暑いですね。夕方、庭の草取り15分で、汗だくでした、 札幌も30度? 九州より暑いの?
そろそろ、けりをつけとかないと・・一応、中間報告です。
 
•PR 7427 Charles McPherson - Con Alma!
DSCN0994_convert_20140529220755.jpg
Charles McPherson (as) Clifford Jordan (ts) Barry Harris (p) George Tucker (b) Alan Dawson (ds)
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, August 4, 1965

A
Eronel
In A Sentimental Mood
Chasin' The Bird
B
Con Alma!
I Don't Know
Dexter Rides Again

タッカーにとってはこれがラストレコーディングとなるのだと思います。
本人はそんなつもりはなかったと思いますが、本当に残念としか言いようがありません。
結果的には良いレコードで閉めたことになるのかと僕は思います、地味に徹したタッカー、地味なマクファーソンとの最後、でも最高に輝いています。

モンクの曲でスタートです。 65年にこの選曲とこのノリ、最高ではありませんか! 売れなかっただろうけれど・・
マクファーソンのモダンジャズへの愛情と自信が伺えます。
タッカーの短いソロももちろん、素敵です。
A2 これは、良いですよ~、エリントンの曲、コルトレーンが有名ですが、これも最高と言って良いかと思います。
遅れてきたバッパー、なんと切なくもピッタリの言葉ではないでしょうか。
A3 はバードの曲です。 マクファーソンもジョーダンも実に落ち着いた演奏です。 もっと弾けてもよかったのではと思います。
B1 ガレスピーのこれも良い出来です。 曲が良いのでしょうが、マクファーソンの選曲が憎い! 
B2 マクファーソンの曲です。 パーカーを意識した曲になっています。 綺麗な曲です。
B3 デックスの曲で閉めですが、一番ののりの曲です。
全編、リズム隊が素晴らしいです。 バリーハリスのハードバップ王道ピアノ、アラン・ドーソンも素晴らしく良いです。
そうして、ジョ-ジ・タッカーの豪快でアーシーなベース・・素晴らしい! 
DSCN0993_convert_20140529220833.jpg

リストは現在、47枚です。 手持ちは30枚ほど・・追加とレコード紹介は今後も続けて行きたいと思います。

MG12209  Curtis Fuller/Tommy Flanagan - Jazz...It's Magic!    September 5, 1957
RLP 12-250 Freddie Redd - San Francisco Suite   October 2, 1957
BLP 1582 Cliff Jordan - Cliff Craft November 10, 1957
JLP 1093 Jackie McLean Sextet - Fat Jazz November 27, 1957
BLP 1583 Curtis Fuller, Vol. 3 December 1, 1957

BLP 1587 Bennie Green - Back On The Scene  March 23, 1958

BLP 4010 Bennie Green - Walkin' And Talkin' January 25, 1959
Enrica LP 2002 Bennie Green - Swings The Blues      January, 1959
NJLP 8221 Johnny "Hammond" Smith - All Soul    September 11, 1959
NJLP 8226 Jerome Richardson - Roamin' With Richardson       October 21, 1959
NJLP 8229 Johnny "Hammond" Smith - That Good Feelin'      November 4, 1959

NJLP 8233 Oliver Nelson - Taking Care Of Business    March 22, 1960
NJLP 8236 Eric Dolphy - Outward Bound April 1, 1960
BCP 6048 Booker Ervin - The Book Cooks April 6, 1960
BLP 4037 Horace Parlan - Us Three April 20, 1960
NJLP 8241 Johnny "Hammond" Smith - Talk That Talk   April 22, 1960
BLP 4039 Stanley Turrentine - Look Out! June 18, 1960
BLP 4043 Horace Parlan - Speakin' My Piece July 14, 1960
BCP 6051 Zoot Sims - Down Home July, 1960
Time 52021 Bennie Green September 27, 1960
PRLP 7227 Arnett Cobb - Sizzlin' October 31, 1960
MG 12154 Booker Ervin - Cookin' November 26, 1960
BLP 4062 Horace Parlan - Headin' South December 6, 1960


BLP 4069 Stanley Turrentine - Up At Minton's, Vol. 1 February 23, 1961
BLP 4070 Stanley Turrentine - Up At Minton's, Volume 2    February 23, 1961
PRLP 7283 Shirley Scott - Satin Doll March 7, 1961
BLP 4074 Horace Parlan - On The Spur Of The Moment    March 18, 1961
BLP 4077 Dexter Gordon - Doin' Allright May 6, 1961
JLP 59  Sonny Red - The Mode May 29, 1961
BLP 4082 Horace Parlan - Up And Down June 18, 1961
JLP 74 Sonny Red - Images June,December 14 1961
NJLP 8285 Pony Poindexter Plays The Big Ones June 18, 1961
(January 31, 1963)
PRLP 7226 Shirley Scott - Hip Twist November 17, 1961


Lambert,Hendricks&Bavan At Basinstreet East September 6 1962
NJLP 8283 Walt Dickerson - To My Queen September 21, 1962
PRLP 7263 Ted Curson Plays Fire Down Below December 10, 1962

M 3612 Jimmy Woods - Conflict March 25 & 26, 1963
LPM-2891Lambert,Hendricks&Bavan At The Village Gate   December 20,21 1963

 Willis Jackson - Boss Shoutin'Frank January 9, 1964
  Walt Dickerson UNITY                       March 5 1964
PR 7339 Gildo Mahones - The Great Gildo           June 4, 1964
ST 2393 Junior Mance  That's Where It Is           October 12, 13, 1964

PR 7394 Lucky Thompson Plays Happy Days Are Here Again     February 16, 1965
PR 7401 Carmell Jones - Jay Hawk Talk               May 8, 1965
PR 7419 The Jaki Byard Quartet Live!, Vol. 1 April 15, 1965
PR 7477 The Jaki Byard Quartet Live!, Vol. 2         April 15, 1965
PR 7427 Charles McPherson - Con Alma!Charles   August 4, 1965

ジョージ・タッカーはケニー・バレルとのセッション中に倒れて帰らぬ人となったという事です。
ミュージシャンとしては本望だったのかもしれませんね・・

本望、本懐・・俺はどうなのか?  悩みの日々は続く・・





スポンサーサイト

コメント

No title

おはようございます

 ひとりのミュージシャンを追い求めるMINGUS54
さんの姿勢に脱帽です。

 マネのできないことです。
同じアナログ派の私など、アルバム全体を聴き流し、ボーっと感想を述べるだけですが、ひとつひとつ丁寧に聴きとるMINGUS54さんに敬意を表します。

URL | ミキタカ08シクティーズ ID:-

Re: No title

ミキタカ08シクティーズさん、こんばんは。 コメント、ありがとうございます。

お褒め頂いて、ありがとうございます。 それほどでもないと言いますか、なんでも中途半端なのです。

昔から詰めが甘いとの指摘を受けておりますが、今でもです(笑)・・なんでも、完璧な追求は難しいですね・・

このジョージ・タッカーも何枚かは追加できそうですが、調べて行くうちに、これからが、本番で難しくなりそうだと思っています。 年代を追っていくと、まだまだ、ありそうですし、とても50枚ぐらいでは収まらない、そんな気がします。 楽しみでもあります。 
アナログ派同志ですよね、楽しみながら行きましょうね!  

URL | MINGUS54 ID:-

札幌は32度

M54 さん、今日の北海道は九州よりも暑かったようです。ここ札幌は32度とか。ビールが美味い。

マクファーソンがありましたね。地味ながら通好みの良いレコードです。タッカーは勿論ですが、クリフ・ジョーダンにバリー・ハリス、アラン・ドウソンという名手が光ります。全員、どの作品でも水準以上のプレイを残しておりますが、知名度と評価の低さに驚きます。60年代中期では時代遅れの感もありますが、揺るぎないのがバップなのでしょう。

URL | duke ID:-

Re: 札幌は32度

dukeさん、こんばんは。 コメント、ありがとうございます。

鹿児島は昨夜から肌寒くて布団を被って寝ていました。  ビールはいつでも美味しいものだと思います(笑)

dukeさん、お忙しいとは思いますが、ジョージ・タッカー情報がありましたら、教えて頂きたいと思ってます。
こうやって調べていくうちに、こんなもんじゃないのではないか、と思っています。

まだまだ、大きな穴がありそうで・・

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)