中学生だったと思いますが、当時(1960年代後半)ライヴ映像は滅多に観る事ができませんでした。
深夜だったと思います、何という番組だったのかは憶えていませんが、"カッコイイ"!と思った最初のドラマーがヴァニラ・ファッジのカーマイン・アピスでした。
少年はスティクをくるくる回しながらのドラミングに熱狂しました。
Vanilla Fudge You Keep Me Hangin On
1421623943914.jpg
A
Ticket To Ride
People Get Ready
She's Not There
Bang Bang
B
Illusions Of My Childhood - Part One
You Keep Me Hanging On
Illusions Of My Childhood - Part Two
Take Me For A Little While
Illusions Of My Childhood - Part Three
Eleanor Rigby

映像は若干の過剰演出なのかと思わないでもありませんが、バニラファッジのライヴはさぞかし人気があったのではと思います。 特にティム・ボガードのベースラインは今聴いてもとても魅力的です。
「You Keep Me Hanging On」が大ヒツトしたので印象深いですが、ビートルズのカバーの2曲とゾンビーズのカバー曲もなかなかの出来だと思います。
かなり凝ったアレンジでイントロは何の曲だか分からないし、オリジナルとは全く異質の魅力があるように感じます。
当時はアートロックなんて呼んでたようですが、正にアート感はありますね、特にB面はオリジナルの短い曲を挟んでトータル感が出ています。
いやー懐かしいですなー!
1421492942663.jpg
裏ジャケですが、真面目なティム・ボガード(左上)とカーマイン・アピス(右下)、初々しいですね。
マーク・スタインもまだ髭は生やしてないようですね。
1421492906750.jpg
アトランティック系のアトコ盤  音質的には今一でしょうかね?


やっぱり60年代や70年代は懐かしいですね、そしてロックも燃えていたように感じますがねぇ・・
スポンサーサイト

コメント

No title

MINGUS54さん、こんばんは。

ヴァニラ・ファッジの映像って初めて観ました。この曲はやはり10代の中後半に聴いたものですが、中学生が行ってはいけない場所で聴いた記憶があります。

この頃はウォーカース・ブラザースとかに嵌っていました。レコードなんかはめったに買えなかったけど、たまに行ってはいけない処に行って最新のロックを聴くのがとても刺激的だったことを思い出しました。

中学生時代はやはりブリテッシュ・ロックが流行っていましたね。その後はシカゴとかBS&Tなんかに移っていったような。楽しい時代でしたね。

URL | まん丸クミ ID:e.jAS9Og[ 編集 ]

Re: No title

まん丸クミさん、こんばんは。 コメント、ありがとうございます。

>中学生が行ってはいけない場所で聴いた記憶があります。
>たまに行ってはいけない処に行って最新のロックを聴くのがとても刺激的だったことを思い出しました。
・・中学生が行ってはいけない処・・ですかぁ? 真面目だった僕はそんな処にはいったことがなかったなぁ~高校生になって、そんな処に行くようになったように思います(笑)

中学時代の僕はステッペンウルフやCCR、グラスルーツ、バーズ、ドアーズなど、アメリカンロックも好きでした、勿論、ビートルズ、ストーンズ、アニマルズ、クリームなんかも好きでしたけど。

シカゴ、BS&T サンタナ とか、そんな流れから、ジャズにも興味を持つようになるのですが、同世代のクミさんとは流れが近いように感じます。 
最近はなんだか、この辺りが無性に聴きたくなるのですねーそんな欲求に素直にありたいと思う今日この頃です。

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)