ブログを始めてから、3度目の正月を迎えました。 また、無事に年を越す事が出来ました。
タイトルは訛ってますが(笑)今年もよろしくお願いいたします。

今年は先輩ブロガーを見習って、格調高くいきたいと思います。


年を越した!エディ・コスタ!
Eddie Costa - Guys And Dolls Like Vibes (Coral CRL 57230)
DSCN0838_convert_20140104183936.jpg

Eddie Costa (vib) Bill Evans (p) Wendell Marshall (b) Paul Motian (ds)
NYC, January 15, 16,17, 1958
A
Guys And Dolls
Adelaide
If I Were A Bell
B
Luck Be A Lady
I've Never Been In Love Before
I'll Know

長らく捜し求めていましたが、めぐり合えずに、ずっとCDで我慢しておりましたが・・ 
昨年の大晦日になんと!入手出来ました。幸運に感謝です。 捜し求めていたものが手に入ると嬉しいものですね。 今年は春から縁起が良いようです。

このメンツで一番話題にならない(だろう)ウエンディル・マーシャルから行きましょう。
このベースも好きなんです。 ヴォリュームタップリ、色気タップリ、の良いベースです。
サヴォイのハウスリズムセクションとして、古くから活躍したベーシストです。 参加作品は数限りなくあると思います。 彼はジミー・ブラントンの従兄弟にあたります。 
素晴らしいベーシストです。
 
ヴィブラフォンほどジャズ的な楽器はないのではないでしょうか? 
その音色は都会的で暖かくもありチョッピリ冷たくもある。
朝の澄んだ空気のように適度な緊張を気持ちよく感じます。

エディー・コスタはピアノもヴァイブもどちらも硬派な感じの人です、個性的なジャズメンだと思います。
若くして亡くなったので(1930年~62年)数が少ないのが残念ですね。

このレコードはヴァイブに専念しています。
と言うのも、ピアノはエヴァンスに任せたぞ!って感じでしょうか・・

このビル・エヴァンスは凄く良いです。 好きですね~エヴァンスの代表作と言っても良いのではと思うほどです。
コスタはエヴァンスに対等のスペースを与えていますのでどちらがリーダーでも良いように思います。
コスタとエヴァンスの関係は良くわかりませんが、これを聴く限りの相性は凄く良いのではないかと思います。

モチアンはコスタ、エヴァンスともに相性は良いですね。  もちあん・・正月にピッタリ!
 
DSCN0839_convert_20140104184001.jpg

今年は午年なので、ハンプトン・ホーズにしようか? 馬のジャケットはないか? 等と考えましたが、年末にゲットした盤にしました。 
今年も酷い駄洒落でのスタート! 格調高くは無理でしょうネ・・

無理はしない・・と決めました。
スポンサーサイト

コメント

M54さん、あけましておめでとうさんです! いやあ・・・正月からいいレコードを繰り出してくるなあ(笑) しかもこれ、大晦日にゲットしたですか!まだ4~5日前のことなら・・・コーフンサメヤラヌという感じでしょうね。
僕の方もこのレコード・・・同じような感じです。長いこと、国内盤でガマンしてて、しかし、54さん仰るように、ビル・エヴァンスのソロがとてもいいもんですから・・・なんとかして・・・と思いながら苦節約10年~2年ほど前にようやく念願の Coral盤を入手しました。
コスタもいいし、ベースのW.マーシャルもいいし、後にエヴァンストリオのドラマーとなるポール・モチアン(この人、ホントはポール・モーシャン と呼ぶらしいですね) 品のいいバンドです。比較的、初期のエヴァンスのソロ、どれも硬質なタッチでいいんですが、僕は特に I've never been in love before のエヴァンスのソロ・・・絶品ですね!こちらも聴いてみようっと!

URL | bassclef ID:IpV4Zmhs[ 編集 ]

Re: タイトルなし

bassclefさん、明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。
早速のコメント、感謝です。 
そうです! まだ興奮覚めやらぬってとこです(笑) 
bassさん、ほんとこのエヴァンスは良いですよね! 
「 New Jazz Conceptions」や 「Everybody Digs」の頃の感じがありますよね。
硬派と硬派!  そこが、良いですね! 

>I've never been in love before のエヴァンスのソロ・・・絶品ですね! 全く、同感です! 
僕もまた聴こう(笑)

URL | MINGUS54 ID:-

「年を越した!エディ・コスタ! 」
タイトルが眼に入ったとたん椅子からズリ落ち。正月呆けが吹き飛びました。
今年も格調高いブログに寄り道させてください。
時々、ブログの行間から「胃拡張」を感じる時があります。ライヴ後の暴飲暴食に気を付けてくださいね。

URL | ひきこ杜 ID:-

Re: タイトルなし

ひきこ杜さん、明けましておめでとうございます。 正月早々のコメント、ありがとうございます。

ひきこ杜さんのブログはとても格調高いです。 やっぱり、芸術家は違うな~と思っています。

今回も謎の言葉・・・胃拡張?  まー歳ですから、暴飲暴食には気をつけます(正月から肥りましたが・・)

とにかく、今年も頑張ります! 応援をよろしくお願いします。

URL | MINGUS54 ID:-

今年もよろしくお願いします

MINGUS54 さん

 大晦日に探し求めていたLPを見つけるとは凄い!
 巷では年末宝くじとかで7億円を追い求める人たちがいるのに、わがアナログ道探究者はレコードですから。
 私にとっては初めてのジャズミュージシャン、でもレーベルがCORAL。かつてあった日本の音響メーカー「コーラル」はこれをパクったのではないかと興味深く推測したのでした。失礼、格調高き貴ブログでパクったとははしたないですね。
 今年も向かう方向は違いますが、アナログ探究者としてよろしくお願いいたします。

URL | mikitaka08 ID:-

今年もよろしくお願いします。

mikitakaさん、こんにちは。 改めまして、あけましておめでとうございます。

恥ずかしながら、年末ジャンボは買いました、300円当たりました(笑)
僕はかなり偏った聴き方をしていますが、今年もお付き合いくださいませ。
よろしくお願いいたします。
お金の余裕はありませんが、アナログ道は今年も変わらず、邁進します。
mikitakaさんも、懐かしいところをまた、ご紹介をよろしくお願いいたします。

URL | M54 ID:-

今年もジャズと野球だ

M54 さん、今年もよろしくお願いします。

「年を越した!エディ・コスタ!」とは格調高いですね。「暮れのクレッセンド」 の良い影響でしょうか。(笑)

このレコードはビル・エヴァンスが注目されますが、主役のエディー・コスタも力が入っております。自身ピアノを弾くコスタですので、エヴァンスにピアノで負けてもヴァイブでは譲らないぞ、という意気込みが伝わってきます。このセッションのように緊張感を持って今年も過したいですね。

>今年は午年なので、ハンプトン・ホーズにしようか? 馬のジャケットはないか?

早速、ネタをいただきました。

URL | duke ID:-

Re: 今年もジャズと野球だ

dukeさん、こんばんは。 今年もよろしくお願いします。 

影響を受けてないとは言えないですね、ただセンスが・・ない(笑)
まー頑張ります!!

コスタは気になる人っです。 タルから入りましたから、ピアノも嫌いではないですし、でも、オリジナルはかなり難しいですね、結構高い! この盤も手ごろでしたので入手できましたが・・

レコード人生・・もー死ぬまで続くでしょう、お付き合いよろしくお願いします(笑)

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)