ビリー・ホリデイを聴いたときは、トリハダ・・こんな凄い歌唱があるのか!っと思いました。

•Donald Byrd - Royal Flush (Blue Note BSP 84101)
IMG_0404_convert_20130217212915.jpg

Donald Byrd (tp) Pepper Adams (b sax) Herbie Hancock (p)
Butch Warren (b) Billy Higgins (ds)
Rudy Van Gelder Studio, September 21, 1961
A
Hush
I'm A Fool To Want You
Jorgie's
B
Shangri-La
6 M's
Requiem

『I'm A Fool To Want You』はホリデイの唄が凄すぎますが、トランペットで良いものがあります。 
一人で寂しく聴き比べを良くしたものですが(笑)

バードが良いよな~と、常々思っていました。 人気のないバードですが、こんなに歌心あるんだぜ! 愛を込めて・・名演です。

バードはタイトル通り、最高のメンツが揃った! と思ったことでしょう、そんな時代だったのだなーと思いしみじみと聴いてます。

Hushからバードの作曲能力の高さを感じながら、アーシーだが優しい曲に癒され、ズドーンと恋は~で泣かされ、Jorgie'sがまた良い曲なんですねーこれもバードの曲。
B面もバードの2曲(僕は6 M's も好きです)とエースの登場でしょうか、ハンコックの曲Requiemで締めとなります。
これからの活躍がわかりますねーピアノも良いですね~ピアノ誰かな?って思っちゃいます、だって70年代のハンコックから聞いてますからね、こんなのりなのって!

どの曲も良い出来です。 ペッパーも利いてますし、ウォーレン、ヒギンズも良いですね。
まさにロイヤル・フラッシュ!

IMG_0405_convert_20130217212957.jpg

バードは良いですね!  アダムスもですが!
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。

3月2日は僕も新納さんのところに顔を出すことにしました。
お会いできるのを楽しみにしています。

URL | sondek ID:-

Re: タイトルなし

sondekさん、こんばんは。 コメント、ありがとうございます。
3/2にお会いできるとの事で楽しみです。 はじめましてなのか? どうなんでしょうかね(笑)
楽しみです!!

URL | MINGUS54 ID:-

I'm A Fool To Want You

M54 さん、こんばんは。

バードが「I'm A Fool To Want You」を取り上げたのは、60年のリー・モーガンを聴いたからなのでしょう。どちらかというとモーガンのほうが人気がありますが。この時期はバードのほうが歌っておりますね。ヒアーズ・モーガンはジャズ喫茶の人気盤でしたが、モーガンよりもケリーによるものと思います。テリブルTのケリーのソロは自然と唸り声が出ます。

来月、スージーは九州公演だそうです。

URL | duke ID:-

Art

dukeさん、こんにちは。 コメント、ありがとうございます。
モテ男モーガンのこの曲は少し鼻持ちならないなー(笑)ジョーダンで口直しかな・・
顔は怖いが音色は優しい、アートは好きです。
トミフラも良いし

スージーさんとは3月3日にお会いできると思います。 dukeさんの武勇伝を聞かせていただくとしよう(爆)

URL | M54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)