タイトルは”未年をめぐる冒険”でもよかったんですが・・

今年は初聴きがたいへん遅くなりました。  昨年、干支が一巡りしまして、今年から二巡りに入り、記念すべき年のスタートだと思い考えて考えて・・そして、な~んにも浮かんできませんでした。

改めまして、あけましておめでとうございます。  今年もゆるりとお付き合いください。
年の初めに、地味だけれどもジャズのエッセンスが詰まった、こいつにしました。

PJ-1227 Jim Hall - Jazz Guitar
IMG_1061_convert_20150105173042.jpg

Carl Perkins (p) Jim Hall (g) Red Mitchell (b)
Los Angeles, CA, January 10 & 24, 1957

Stompin' At The Savoy
Things Ain't What They Used To Be
This Is Always
Thanks For The Memory
Tangerine

Stella By Starlight
9:20 Special
Deep In A Dream
Look For The Silver Lining
Seven Come Eleven
IMG_1065_convert_20150105173141.jpg

ビル・エバンスが秋なら、ジム・ホールという人は冬の人だ。 
その音色は薪ストーブの炎のように優しく暖めてくれます。

ドラムレスのトリオ演奏は其々の音色が絶妙に絡み合い、またその音と音の隙間からも懐かしい匂いが漂うようです、それは決して傷のノイズのせい、だけではありません。
この時27歳、とても見えませんし、音色も既に熟成されているように感じます。

メンツがこれまた素晴らしい、哀愁ピアノのカール・パーキンス、名手レッド・ミッチェル、この二人はキッチリと個性は表現しつつも、出しゃばる事が全くない。 ジム・ホールのギターも主張しすぎない・・そこが凄いところかもしれない。

IMG_1064_convert_20150105173116.jpg

これ 「9:20 Special」となってますが、「 Deep In A Dream 」です。

大きな目標は持たなくしよう、小さなことを継続しよう。
それと笑顔を心がけよう!
皆様、今年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント

No title

あけましておめでとうございます。

>大きな目標は持たなくしよう、小さなことを継続しよう。
いいですね。

  私も見習いたいと思います。
 今年もよろしくお願いします。

URL | mikitaka08 ID:-

Re: No title

mikitaka08さん、あけましておめでとうございます。 新春早々のコメント、感謝です。

毎年、出来ないものですから、今年は小さくと・・・でも、継続が一番、難しいですね! 

こちらこそです、今年もよろしくお願いします。

URL | MINGUS54 ID:-

ジャズ・ギターとはこれだ

M54 さん、今年もこちらのサイトにお邪魔しますのでよろしくお願いします。

久しぶりに私もこのジム・ホールを取り出しましたが、タイトル通りジャズ・ギターとはこれだ!というレコードですね。写真からはこの時27歳とは思えませんが、既に枯淡の境地さえ感じます。今年もお互いブログにハゲみましょう。

URL | duke ID:-

Re: ジャズ・ギターとはこれだ

dukeさん、こんばんは。 コメントありがとうございます。 今年もお待ちしております、よろしくお願いいたします。
ジム・ホールは、多くのサイド作品で、その味わい深い音色を聴かせてくれていますが、リーダー作が極端に少ないですね。 60年代後半まで待たなければならないなんて・・そこが、ジム・ホールらしさなのかも知れませんがね。  真面目で奥床しい人間性が伝わります。

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)