大好きな曲です。 皆さんも、好きだと思います。 良い曲ですね。
名演も数多くあると思いますが、MJQは絶対に外せません!

•The Modern Jazz Quartet - Concorde (Prestige PRLP 7005)
DSCN0672_convert_20130601141404.jpg

Milt Jackson (vib) John Lewis (p) Percy Heath (b) Connie Kay (ds)
Rudy Van Gelder Studio, July 2, 1955

A
Ralph's New Blues
All Of You
I'll Remember April
B
Gershwin Medley: Soon / For You, For Me, Forevermore / Love Walked In / Our Love Is Here To Stay
Softly, As In A Morning Sunrise
Concorde

MJQ=ミルト・ジャクソン=ヴィブラフォーン 的なすり込みで聴いていくと、ミルト・ジャクソンのヴァイブはMJQ以外のほうが、よりファンキーで良いよなーと思って聴いてしまいますが、
MJQはジョン・ルイスのピアノをメインに聴いていくとその良さが分かるようです(当たり前のことなんでしょうが、僕は最近発見しました・笑)
それを踏まえてこの『朝日~』聴いてみましょう。 テーマから先発はミルトのヴァイブなんです、当然、ここも聴き処ですが、続くルイスのピアノはどうでしょう! 凄いソロを展開します。 汲めど尽きせぬ泉のごとく、瑞々しいフレーズが溢れ出るではありませんか! 凄すぎる、素晴らしい!!
結構、長い曲なんですが、もー聴き足らない思いです・・名残惜しいと思いながら、ジョン・ルイスの『コンコルド』(調和でいいのかな?)に流れていくのですね。
実に良く出来た選曲ですね! 
『朝日ように爽やかに』は1952年?だったですかね、MJQのデヴューのサヴォイ盤で既に演奏していますが、こちらはヴァイブ中心でしかも、そのヴァイブの音がかなり、強すぎて少し抵抗があります。 どちらもヴァンゲルダー(但しサヴォイはリマスターのようですが)ですが、ずいぶんと音の違いがあります。
このプレステ盤は実に良い音だと思います。 そんな意味でも、『朝日のように爽やかに』はこのバージョンが最高と言うことになります。(僕の主観です)
DSCN0673_convert_20130601141332.jpg
朝からこれを聴きます、良いですね~!ジョン・ルイスも未だあまり聴いてない大物です。 
今月はもう既に小遣いはありません、少し高い買い物をしてしまいました
棚の中から引っ張り出すと 結構いいもの、持ってるジャン(笑)と思います。
原点回帰!  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)