チャールス・ミンガスクインテット+マックス・ローチ
A a foggy day、 drum、haitian fight sonng、lady bird
B i'll remember april、 love chant 
C・Mingus(b)George・Barrow(ts)Eddie・Bert(tb)Mal・Waldron(p)
Willie・Jones(ds)drum&I'll remember april Max・Roach

P1000372_convert_20110522143511.jpg
P1000371_convert_20110522143649.jpg


このレコードの録音が1955.12.23で有名な直立猿人の1ヶ月ほど前であり曲目もフォギーデイ、ラヴチャントが収録されている。 直立猿人の原型がすでに出来ていたことがわかります。 ミンガスの強烈な色付けがされてない演奏となっていて、こちらのほうが聴きやすいと思います。 特にファイトソングは素晴らしい出来だと思います。 それはジョージ・バーロウのテナーが素晴らしいからです。哀愁を帯びた音色でストレートにテーマを歌い上げています。
このレコードと対を成すもう一枚のレコードCHAZZでも素晴らしいテナーを聴かせてくれてます。が、このジョージ・バーロウのその他のレコードって? ないのでしょうか? インパルスのブルースの真実とプレステージのサザンコンポート(フランク・ウエス)でのバリトンサックスでの参加くらいしか思い当たりません。 
こんな素敵なサックス奏者ジョージ・バーロウのことがもっと知りたい・・ 

スポンサーサイト

コメント

M54さん、ブログ開設おめでとうございます。
杜の住人の中でもbassclefさんと並ぶコアなジャズフリークのM54さんの事だからいつかブログ始められるのでは?と思っていました。内容が濃いので上手いコメント出来ずにごめんなさい。
これからも楽しいブログ楽しみにしています。

URL | Yo ID:-

ありがとうございます。

Yoさんこんにちは。 ご無沙汰しております。 毎年今年こそは大阪へ・・と思いながら今年こそは大阪杜の会でお会いしたいですね。これからもよろしくお願いします。

URL | M54 ID:-

ジョージ・バーロウかあ。

M54さん、またおじゃまします、bassclefです。連日のアップ、凄い勢いですね、羨ましい(笑)
サックス奏者ジョージ・バーロウ・・・僕の方はミンガス2枚組(fantasy twoferシリーズ)で聴いてました。バーロウは・・・ちょっとくすんだような音色の(例えばJRモンテローズのように)しかし「ジャズ」を感じさせるテナー吹きかな・・・という印象です。僕もバーロウには興味が湧きまして、ちょい調べてみました。以下、バーロウの参加盤です。
Teddy Charles/Tentet(atlantic)
Teddy Charles/Word from Bird(atilantic)
Eddie "Lockjaw" Davis/Trane Whistlea(prestige)
Jimmy Smith/Bashin' The Unpredictable (verve)
Clark Terry/All American(moodsville MVLP-26)
The Amram-Barrow Quintet/Jazz Studio no.6(decca)

上4枚は大編成で、M54さん書かれているようにバリトンサックスでの参加が主のようです。
小編成で、バーロウのテナーが楽しめるのは、下の2枚のようです。DeccaのJazz Studio no.6 はたまたま持ってまして、ホルン奏者・アレンジャー(amramという人)との2管で、ちょとアレンジがくどいですけど、バーロウのテナーそのものはたっぷり聴かれるので、強いて言えば、このデッカ盤がお勧めです。

ところで、このfantasy盤・・・。溝もありステレオ盤のようですが、録音は1955年だから元の録音はまずモノラルとして、すると・・・擬似ステレオかも? 実は僕もこの手のfantasyステレオ盤をいくつか(ブルーベック)持ってまして、その「ステレオ」がどうも擬似ステレオだろう・・・と思って聴いてるのですが、他社レーベルのように、はっきりした「擬似」とも思えなくて・・・ちょい悩んでます(笑)M54さんがこのミンガスfantasyステレオ盤を聴いて、どんな感触か、また教えてください。

URL | bassclef ID:IpV4Zmhs[ 編集 ]

悪くないですよ。

bassclefさんこんにちは。 早速の情報有難うございます。デッカ盤ですね、これから探す楽しみが出来ました。流石はbassclefさんですねーこれからも、色々と教えてください宜しくお願いします。
さてこのステレオ盤ですが、そんなに不自然には感じませんよ。あくまでも僕の感覚ですが。 各楽器の定位などはもう一度気にしながら聴かないと表現できませんが、そう違和感はないように思います。もう一枚のCHAZZはモノラルなんですがね、これもファンタジー盤です。 Debut盤が欲しいですが、出会えません。 クラーク・テリーのムーズビル盤も探さなくてはいけませんね。

URL | M54 ID:-

ぼくたちにはミンガスが必要なんだ

こんにちは
M54はMINGSU54の略だったんですね。
私はジャズを聴き始めた小僧だった頃「ほくたちにはミンガスが必要なんだ/植草甚一」を何度も繰り返し読んでミンガスを勉強(?)しました。
このレコードも持っています(FANTASY盤)、でもDEBUT時代の演奏は暗い感じがしませんか?(マイルスのNATURE BOY/BLUE MOODSの雰囲気みたいな)
これからもプログにミンガスが出てきそうで楽しみです。

みるくちゃんは15最ですか、もうおばちゃん(おじいちゃん)ですね。
うちの小梅も朝が早く夏なんか5時前に起きます。本当に勘弁して欲しいです。

URL | 瓢箪から小梅 ID:7VgScPWU[ 編集 ]

Re: ぼくたちにはミンガスが必要なんだ

瓢箪から小梅さん、こんばんは。 コメント、ありがとうございます。 
「ぼくたちはミンガスが必要なんだ」は読んでいませんが、ミンガスは好きです。
小梅さん、と言わせてもらって良いですか? 小梅さんもミンガスがお好きのようで嬉しいです。

>DEBUT時代の演奏は暗い感じがしませんか?(マイルスのNATURE BOY/BLUE MOODSの雰囲気みたいな)
分かるような気がします。 デヴューはミンガスとローチのレコード会社ですよね、僕はミンガスの2枚、マイルス、フォートロンボーン、ポール・ブレイ、有名なマッセイホール、などをほとんどは再発のファンタジーで聴いていますが、このレーベルの雰囲気は小梅さんが仰るように、暗い感じがしますね。

これからもミンガスは出てくると思います(笑) コメント、よろしくお願いします。

みるくはおばあちゃんです。 冬でも早起きで困ってます(笑) 
でも、可愛いですからね・・愛犬の小梅ちゃんも早起きだとか、想像するだけで、笑顔になります。。

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)