昨年よりは少しは良い年でありたいなっと! 昨年はあまり良いことはなかったかな~それでも、レコードは増えたのでよしとしよう(笑)
欲しいレコードは山ほど有るし、まだまだ頑張らないといけませんなー! 小遣いは毎年、減らされるけど!(笑)
•PRLP 102 Stan Getz, Vol. 1
DSCN0579_convert_20130106185526.jpg
Al Cohn, Allen Eager, Brew Moore, Zoot Sims (t.sax) Stan Getz (t.sax, b.sax) Walter Bishop Jr. (p) Gene Ramey (b) Charlie Perry (d) Gerry Mulligan (arranger)
NYC, April 8, 1949

A
Five Brothers
Four And One Moore
Battleground
Battle Of The Saxes

Stan Getz (t.sax)Tony Aless (p B1,2) Percy Heath (b B1,2) Don Lamond (d B1,2)
NYC, April 14, 1950
Al Haig (p B3,4) Gene Ramey (b B3,4) Stan Levey (d B3,4)
NYC, June 21, 1949
B
The Lady In Red
My Old Flame
Mar-Cia
Long Island Sound

僕はベース好きですが、リード楽器で何が好きか? どうもテナーが好きなようです。 

ゲッツは比較的最近、好きになったテナーです。昔からレコードは持っていましたが、興味が湧きませんでした。
ルースト盤とかも持ってましたが、聴くのは専ら、ジルベルトぐらい・・

勿体ないとは思いますが、今思い返してみても、多分、昔の僕はゲッツの魅力は分からなかったと思いますし、必要とも思わなかったのだと思います。
 
今は求めているのでしょうね、聴きたいと思うことが非常に多くなっていますから! それで良いのかなっと思います。今では特に50年代のゲッツが好きなのです。

前にも書きましたが、音色とか言うことが判ると言うか・・気にしながら聴くようになってから、歳を取ったからかも知れませんが、ゲッツの魅力が判るようになってきたのかと思います。


このレコードは、49年4月・6月、50年3つのセッションが収められています。
僕の持っているゲッツのレコードで一番古い音源です。 
僕にはゲッツのスタイルはもうクレフ、ノーグランと同じと感じますし、あのせつない音色とフレーズが止めどなく溢れでてくる感覚はもう”たまらん”です! 特にB面は(これレコードのラベルは102Aと成っていますが?)ゲッツのワンホーンでどれも素晴らしいです。
モノクロのジャケですが、マウスピースが白だというのがみえますね。

DSCN0578_convert_20130106185604.jpg

レコード仲間のbassclefさんがルーストのゲッツを最近、話題にしていますが、そのゲッツのプレイについての表現は絶品です! 是非、ご覧あれ!! 

『夢見るレコード http://bassclef.air-nifty.com/monk/』

いやーレコード!大好きだ! ジャズは素晴らしい!!  
スポンサーサイト

コメント

M54さん、新年明けてもドンドン来ますね(笑) <夢見るレコード>のお知らせ~こちらにも、dukeさん「アドリブ帖」にも、わざわざありがとうございます。
おおっ、ゲッツですか・・・しかも10インチ!このわりとチープな感じの写真ジャケットが・・・なぜか10インチの場合には、悪くないんです(笑) 
このvol.1と同じ図柄でvol.2もあって、そちらもまた素晴らしいんです!(笑) vol.1のB面とvol.2の両面8曲が、12インチのあの「スタンゲッツ・カルテット」になったと思うのですが、その12曲のカルテット演奏は、54さん仰るように「たまらん!」ですね(笑) 
僕はこのところ、すっかり「10インチ盤の時代」に馴染んできてしまいまして、盤の材質に起因するであろうノイズや録音の古い感じ~にもあまり違和感を感じなくなってきてます(笑) それよりも、特に管楽器の音にザラッとした鮮度感みたいなものがあって、それさえあれば嬉しいわけです。
マリガンの10インチ盤(120 と 141)も、なかなかの「ざっくり感」があって気に入ってます。もっともジャケット/盤のコンディションは「傷だらけのあいつ」ですが(笑)

URL | bassclef ID:IpV4Zmhs[ 編集 ]

サブトーン

サブトーンに座布団一枚!!  
bassさん、こんにちは。 コメント、ありがとうございます。
夢レコを読ましていただいて、もーゲッツが聞きたくなって、聴きたくなって(笑) それでこちらもゲッツで行きました。 確かにチープなジャケですし、見ての通りボロボロですけれども、内容は好いのですよね!
今回はゲッツの内容については夢レコを参考にしていただけば、充分かなっと僕の下手な解説はいらないと思い勝手にご案内させていただきました。
ごめんなさい。  僕は”たまらんです”だけですが、これ結構、説得力ないですか?(笑) 
10吋も欲しいものばかりですね~

URL | M54 ID:-

いやーレコード!大好きだ! ジャズは素晴らしい!!  

<いやーレコード!大好きだ! 
全く同感です。
わがアナログプレイヤーはなかなか頑固で調子もの。
時々右スピーカーからの音が途絶えます。アームをいじり、カートリッジをなだめすかして音を出してもらいます。そんなことをしてまでもと言われそうですが、その手間暇をかけてレコードを聴くことに大きな意義を見出します。
<ジャズは素晴らしい!!
同感ですと言いたいのですが  M54 さんを始め、私が訪問させていただく
ブロガー諸氏のジャズブログは格調高く、なかなかコメントしずらく、いつも
一方的に読ませていただいております。
 今年も訪問させていただきます。

URL | mikitaka08 ID:-

針を下ろす!

ミキタカ08さん、こんばんは。 コメント、ありがとうございます。
ジャズをメインに聴いていますが、僕はレコードが好きなんです!
ミキタカ08さんも同じだと思います、ジャケを眺める、臭いとその重みを感じながら、盤を取り出し、A面かB面か確認してタンテに乗せる、針を下ろす・・
この行為が好き! 大好き! (爆)  神聖な儀式なんですかね~大げさですが、これがないと聴いた気がしないのです!  ミキタカさんのレコードの更新も楽しみにしていますのでよろしくお願いします。

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)