自分なりに走り続けてきて、一応のゴールが見えてきた現在(本当のゴールはまだ先なのですが)
自分でも考えていなかったぐらい、揺れてますね~迷いますね~疲れもあります、衰えもありますが・
でも、まだまだ若いつもり(笑)

最近、音楽に関係ない、ボヤキが多いです。  

Francis A. & Edward K. / Frank Sinatra-Duke Ellington (Reprise)
DSCN0825_convert_20131226205440.jpg

A
Follow Me
Sunny
All I Need Is The Girl
Indian Summer
B
I Like The Sunrise
Yellow Days
Poor Butterfly
Come Back To Me

シナトラは結構、好きでよく聴くほうです。 シナトラが何故すきなのか? 考えてみました。声が素晴らしい(当たり前か・笑)
好きな唄が多いと言うか、シナトラの解釈が好き(聴いて英語の意味は判ってないのですが・・)例えば、My Funny Valentine、I've Got You Under My Skin、 All The Way、Moon RiverとかDays of Wine and Roses 限がありません。 どんな唄でもシナトラが唄うと何だか、豊かになるっていうか、そう感じるのです。

「酒バラ」なんかは、結構、重い歌詞の唄だと思いますが、シナトラの唄はどこか、達観してると言うか、すんなり入ってきます。とにかくリッチな気分にしてくれますし、憧れのアメリカンドリーム、夢、そのものを感じるから・・
子供心にそう思ったのでしょうか、60年代でまだガキのころから、憧れてたのです。

このレコードも豪華です。 エリントン楽団がバックですから・・

特に「All I Need Is The Girl 」 から「Indian Summer」の流れはもう夢心地になります。

All I Need Is The Girl はイントロからエリントニアンの分厚いアンサンブル、でもけっして重くはありません、これに乗っかるシナトラ、良いです。 そうして、インディアンサマーです。

小春日和と思っていましたが、少々、ニアンスが違うようですが、まー人生の秋にさしかかった、僕には合う曲かなと思います。 急に暖かくなる事がありますよね、そんな時に勘違いするのかなぁ(笑)

とにかくホッジスの短いソロは小春日和の午後の縁側のうたた寝ですな~! 素晴らしい!!
 
シナトラにとっても、エリントンにとっても、代表作ではないのでしょうが、この二人の競演ですから、悪かろうはずはないでしょう。

DSCN0828_convert_20131226205500.jpg
リプリースの音はなかなか、良いです。

クリスマスもなく暮れ済ます? もーカミサンと二人では年末もふつうの一日が積み重なるだけですね。
それに不満があるわけではありませんが、過ぎ去る日々のなんと早い事か・・
スポンサーサイト

コメント

こんばんは

 エリントン楽団をバックにシナトラが歌う。豪華ですね。
 先日立ち寄ったフリーマーケットで買ったCDの中にシナトラが1枚あり、
 久しぶりに聴いていたところでした。
 やはり、上手い。声がいいですね。
 アメリカの厳しい芸能界で生き延びた理由がわかります。
 

URL | mikitaka08 ID:-

mikitaka08さん、こんにちは。 いつもコメント、ありがとうございます。
歳を取ると一年があっという間に過ぎ去りますね! 
今年もあと3日で終わり・・  寂しい

シナトラは良いですね、定期的に聞きたくなります。 

ミキタカさん、今年はお世話になりました。 貴ブログも愉しみにしております。 来年もよろしくお願いいたします。

URL | M54 ID:-

昨夜もススキノは雪だった

M54 さん、こんばんは。

今年も終りですね。昨夜は今年最後のデイ・バイ・デイのライブを愉しんできました。今年は慶ちゃんを通して電話でお話する機会もありましたので、九州と北海道の距離が縮まりましたね。お会いできるのはいつになるのかわかりませんが、そのときは飲み明かしましょう。

シナトラにエリントン、大物の顔合わせに終わらない好盤です。

来年もよろしくお願いします。

それでは、よいお年を!
そして楽しい Jazz Life を!

URL | duke ID:-

よいお年を

dukeさん、こんにちは。 コメント、ありがとうございます。

鹿児島でも雪が少し降りました。 寒いです。
dukeさんと電話ですが、お話できたことが、今年の一番の収穫だったかなっと思います(笑)
慶ちゃんの人柄を通じてdukeさんの人柄も伝わってきました。
これは是非ともお会いせねばと強く思っております。

duke&シナトラではありませんが、競演が楽しみです!

来年もよろしくお願いいたします。

URL | M54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)