祈りだとか、悟りだとか・・
 
今朝は3時に自然に目が覚めた。みるくより早かった! 
3時半頃にフィギアのフリーがあることは知っていましたが、年寄りは朝が早い!(笑)

Keith Jarrett - Death And The Flower (Impulse! ASD 9301)
DSCN0915_convert_20140215220252.jpg

Dewey Redman (ts, musette, maracas) Keith Jarrett (p, ss, osidrum, wood fl, percussion) Charlie Haden (b) Paul Motian (ds, percussion) with Guilherme Franco (percussion)
Generation Sound Studios, NYC, October 9 & 10, 1974
A
Death And The Flower
B
Prayer
Great Bird

チャーリー・ヘイデンのベースが聴きたいと思うとこのレコードのB-1を聴きます。 もしキースが嫌いでも、ヘイデンには、罪はないのです。 
チャーリー・ヘイデンのベースは深い。 身体の芯まで癒してくれます。タイトルの如く祈りなんだな。

収納場所も結構、離れているのに・・こんな流れもあるのです。

John Coltrane - Expression (Impulse! A 9120)
DSCN0913_convert_20140215220351.jpg

Pharoah Sanders (piccolo) John Coltrane (fl, ts) Alice Coltrane (p) Jimmy Garrison (b) Rashied Ali (ds)
Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, February 15,March 7, 1967
A
Ogunde
To Be
B
Offering
Expression

次に引っ張り出したのが、これ。 コルトレーンのラストレコーディング・・

針を落としてA-1を聴くにつけ、キースもトレーンの影響を受けているのだな~と感じてしまうのです(個人的感想です)
久しぶりに聴くコルトレーンはこれはやっぱり良いのだ!

難しそうでいて、実はよく唄っているのだな~と感じます。

A-2ではフルートを吹いていますね。 ドルフィーの遺品のフルートだと聞いてしまうと、なんだかなー感動せずにいられない・・ でも、個人的にはドルフィーだったら、もっと凄いぞ、なんて思ってしまいます。

タイトルがコルトレーンと言う音楽家をしっかりと的確に表現していますね。

悟り・・そんな言葉が出てきます。
DSCN0917_convert_20140215220459.jpg
DSCN0918_convert_20140215220520.jpg

若い人たちにも学ぶことは多い。  

金メダルの19歳、銀メダルの15歳、銅メダルの18歳、4位だった17歳、・・素晴らしいとしかいえませんね。 そして、ありがとう! 
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは
  
 夫婦間の話題が少ない我が家でもオリンピックは別。今朝も夫婦でジャンプに貼り付けでした。十代選手の活躍も見事ですが、41歳の葛西選手のl銀メダルにしびれました。41歳といえば、コルトレーンは41歳で亡くなったのですよね。東京のジャズ喫茶に金があるときは行っていた70年代前半に聴いたこのアルバムの曲、思い出しました。

URL | mikitaka08 ID:-

僕らも

mikutaka08さん、こんにちは。 コメント、ありがとうございます。 
葛西選手の銀メダル、感動しました。 チームメイトが自分のことのように喜んでいたのが、印象的でした。 葛西さんは慕われているのだな~と!
僕も頑張らなくては、ってチョッピリ思いました。

コルトレーンは昔に比べると聴かなくなりましたが、レコードは絶対に手放せませんね!
こうやって聴く度にやっぱり、感動しますからね。

お互いに奥さんは大事にしましょう(笑)

URL | M54 ID:-

To Be

M54 さん、こんばんは。

キースにコルトレーンの「Expression」、サイトを間違えたかと思いました。(笑)キースはともかく、チャーリー・ヘイデンのベースはいいですね。

コルトレーンがフルートを吹いている曲は「To Be」ですが、カタカナ読みをすると「トベ」→「飛べ」→「ジャンプ」。葛西選手、41歳の銀メダルおめでとう!

URL | duke ID:-

Re: To Be

dukeさん、こんにちは。 コメント、ありがとうございます。
流石に師匠ですね~To Be を飛べ!にもって行くところが、素晴らしい! 
葛西選手は本当に素晴らしいですね、素晴らしい先輩、上司、そんな風に思いました。

コルトレーンもキースも時には聴きます。 思い出したように「ケルン・コンサート」なんかも・・
チョッと恥ずかしいと思いながらも(笑) あの頃を思い出すために・・

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)