ドナルド・バードが亡くなった。 今日、知りました。80歳・・ 仕方のないことですが、寂しいですね。

何故か・・ポートレート・オブ・ジェニー これが、一番に思い浮かびました。

Donald Byrd - At The Half Note Cafe, Vol. 1 (Blue Note BLP 4060)
IMG_0393_convert_20130208212912.jpg

Donald Byrd (tp) Pepper Adams (b sax ) Duke Pearson (p)
Laymon Jackson (b) Lex Humphries (ds)

"Half Note", NYC, 2nd set, November , 1960

A
My Girl Shirl
Soulful Kiddy
B
A Portrait Of Jennie
Cecile
theme:Pure D. Funk

飛び切りファンキーなSoulful Kiddy にしても、どこか自制が効いている気がするし、My Girl Shirlも哀愁漂う演奏だと思います。 バードのペットはそんな知的な印象を持っていますし、相棒アダムスのゴリゴリのバリトンも重すぎず、理屈っぽくもなく、適度の黒さを感じる、そんなところが好きです。 そうしてピアソンのピアノが出しゃばらずに実に良いですねー好きです。

ジェニーの肖像はバードが謳い上げます。 この曲は昔から好きな曲でした。唄ものではナット・キング・コールのものしか持っていませんが、インストは何と言ってもブラウン・ウイズ・ストリングスでしょうが、このバードもブラウニーに勝るとも劣らない、素晴らしい演奏です。

僕らは今もこれからも、この素晴らしいジャズマンの肖像(演奏)を楽しむことが出来ます。 このレコードという宝物を大事にしていきたいと思います。 

バードよ、永遠に・・
IMG_0395_convert_20130208212500.jpg
今回はレコードを回しながら撮ってみました。

ジェニーの肖像、映画を観てみたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

ポートレート・オブ・ジェニー ~ うん、しっとりしたバラード風でいい曲ですよね。クリフォード・ブラウンのストリングスはもう・・・最高です!(笑) クリフォードそれを知ってて敢えてこの曲を取り上げたドナルド・バードも偉いと思います。
そういえば、この名曲 potrait of Jennie を、JJ.Jhonsonも演ってますね。(「エミネントvol.2」(B面2曲目)に収録)
ちなみに、クリフォード・ブラウンが1955年1月、JJが1955年6月の録音です。たぶん・・・JJは、クリフォードの「ストリングス」を聴いてその素晴らしさに感動して自分も取り上げた・・・。(当時は録音から発売までの期間が速かったので、この妄想も充分、あり得る・・・と思いたい)

URL | bassclef ID:IpV4Zmhs[ 編集 ]

JJ

bassclefさん、こんばんは。 何時もコメント、ありがとうございます。

>JJ.Jhonsonも演ってますね。(「エミネントvol.2」(B面2曲目)に収録)
これ、僕は未聴なんですね・・たぶん  ですから、手持ちもないわけです。
何とか、手に入れて聴いてみたいですが、JJのジェニーも良いのではないかと思います。  
あいつが演ったあの曲、良いんじゃないの! 俺も演ってみようかなーなんて、在ったと思います。

URL | MINGUS54 ID:-

ジェニーの肖像

M54 さん、こんばんは。

ドナルド・バードはブラックバードの大ヒットでジャズファンからはそっぽを向かれましたが、経済的に潤い良いジャズ人生だったかもしれません。

ジェニーの肖像は私も好きな曲ですが、同名の映画とは関係がないようです。

URL | duke ID:-

Re: ジェニーの肖像

dukeさん、こんばんは。 何時もコメントありがとうございます。

> ジェニーの肖像は私も好きな曲ですが、同名の映画とは関係がないようです。
そうなんですか! 僕はてっきり、この映画の主題歌かなっと勝手に思い込んでいました。
映画も原作も見てないのですが、面白そうだなっと思っています。 
ドナルド・バード、亡くなっても何だかあまり取り上げられませんね! もう少し注目されると思っていましたが・・人気がないのでしょうかねー??

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)