この二三日はなんという陽気でしょうか? こちら九州南部は20℃を越える気温が続きました。 小春日和、いやいやもー初夏でしょ! 今日は半そでTシャツで過ごしました。

今日は実家で秋に植えたじゃがいもを収穫しました。 来週からはまた畑を耕して、春芋を植える予定です。

DSCN0890_convert_20140202201037.jpg

じゃがいもとこの陽気で?大音量でこれを聴くこととなりました。 

じゃがいもと言うと肉じゃが・・ニクジャガ・・ニック・ジャガー・・陽気のせいでしょうか?

Through The Past, Darkly (Big Hits Vol. 2)
DSCN0895_convert_20140202201611.jpg

DSCN0892_convert_20140202201246.jpg
A
Jumpin' Jack Flash
Mother's Little Helper
2000 Light Years From Home
Let's Spend the Night Together
You Better Move On
We Love You
B
Street Fighting Man
She's A Rainbow
Ruby Tuesday
Dandelion
Sittin' On A Fence
Honky Tonk Women

ストーンズ、それほど、ふかぼり したわけではありませんが、青春のひとコマであることは間違いありません。

僕的にはA1の「Jumpin' Jack Flash 」がストーンズで一番好きな曲です。 訳詩を見てもなにを唄ってるのか判りませんが、そんなことはどうでもいいのだ(船戸風)。 とにかく熱くなれる! 今でも大好き!!

あちらでは放送禁止曲もたくさんあるようですが、日本は関係ないのでバンバン、流れていましたね。 そんな、評判が当時の僕らにはカッコよく思えたのですね。 ジャステイン・ビーバー?なんかより、ずーとぶっ飛んでたと思います(笑)

このレコードは当時は話題になりました。 この変形ジャケ、尖がってたストーンズらしくもあり、憧れたものです。
僕は再発の四角のものを持っていましたが、このUKのmono盤を5年ほど前に手に入れました。
いやー最後の「Honky Tonk Women 」まで、熱くなったり、黄昏たり・・
DSCN0898_convert_20140202201337.jpg


DSCN0894_convert_20140202201310.jpg

ストーンズは永遠の不良青年!  ブライアン・ジョーンズ、この男が生きていれば、面白かったのではないか?

サックスを吹いたり、メロトロンを演ったり、シタールなんかもブライアンが最初だったとか・・

今夜の食卓は肉じゃがではなく、ポテトサラダであった。 美味しかった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)