何でも中途半端なのに、若干のこだわりがあるだけに、始末が悪い(笑)

オーディオに関してはこれ以上お金はかけられない。 だったら、手間を掛けるしかないのですが・・
セッテイングやら、ルームアコーステックやら、プレイヤーの調整等など・・お金を掛けなくっても出来る事は有るのですが、それも~・・・面倒くさい! それじゃー駄目ジャン(笑)!!

と言うわけでは有りませんが、オリジナルや高音質盤に目が向いてしまうのかな? これは確実に音が違いますからねー只、これもそれなりのコストはかかりますがぁ~ねぇ!

CASINO ROYALE como-5005
DSCN0768_convert_20130809192352.jpg

高音質盤のTASスーパーディスクの代表的な一枚がこのレコードのステレオ盤なのですが、僕の所有はモノ盤です。
でも、基本、同じ音で録音されているので、これもなかなかだと思っています。

とにかく、このレコードはA1のハープ・アルパート&ティファナブラスの『メインテーマ』を前奏として楽しんで、そうしてダスティ・スプリングフィールドの艶っぽい『ルック・オブ・ラブ』を聴けば、全てOK! 満足してしまうのです。

完璧な曲とアレンジ、そう、誰がなんと言おうと!『The Look Of Love』はこれが最高なのだ!!

誰にでも愛されるべきバージョンなのです。

朝から聴くも良し、昼下がりに聴くもよし! 夜も勿論、良し!!
このレコードはこの1曲のためにあるのだ! バカラックさん、ごめんなさい。

DSCN0770_convert_20130809192415.jpg

そろそろ、ネタ切れか? もともと、キャパがないのですから、そんなモノなのですが(笑)
何時もお世話になってるdukeさんのネタから、拝借いたしました。 事後報告です、すいません(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)