Ray Manzarek が亡くなった。 日本的に言うとまた一つ昭和が終わったと言うことでしょうか。 
残念ですね。
モリソンが早すぎたので、レイはそれよりは長かったのでしょうが・・
今日はレイを偲んで・・
Strange Days
DSCN0652_convert_20130522204847.jpg

A
Strange Days
You're Lost Little Girl
Love Me Two Times
Unhappy Girl
Horse Latitudes
Moonlight Drive
B
People Are Strange
My Eyes Have Seen You
I Can't See Your Face In My Mind
When The Music's Over
DSCN0656_convert_20130522204911.jpg
DSCN0658_convert_20130522204933.jpg

Doors=Strange ってイメージを持っているのですが、それが一番でたアルバムがこれのように思います。
A1からレイのオルガンがそのイメージを響かせ、ジムの妖しいヴォイスが絡みます。

『二度愛して』が一番好きですが(笑)全体を通して、この奇妙なイメージがコンセプトに成っていると思います。
個人的に名曲と思っているラストの『When The Music's Over』まで この奇妙な緊張感は続きます。

ドアーズは燃え尽きてこそドアーズ、激しく燃え盛った分、あっという間に消えてしまいましたが、その炎は僕らの心の奥底に残っているようです。
レイのご冥福をお祈りします。 
スポンサーサイト

コメント

また一つ昭和が終わった

こんばんは

 マンザレクがなくなったのですね。知りませんでした。
 私にとっては1960年代がまたひとつ終わったという感じです。

URL | mikitaka08 ID:-

Re: また一つ昭和が終わった

mikitaka08さん、こんにちは。 コメントありがとうございます。 1960年代後半は多感な時期でしたからねーなんでも吸収できてまいたね。 最近はもー駄目ですが(笑)
ドアーズは特に印象深いバンドでした。 レコードはありがたいですね。

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)