ポインセチアを見つめながら微笑む青年(たぶんタルだろう)
このジャケットを手掛けたのは、D.S.M、デビット・ストーン・マーティンです。
美的センスのない僕ですが、このシンプルなライン(線を基調とした絵)を観ていると、自然とタルの爪弾くシングルトーンが聞こえて来ます。

•MGN 1047 The Tal Farlow Album
DSCN0723_convert_20130713072157.jpg

Tal Farlow, Barry Galbraith (g) Oscar Pettiford (b) Joe Morello (ds)
NYC, June 2, 1954

A
If There Is Someone Lovelier Than You
With The Wind And The Rain In Your Hair
My Old Flame
Gibson Boy
You And The Night And The Music
Love Nest

B
Blues In The Closet
Everything I've Got

Claude Williamson (p) Tal Farlow (g) Red Mitchell (b) Stan Levey (ds)
Los Angeles, CA, April 25, 1955

Lullaby Of The Leaves
Stompin' At The Savoy
This Is Always
Tea For Two

CDやPCのダウンロードでは、絶対に味わえないもの・・ジャケットの魅力 大きいですね、このジャケを手にとって愛でながら聴く音楽は本当に魅力的です。
BNやプレステのジャケも音が聴こえてきそうなものが数多く有りますが、このヴァーブ系(クレフ、ノーグラン)にも、そんな素敵なものが多いですね。
特にこのストーン・マーティンのものは素晴らしいですね。

ストーン・マーティンはスタジオでミュージシャンの音を聞きながら、ある意味、即興で書いていたそうですが、この生き生きとした表情はそうした現場から、必然的に生まれたのでしょうね。
勿論、才能と言うものがあればこそでしょうけれども。

タルのギターもD.S.M の線のように生き生きとしています。 
A面とB面の2曲はガリブレイスのリズムギターが音に厚みを与えていますし、なんといってもオスカー・ペティフォードの分厚いベースが濃く太いラインを描いています。
代表はオスカー自作のB1『ブルース・イン・クローゼット』これを聴けば判りますね、納得の出来栄えです。

クロード・ウイリアムソンとの4曲も雰囲気が変わりこれもなかなかいいですね。

DSCN0729_convert_20130713071330.jpg

レコードは中身が命ですから、ミンガスのジャケのようにどうにも自慢の出来ないものも(笑)中身がよければ、それで良いわけですが、ジャケが良いものは中身も良いように感じますがどうでしょうか?
セクシージャケや美人ジャケは別でしょうが・・
スポンサーサイト

コメント

ジャケを手にとって

おはようございます。
北海道も一気に熱くなりました。
そちらの熱さの様子がわかります。
さて、ジャケット素敵ですね。U-ちゅーぶでTal Farlowを聴きながら、ブログを読ませてもらってます。

URL | mikitaka08 ID:-

Re: ジャケを手にとって

mikitaka08さん、こんにちは。 コメント、ありがとうございます。

タルは超テクなんですが、素朴な感じが好きなのですね、そこがジャケと重なるのでしょうかね。 

貴兄のブログ、ビートルズが続きますねーこれ楽しみにしています。 僕も好きなので・・
次も楽しみです!!



> おはようございます。
> 北海道も一気に熱くなりました。
> そちらの熱さの様子がわかります。
> さて、ジャケット素敵ですね。U-ちゅーぶでTal Farlowを聴きながら、ブログを読ませてもらってます。

URL | MINGUS54 ID:-

54さん、タル・ファーロウのいいのが出ましたね! 「ジャケを愛でる」のタイトルに、うん、とうなづくbassclefであります(笑)
このTal Farlow Albumのジャケット・・・僕はストーンマーチン諸作の中でも、かなり好きなやつです。物思いに耽(ふけ)る人物には色を被(かぶ)せず、だから左サイドのタテ赤がピシッと決まる。なにかしらいい雰囲気のジャケットです。、実はこれと同じイラストのジャケットでMGN-19という10インチ盤も出てるんですね(タルのノーグラン唯一の10インチ盤)
イラストも左タテ赤も全て同じですが、違いは・・・ジャケ右下のHi Fiという文字が12インチは大きくて、10インチでは小さい・・・ことくらいでしょうか。これ、現物で確認したわけではありません。写真で比べて発見した~という哀しい状況です(笑) 
12インチ盤(MG1047)は入手したのですが、10インチ盤も・・・実に欲しいものですなあ(笑)

URL | bassclef ID:IpV4Zmhs[ 編集 ]

Re: タイトルなし

bassclefさん、こんばんは。 コメント、ありがとうございます。
bassさんもお持ちですか、これに魅せられるといけませんね~(笑)

> 物思いに耽(ふけ)る人物には色を被(かぶ)せず、だから左サイドのタテ赤がピシッと決まる。なにかしらいい雰囲気のジャケットです。
そうなんです! こんなふうに表現したかったのですよー文章力ないからなー(泣)

>実はこれと同じイラストのジャケットでMGN-19という10インチ盤も出てるんですね(タルのノーグラン唯一の10インチ盤)

10インチもあるだろうとは想像していましたが、未だ見かけたことはありません。 こわーい(笑)

>10インチ盤も・・・実に欲しいものですなあ(笑)

全く・・同感! 怖~い!!(笑)

URL | MINGUS54 ID:-

ストーン・マーティン

M54 さん、こんばんは。

今日のデイゲームで負けましたので、借金生活に戻りましたが、オールスター明けに期待したいですね。

bassclef さんがうなずいておられましが、「ジャケを愛でる」のタイトルには脱帽です。私のように美女ジャケばかり愛でるのはだめですね。

ストーン・マーティンのジャケに外れはありませんが、このタルもジャケといい、内容といい文句なしです。ストーン・マーティンは、プレイヤーの特徴とそのときの音楽観を的確に表現しているように思います。

URL | duke ID:-

Re: ストーン・マーティン

dukeさん、こんばんは。 コメント、ありがとうございます。

我がホークスも借金生活、交流戦で勢いづくかと思いきや、どうにも、調子が上がらない・・(泣)

D.M.Sのジャケはホンとに良いですよねーまだまだ、欲しいものが、たくさんあるのですが、どれも高いですね。 内容の良いし、録音も優れたものが多いですからね~。 
欲しいものが多すぎます! いつまでたっても、物欲に負けてしまいます。 
まー反省もしていないのですがね!(笑)

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)