今年も日本人がノーベル賞を受賞しました。僕には何の関係もありませんが、 日本人としては誇らしいことです。 
ストックホルムで行われますね・・もーストックホルムと言えばねぇ(笑)今夜はこれしかないのです!

Stan Getz - The Sound (Roost RLP 2207)
DSCN1091_convert_20141210201821.jpg

Stan Getz (ts) Horace Silver (p) Joe Calloway (b) Walter Bolden (ds)
NYC, December 10, 1950 A1,2
Al Haig (p) Tommy Potter (b) Roy Haynes (ds)
NYC, May 17, 1950 A3~6
A
Strike Up The Band
Tootsie Roll
Sweety Pie
Yesterdays
Hershey Bar
Gone With The Wind

Stan Getz (ts) Lars Gullin (bs) Bengt Hallberg (p) Gunnar Johnson (b) Tagve Akerberg (b) Jack Noren (ds) Kenneth Fagerlund (ds)
Stockholm, Sweden, March 23,24, 1951
B
Standinavian
Prelude To A Kiss
I Only Have Eyes For You
Dear Old Stockholm
Night And Day
I'm Getting Sentimental

DSCN1093_convert_20141210201856.jpg

「Dear Old Stockholmto」は、1960年以降にジャズを聴きだした人はマイルスで初めて聴いたという方がほとんどではないかと思います。 僕もその一人ですが、やっぱり、この曲はゲッツですね、その愁いといいましょうか、最高ですね!

A面がアメリカ録音でB面がスウェーデン録音となってます。 
A面もメンツは良いし、演奏も素晴らしいです。 が、
このB面のスウェーデン・オールスターズとの録音は凄いですね。
クリフォード・ブラウンとも競演していますが、特にピアノのベンクト・ハルベルグは凄いですね、この時はまだ19歳のはずですが、何処にでも天才は居るものですね。
デア・オールド~以外も素晴らしい曲ばかりですが・・特にこの「Dear Old Stockholmto」はも~せつないな~! 


ゲッツを全く語らなくても、モダンジャズの話は出来るかも知れませんが、このテナーの音色を聴かずして、ジャズを語るのはあまりに味気ないように思うのですが、歳を取ったせいでしょうか・・
スポンサーサイト

コメント

課題曲

M54 さん、こんばんは。

ズートにミンガス、デイブ・ベイリー、ゲッツと精力的にアップされておりますね。何の脈絡がないところは、拙ブログ同様好感が持てます。(笑)

「Dear Old Stockholmto」は私も初めて聴いたのはマイルスでした。次に聴いたのがフィル・ウッズとジーン・クイルでした。このスピードある演奏が気に入っておりましたので、本家のゲッツを聴いたときは拍子抜けしたものですが、聴き込むほどに味わいが増しました。短い演奏に詰まっているものは大きいですね。

因みにこの曲は、私がデイ・バイ・デイ・オールスターズの課題曲にした今年の1曲です。

URL | duke ID:-

Re: 課題曲

dukeさん、こんばんは。 いつもコメント、ありがとうございます。

> 何の脈絡がないところは、拙ブログ同様好感が持てます。(笑)

ありがたいお言葉、恐縮です。
dukeさんのレベルと違って、まー大した意味のないブログですからね~と、言いながら、結構、悩みながらのアップなんですょ! 分かってもらえると思いますが・・
ジャズ好き、音楽好きですが、たいした知識も主張もないものですから(笑)
まーお気に入りのレコードが紹介したいだけですから、こうなってしまいますぅ・・

> 因みにこの曲は、私がデイ・バイ・デイ・オールスターズの課題曲にした今年の1曲です。

そうですか! これは是非、聴きにいきたいところですが・・今年は無理そうですので、
僕の好きな曲なので来年も引き続き課題曲にお願いしたいと、僕からのお願いとして、けいちゃんに言っといてください(笑)

URL | MINGUS54 ID:-

No title

こんにちは

 数少ないジャズアルバムの中でスタンゲッツのは何枚かあります。
 かといって他のジャンルに比べて圧倒的に聴くチャンスが少ないのですが、このようにMINGUS54 さんに紹介されると、実にいいなあと感じます。

URL | mikitaka08 ID:-

No title

このゲッツ・・・というよりも、ルースト期のゲッツって凄くいいですよね。僕も大好きです。ただ・・・ルーストというレーベル・・・どうも録音、盤質などよろしくないようで、それがために「ゲッツ好き」に至らないこともある・・・ように推測してます。
この頃のゲッツは、アドリブの中で「パッ」と思いついたようなフレーズがどんどん展開されていく・・・そういう凄さがあるように感じます。
<ピアノのベンクト・ハルベルグは凄いですね>
~いやあ・・・54さん、同感です。僕はこのレコード、最初、日本コロムビア盤で聴いて(B面にハルベルク入りの6曲) 粘らないリズム感とクールなタッチの、しかしよく歌っている(と感じた)ピアノが気に入りました。このセッションにはあと2曲が在ったことを知り、そうしてその2曲が聴きたくて聴きたくて・・・その内に、8曲収録の official という会社の怪しげな輸入CDを見つけて何度も聴いたりしました。その後に、roost の10インチ盤を入手しましたが、音質はやはりあまり良くなかったです。

URL | bassclef ID:IpV4Zmhs[ 編集 ]

Re: No title

mikitaka08さん、こんばんは。 コメント、ありがとうございます。

ゲッツは僕も食わず嫌いで長らく聴き込む事はなかったジャズメンの一人ですが、50を過ぎてから聞き直すと、これが、良いんですね~!! 特に50年代のゲッツは最高だと、個人的には思います。 
モダンジャズではテナーはコルトレーンやロリンズがに行きます、何故か?理由はジャズジャーナリズムが誘導するからだと思いますが(個人的な意見です)ゲッツはもっともっと絶対に必要なテナーマンだと思います、これも個人的意見ですがぁ・・
mikitakaさんがいいなあと思われたようなので、僕も嬉しいです。

URL | MINGUS54 ID:-

Re: No title

bassclefさん、こんばんは。 コメント、ありがとうございます。
> どうも録音、盤質などよろしくないようで、それがために「ゲッツ好き」に至らないこともある・・・ように推測してます。 
僕もそのように思ってましたが、このルースト盤もそうですが、そんなに悪くないなーと思うのです。
というか、ゲッツの音色はこの飾りのない録音(へんな僕の感覚ですが)でもその好さは充分にでているように感じるのですが? どうでしょうか? 元々はSP音源ですよね? SPも聴いてみたいです。
 
> この頃のゲッツは、アドリブの中で「パッ」と思いついたようなフレーズがどんどん展開されていく
ゲッツの場合はアドリブなのかあらかじめ用意されたものなのか分からない、それほど、自然な感じ、そんな風に思います、もーどうでも良いのですね、そんなことは(笑)

最近、思うのですが、凄いミュージシャンが多すぎて・・ジャズは凄いなっと思っています。
聴けば聴くほどに、自分の無知を思い知らされます。 
まー死ぬまで聴くには良いのかな~と思いますね、bassさん!(笑)

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)