定番を2枚、どちらも、超がつく人気盤です。

ジャズ喫茶で、しょっちゅう掛かっていたように思います。

この辺りを(タンテに)乗せると収まりが良いというか、文句も出なかったのでしょうね。

子供だった20代アルコールも覚えて、ジャズバーでこんなレコードを聴くと随分と大人になった気分になっていたように思います(笑)

Jo Stafford JO+JAZZ(CL 1561)
DSCN0904_convert_20140204221511.jpg

Jo Stafford(vo), Don Fagerquist(tp), Conte Candoli(tp), Ray Nance(tp),Johnny Mandel(arr,cond), Lawrence Brown(tb), Johnny Hodges(as), Harry Carney(bs), Ben Webster(ts), Jimmy Rowles(p), Russ Freeman(celeste), Bob Gibbons(g), Joe Mondragon(b), Mel Lewis(ds), Shelly Manne(ds)
Recorded in Hollywood, July 15, August 1, 10, 1960
A
Just Squeeze Me(But Don’t Tease Me)
For You
Midnight Sun
You’d Be So Nice To Come Home To
The Folks Who Live On The Hill
I Didn’t Know About You
B
What Can I Say After I Say I’m Sorry
Dream Of You
Imagination
S’posin’
Day Dream
I’ve Got The World On A String
DSCN0900_convert_20140204221639.jpg

Red Garland - Groovy (Prestige PRLP 7113)
DSCN0905_convert_20140204221603.jpg

Red Garland (p) Paul Chambers (b) Art Taylor (ds)
Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, December 14, 1956 May 24,August 9, 1957

A
C Jam Blues
Gone Again
Will You Still Be Mine
B
Willow Weep For Me
What Can I Say Dear
Hey Now

DSCN0903_convert_20140204221657.jpg

ジャズ喫茶では、両面を聴くことはまずないですから、どちらも、A面ばかりが掛かっていたと思います。

まーそれは、仕方のないことで、JO+ は何と言っても、「Just Squeeze Me」と、人気曲「You’d Be So Nice To Come Home To」がA面ですからね、そうなってしまうのでしょう。

Groovyも、「C Jam blues」からの3曲は完璧ですから・・

今ではその反動か? B面ばかり聴いているようです。

そう、「What Can I Say Dear」が僕は大好きなのです。 What Can I Say After I Say I’m Sorry こちらが、正しいタイトルでしょうね。

小粋でノリの良い曲です。 こんな、素敵な曲はないなと・・ 特にガーランド! このコロガリ感は何なんだ~
こんなにころがるピアノ、他にありますか? 僕を夢心地にしてくれるのです。

ド定番の2枚! 素晴らしい曲が多すぎて語りつくせませんが、ま~ジャズ好きは御存知でしょうからね。

ド定番、今でもこうして充分に楽しめるのですね。

それにしても、ガーランドのピアノは今からきっと良い事(ワクワクすること)が、起こりそうな気になるのですね!

明日はきっと好い日だ! 


スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは
Jo Stafford JO+JAZZは持っています。
ド定番なんですね。
ただ、聞き流したものがドがつく定番とは知りませんでした。こんどじっくり聴いてみます。

URL | mikitaka08 ID:-

Re: No title

mikitaka08さん、こんにちは。 コメント、ありがとうございます。

ヴォーカルものはほとんど聴かないし、ほぼド素人なので(笑) ただ、僕が通ったジャズバーやジャズ喫茶では当時、よく掛かっていました。 当時、70年代ですが、人気盤だったと思います。 
バックのミュージシャンが素晴らしいので、ヴォーカルだけでなくバックの演奏も楽しんでください。

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)