先日、久しぶりにライヴに行きました。 たまには生演奏を楽しみたいですからね。 
主役はテナーでしたが、初めて聴く若手のベーシストがよかったです。 僕は褒め言葉と思って「地味で良いよ!」って声を掛けましたが、これは言葉が足りなかったなーと後で反省しました。
力強く堅実なベースで僕の好みだったのですが、ジョージ・タッカーのような主役を支える良いベースだよって言ってあげればよかったかな・・

今、ジョージ・タッカーのレコーディング年表を作っています。
今回が11枚目です。
50枚くらいはありそうですから、当分楽しめそうです。
 
Freddie Redd - San Francisco Suite For Jazz Trio NYC, October 2, 1957
Bennie Green - Swings The Blues (Enrica LP 2002January, 1959
Oliver Nelson - Taking Care Of Business March 22, 1960
Eric Dolphy - Outward Bound (New Jazz NJLP 8236) April 1, 1960
THE BOOK COOKS  April 6, 1960
Bennie Green (Time s/2021)September 27, 1960
Stanley Turrentine - Up At Minton's, Vol. 1February 23, 1961
Sonny Red - ImagesJune, 1961
Walt Dickerson - To My QueenSeptember 21, 1962
Junior Mance  That's Where It Is  ST 2393 October 12, 13, 1964
Carmell Jones - Jay Hawk TalkMay 8, 1965


Junior Mance  That's Where It Is  ST 2393
DSCN0926_convert_20140221161636.jpg

Junior Mance (p) George Tucker (b) Bobby Thomas (ds)
New York, October 12, 13, 1964
A
Wabash blues
In the dark
The host
I got it bad
I want a little girl
That's where it is
B
St. Louis blues
It ain't necessarily so
Caribe blues
God bless the child
Hanky panky

ジョージ・タッカーは1948年にNYに出てきて近代音楽院で学んだ。 ブルックリンの「コンチネンタル・ラウンジ」のハウスベーシストとなり、後に「ミントン・プレイハウス」のベーシストとなった。とあります。(ジャズ人名事典・SJ誌)
この間に多くのジャズメンとの競演があったのだろうと思います。 
ジュニア・マンスもその中の一人だと思います。
僕的にはマンスとジョージ・タッカーは相性が良いと感じますので、もっと録音があってよさそうなのですが、今のところ、このキャピトル盤しか確認できていません。 ジャズランド盤なんかがジョージだったらなんて思います(ベン・タッカーはあるのですが)

とにかくリラックス出来るレコードです。 幸せな気分になります。 ぽかぽか陽気の午後に肩の力を抜いて聴きましょう。
いやー夜にワイン片手に聴いたほうが良いのかもしれませんね。

どこかは判りませんが、ライヴ録音のようです。 拍手の様子から、結構、大きな箱(店)ではと思います。
マンスのピアノは実に明るくて小粋ですね、まー大手のレコード会社はこんな感じに作るのでしょうね。
B-1は間違いなく良いですけれど、A-3なんかはジョージ・タッカーの小粋なプレイが聴けますよ。
真っ黒だけでない、上品な(笑)プレイも出来るよって、アルコもいけてますよ! 
派手なドラムソロはありません。 渋くブラシです、優しく撫でられます。
ボビー・トーマスは心得たブラッシュワークで支えます。 大人なジャズです。

That's where it is ! そうなんですよねー大人のジャズはそこが肝心なのですよ!
DSCN0925_convert_20140221161714.jpg


ジョージ・タッカーの相関図にジュニア・マンスとボビー・トーマスが繋がりました。 

あのー、小出しにしてますが、お許しください。 タッカーでこれから20稿くらいはいけそうなので・・(笑)
 


スポンサーサイト

コメント

レコーディング年表

こんばんは

 <ジョージ・タッカーのレコーディング年表を作っています。

 個人のアーティストのレコーディング年表作成とは凄い企画ですね。
 とても良いアイデイアだと思います。50枚もあるとやりがいもありますね。

URL | mikitaka08 ID:-

Re: レコーディング年表

mikitaka08さん、こんばんは。 コメント、ありがとうございます。
僕はひどい無精者でして・・こんな事も初めてなんですが・・
ジョージ・タッカーの纏まったデータがないようなのでチャレンジしてみようと思います。
さーて、どこまで出来るのかな~

頑張ってみます! 

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)