ゴルソンがJM(ジャズメッセンジャーズ)で ”Moanin' ”を録音したのが、1958年10月です。
このレコードは12月、ゴルソンはテナー、自作曲、そして、アレンジで中心的存在です。
ゴルソンはこれからが黄金期でしょうか?
•Milt Jackson - Bags' Opus (United Artists UAS 5022)
DSCN1061_convert_20141120184938.jpg
Art Farmer (tp) Benny Golson (ts) Milt Jackson (vib) Tommy Flanagan (p) Paul Chembers (b) Connie Kay (ds)
Nola's Penthouse Sound Studios, NYC, December 28 & 29, 1958
A
Ill Wind
Blues For Diahann
Afternoon In Paris
B
I Remember Clifford
Thinking Of You
Whisper Not

ミルト・ジャクソンのリーダーアルバムですが、アルバムイメージはゴルソン色が濃いと感じます。

Ill Wind はミルトのバックはピアノトリオのみでです。 ミルトのヴァイブが優しく響きます。

次のBlues For Diahann はミルトの曲、ファンキーな曲です。 テーマの後、ゴルソンが先発しますが、結構、力強いテナーです。 トミー・フラナガンのピアノが凄く良いです。 
お馴染み、ポーチェンのノコギリソロを経てのミルトの響きはより軽やかに聴こえます。

お次は盟友、ジョン・ルイスの曲ですが、このゴルソンのアレンジは良いですね。
曲想に合っていると思います、ルイスのオリジナルと良い勝負でしょう。
ミルトの後、ゴルソンが力強くでます、ファーマーお落ち着いたソロに続くトミフラのソロが抜群に素晴らしい!
全体ですがトミー・フラナガンは最高に素晴らしいと思います。
あーもうA面がおわりました。

B面・・これはもう言う事無しでしょう。  I Remember Clifford これはミルトのヴァイブの響きに全てを託すゴルソンです。

B2はファーマーを大きくフュチャーしています。

ラストの曲は聴いてください、素晴らしいですね、曲も良いですが、このバージョンは素晴らしいと思います。

DSCN1059_convert_20141120185010.jpg
UA(ユナイテットアーティスト)のステレオは音が良いです。


最近、一人で散歩をよくしています。 1時間半ほどですが、 寂しい・・
15歳を過ぎた愛犬みるくはもう長い散歩は無理になりました。
悲しい事ですが・・仕方ありませんね。 
  
スポンサーサイト

コメント

No title

わあ、ゴルソンのいいレコードが続きますね(笑)
前回の「Free」は僕も「いい音」だと思ってまして、ある意味、ロン・カーターを見直した(初期のロン・カーターは一音一音に張りがあって、ビートも生き生きしてるように感じたので)一枚です。
今回の Bag’s Opus(UA)・・・これもいいですね! ゴルソンとアート・ファーマーのサウンドのブレンド具合はやっぱり抜群にいいように感じます。そこに絡むミルト・ジャクソンのヴィブラフォンの重く深い音色! 最高です!(笑) 僕はこのUA盤に何故だか縁があるようで、緑(ステレオ)と赤(モノラル)~両方持ってまして、ステレオはどの楽器も抜けのいい音ですが、モノラルも芯のある音で悪くないです。UAは・・・好きなレーベルです。

URL | bassclef ID:IpV4Zmhs[ 編集 ]

Re: No title

bassclefさん、こんばんは。 コメントありがとうございます。

>「Free」は僕も「いい音」だと思ってまして、ある意味、ロン・カーターを見直した
そうなんですねー僕はロンが最初は好きだったのです、と言うか、知らなかったのでこれがジャズベースと思っていました(これはマイルスバンド入りした後のロンで60年代後半から70年代を指しています)
しかし、いろいろとジャズを聴いていくうちにジャズベースってこんなんじゃぁないよなー? なんて思ってきてからは何だかあまり好まなくなりました。 またまたジャズを聴き続けていくと60年前半のロンに行き着いて
なんだ、普通に出来るじゃないかーなんてネ(ド素人の感覚です、お許しください)
bassさんにはいつもフォローいただいて感謝です!!

UA盤は僕も好きです、なにせBNなんかより随分と安いですから(笑)その割りに良いレコードが有る!
これもその中の1枚ですね、僕も大好きです!ただ、ステレオ、モノ、揃えるだけの運も根性もありませんでした(笑)
今からは分かりませんが・・頑張るぞ! 

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)