評価について考えてみました。 されるほうとして、自分が、どう評価されているか? 
評価とは所詮、他者がするもので、自分がどうあがこうが、どうしようもないのです。
分かったような事を言ったところで、結局は気にしている自分がいるのですね。
一生懸命に何事にも取り組んでいれば、自ずと評価はついて来るものなのでしょうが・・
 
好きな音楽のリスナーとしては自分勝手に、評価をしていますがね。

食っていかなければいけないのは皆同じ、仕事ですからね・・まーいまだに、青臭い事を言っていますが、幾つになっても、全く、成長しきれませんなぁ~・・

Billy Taylor  At The London House
DSCN0983_convert_20140506204915.jpg
Billy Taylor (p)  Earl May(b) Percy Brice(ds)

A
The London House
It Might As Well Be Spring
Gone With The Wind
Love Is Here To Stay
B
Midnight Piano
I Cover The Waterfront
Stella By Starlight

ビリー・テイラーというピアニストは、こんなに良いのに何故なのか、日本ではあまり人気がありません。
評価が低いというか、あまり聴かれていないようです。 
数多ある、ピアノトリオのレコードの中から、なにを選んで聴くのかは個人の自由ですが、紹介されないと、聴き様がありません。 残念な事です。
所詮はビジネスですから、と言いながらも、選択肢は欲しいものです。

このレコードを今夜聴いているのですが、ほろ酔い加減で聴くこのレコードはとても良いのです。
スタンダード中心の選曲で、トリオとして、安定していて、しかも味わい深いのです。

ビリーのピアノは上手いですよ、饒舌過ぎず、よく言う、肩の凝らないリラックスできるピアノです。 
アール・メイのベースは堅実そのもの、とにかく素晴らしく良いのだ。
パーシー・ブライスのブラッシュも絶品であります。
 
ロンドンハウスはどれ位のハコなんだろう? 知りようもないのですが・・
僕には久留米の《アフターのムーチョボックス》(ここは僕の愛する空間ジャズの実家なのです・・)で聴いている感じなのです。
DSCN0986_convert_20140506204959.jpg
今日も色々と聴きました。 評価の低い、オリバー・ネルソン(笑) デイブ・グルーシンのピアノトリオ、これもなかなかいいのです。 アート・ペッパーにトミフラ、キャロル・キングも聞きました。 

最後はこのレコードでした! ビリー・テイラーはいいですな~! 
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは

 見知らぬジャズメンが
多く、なかなかコメントできずにいるのですが、最後の4名は良く知っており、たまに聴いています。
 本当にMINGUSさんの言うとおり。評価はもらう方もする側もなかなかむずかしいですよね。

URL | ミキタカ08シクティーズ ID:-

ビリー・テイラー

M54 さん、こんばんは。

5連勝の勢いで福岡に乗り込みましたが、3連敗とは情けない。チームの実力が出た試合でした。

何事も努力を惜しまなければ評価はあとから付いてくるものと思います。ビリー・テイラーの評価は日本では今一ですが、本国ではピアノ理論を高く評価されているようです。日本で人気がないのはアマッド・ジャマル同様、マイルスやロリンズといった人気プレイヤーと組んでいないからでしょう。また、ピアノトリオというとピーターソンとエヴァンスばかりかけるジャズ喫茶の影響もあるかもしれません。人の評価はどうであれビリー・テイラーは好きなピアニストです。

URL | duke ID:-

Re: No title

ミキタカ08シクティーズさん、こんばんは。 いつもコメント、ありがとうございます。

評価・・僕もいい歳なんですが、気にし過ぎるのもどうかなーと思いながらも、あんまり、無頓着でも・・
なんて思います。 そんな、しがらみから、早く、離れたいと思っているのですが・・・ね(笑)
これは、仕事がらみの、自分のことです・・

音楽の評価は自分勝手にやっていますがネ! 

ミカタカさんのユーミンシリーズもコメントできるほど聴いてないのですね、好きなんですが、ユーミンは

こちら鹿児島はもう、初夏ですよ、25℃、半袖です。 草刈も汗びっしょりでした、
これからもよろしくお願いします。。

URL | MINGUS54 ID:-

Re: ビリー・テイラー

dukeさん、こんばんは。 いつも、コメント、ありがとうございます。

この歳になって、今更、ビリー・テイラーの評価がどうのこうのと言いたいわけではありませんが、もう少し、日本で紹介されていたら(レコードは相当出ているので、アメリカではですが)もう少し、聴かれていて、いやー俺は嫌いだ、とか、ナンジャクだとか、の評価があったとしても、好きだとの評価ももう少し多かったのかなって思います。 土俵に乗せてもらってないって思うのですね。
dekeさんはそんなジャズメンが多すぎる!と、思っているのではないでしょうか? これは、聴けば聴くほど、多くなりますよね、たぶん! 

今年はホークスが優勝しないと・・(なんだか、最近、ジャイアンみたいに、なりふり構わず、金にモノを言わせて・・) 
それでも、応援してしまうのですね・・すいません(笑)

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)