危険な関係のブルース、この曲を始めて聴いたのはジャズ喫茶で、そのレコードは「Flight To Denmark 」 でした。

とても美しい曲で直ぐに好きになりましたし、初めてのインパクトは大きいですね。 今でも危険な関係と言うと、このバージョンが蘇ります。
ただ、その頃から、タイトルの危険な関係~が何故 No Problemなのか? と不思議に思ってはいました。

1950年代当時のフランスは空前のジャズブームだったのでしょう、映像とハードバップが、新しい波となっていたようです。

そんな中、危険な関係のブルース(No Problem)が、1959年にリリースされるのですが、これは紛れもなく、ピアニスト、デューク・ジョーダンの曲なのですが・・・フランス人の作曲とされてしまいます。

ジョーダンじゃない!と、モンクは言わなかったのでしょうね・・すいません(笑)

ジョーダンは1960年にブルーノートに待望のリーダー盤を録音します。 「フライト・トゥー・ジョーダン」です。
このレコードのラストは「Si Joya」 となっていますが、これは危険な関係のブルースです。 
レナード・フェザーのライナーによると、『Si・Joyaと言うタイトルに大した意味はない』とジョーダン自身が言っているように書いてありますが・・果たしてそうでしょうか?
シ・ジョヤ はスペイン語で宝石という意味のようです。  このタイトルにはジョーダンのこの曲への想いが込められているように感じているのですが!

•Duke Jordan - Les Liaisons Dangereuses (Charlie Parker PLP 813)
DSCN1034_convert_20141021203911.jpg

Sonny Cohn (tp-1,3/7) Charlie Rouse (ts -1,3/7) Duke Jordan (p) Eddie Khan (b) Art Taylor (ds)
NYC, January 12, 1962
A
No Problem, Part 1
No Problem, Part 2
No Problem, Part 3
B
Jazz Vendor
Subway Inn
The Feeling Of Love, Part 1
The Feeling Of Love, Part 2

このレコードレーベルはドリス・パーカー(バードの未亡人)がオーナーだったと思いますが、ここでドリスは『危険な関係のメインテーマの真のコンポーザーはデューク・ジョーダンであると名言しています。 
これで晴れて「No Problem」と言えるようになったのでしょうかね。
ここぞとばかりに、3連発! 素敵!

しかし、ジョーダンが表舞台に帰ってくるのは1973年まで待たなければなりませんが・・
それもデンマークと日本だけ?だったのだろうか・
DSCN1037_convert_20141021203953.jpg



•Duke Jordan - Flight To Denmark (SteepleChase (D) SCS 1011)
DSCN1035_convert_20141021203936.jpg

Duke Jordan (p) Mads Vinding (b) Ed Thigpen (ds)
Copenhagen, Denmark, November 25,December 2, 1973
A
No Problem
Here's That Rainy Day
Everything Happens To Me
Glad I Met Pat
B
How Deep Is The Ocean
On Green Dolphin Street
If I Did - Would You
Flight To Denmark

僕のジョーダンはこのレコードが初めてでしたし、何度聴いてもやっぱり素晴らしいと思います。

ジョーダンはゲッツやハワード・マギーなどのサイドでのピアノも大好きですし、パーカーとの競演も
素晴らしいと思っていますが、
ファースト体験は格別ですね~。
DSCN1038_convert_20141021204008.jpg



クライマックスシリーズ、痺れる思いでした・・疲れた~! 
なにげに・・一番の感動シーンは稲葉の胴上げでしたねー素晴らしかったなぁ~。
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは

 クライマックスシリーズ、私は息子の結婚式を控えて、なにかと忙しい中をMINGUS54さんと同じ気持ちで見ていました。

 ただ、応援する相手は違いましたけど。

 「危険な関係のブルース」は私も知っています。
 チャーリーパーカーレコードというレーベルがあったのですね。すごいなあ。

URL | mikitaka08 ID:-

Re: No title

mikitaka08さん、こんばんは。 いつもコメントありがとうございます。

息子さんがご結婚ですか、おめでとうございます。 何かと大変でしょうけど、それがまた楽しい! 

今日から日本シリーズです。 出来ましたら、ホークスの応援をよろしくお願いします。
チャーリーパーカーレコード・・僕もこれしか持ってないのですが、そんなにたくさんのレコードは出てないと思います。 ジャズレーベルはマイナーなものがたくさんあります。 僕もまだまだ勉強中です。

URL | MINGUS54 ID:-

日本一

M54 さん、日本一おめでとうございます。圧倒的でしたね。

危険な関係のブルースを初めて聴いたのは、ご紹介のパーカー盤でした。舌をかみながらフランス語のタイトルを発音したものです。
十八番ですので何度も録音しておりますが、生で聴いたのが一番です。一曲終わるたびに立ってお辞儀をしていたのが印象的でした。
こちらはそろそろ「Flight To Denmark」のジャケットのような景色になります。ドラフトでいい指名ができましたので、今から来季が待ち遠しいです。

URL | duke ID:-

Re: 日本一

dukeさん、こんばんは。 ありがとうございます。
 幕切れはなんだか後味の悪いものでしたが・・サファテがビビリ過ぎで自滅しなければ、もっとスッキリ終わったのにな~! 

> 十八番ですので何度も録音しておりますが、生で聴いたのが一番です。一曲終わるたびに立ってお辞儀をしていたのが印象的でした。 
デューク・ジョーダンを生で聴いたんですか~羨ましい・・

来年も北海道、九州で盛り上がりましょう!! よろしくお願いします。

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)