボビー・ティモンズは、ぼくはこの後のborn to be blue,タバコの煙もくもくのやつを持っています。
春が来たのに、ブルーに生まれついてと、なるほどこの頃のティモンズはファンキーとは新たな内傷的な表現に向かっていたのかもと。
彼がアート・ブレイキーの元から離れる時、充分に準備していたのにかかわらず、一抹の寂しさを感じたと何処かでちらっと聞いたことがあります。
卒業だけに、その季節は春だったじゃないかと妙に思えてしまいました。
この季節は穏やかな気候とともに、ふと何か落ち着かなさも感じます。そんな気持ちのなかで思うことはやはり、何か良いことあるんじゃないかって、そうぼくも、M54さんと同じです。

URL | せんりくん ID:-

Re: オープン戦初勝利

dukeさん、こんばんは。 いつもコメントありがとうございます。

> 本日やっとオープン戦で勝ちました。春が少し近づいたようです。
ライバル球団としては、大人しくしていて欲しいのですが(笑) 野球ファンとしては、大谷くんの事がチョット気懸かりです・・
球春近し、燃えますね!

> 昨夜は「DAY BY DAY」で、小山彰太さんのドラムを久しぶりに聴きました。山下洋輔さんとやっていたころの攻撃性はなくなり丸くなった感じです。黒岩静枝さんとは同窓生ですので盛り上がっておりましたよ。

どうなんでしょうかね~? この攻撃性って言うやつぅ? 最近、全く無くなりつつあります(寂笑)
昨日今日と久しぶりにトレーンを聴いて、熱い血潮が・・なんてね(笑)

この手のジャケは売れませんって言うか、日本人の先入観と言うのでしょうか、なんだか、もくもく紫の煙、見たいなヤツがいけそうに思いますモンね!

URL | MINGUS54 ID:-

Re: No title

せんりくん、こんばんは。 連続でのコメント、ありがとうございます。

僕はこのborn to be blueは持ってないのですが、ジャケは良いですね! 
ティモンズはたしか、お父さんが牧師さんだったというように記憶していますが、それで、コール&レスポンスの「This Here」「Moanin'」「Dat Dere」などの名曲が生まれたのかと納得してますが、これは僕の個人的な感覚ですが、ティモンズのピアノスタイルはファンキーではないと思っています。 じゃぁ、ファンキーってなに?
(笑)て事かもしれませんが、マンスやシダーウォルトンなんかそうかなーなんて思います(これも時代があると思いますけど・・)
そういいながら、サンジェルマンのティモンズのピアノはこれこそファンキーだとおもいますがぁ(爆)
すいません! テンションがあがってしまいました・・反省

今日、ティモンズのプロフィールを確認したのですが、38歳で亡くなってるのですねーなんだか、ブルーになりました。
この頃は気温もですが、日が長くなりました。 確実に春が来ていますね。
毎年思うのですが、4月になれば、何だか良い事がありそうに思うのです、なんの根拠もありませんけどね(笑)
好きなレコードを気ままにアップしますので、これからも是非、お越しくださいませ。。

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)