普通はチェットでしょうが・・僕は村田浩さん!、ハードバップペットの重鎮、僕らは愛を込めて、オヤッサンと呼んでおります。 ライヴでは必ず、その渋い喉を聴かせてくれます。 何時でもそれを待ってます!

•RLP 12-275 Kenny Dorham - This Is The Moment!
DSCN0571_convert_20121227225732.jpg

Kenny Dorham (tp, vo) Curtis Fuller (tb) Cedar Walton (p) Sam Jones (b) Charlie Persip (d)G.T. Hogan (d A2、5 B4)
July 7, 1958
A
Autumn Leaves
I Remember Clifford
Since I Fell For You
I Understand
From This Moment On
B
This Is The Moment!
Angel Eyes
Where Are You
Golden Earrings
Make Me Present Of You


さて、ドーハムです。 僕はドーハムって人は底が知れない不思議な人だと思います。 頼り無さげな、バラードプレイがあるかと思えば、鋭く激しくドルフィーとも渡り合うし、興味が尽きません。
そうして、これも、思いっきりけだるいヴォーカルアルバムまで本気にやってしまうのですね!
間違ってこれが売れていたなら、ヴォーカリストになっていたかもしれません、それはないか(笑)

どうでしょうか、聴き様によってはこれ良いんじゃないですか? なんたってこの選曲、『枯葉』からスタートして次はなんと『クリフォードの思い出』ですよ! 『エンジェルアイズ』もありますし、好きな選曲だなー

フラーのボントロも控え目ですが、実に良いムードですし、シダーウォルトンのピアノがいいですね。
軽く全曲聴いてしまいます。 

これは絶対欲しいと言うようなレコードではないのですが、えさ箱で見つけたときにはどうしてもこれを離せなくなりました、そんなレコードは結構多いですけれど・・
DSCN0570_convert_20121227225809.jpg


溝なしですが、PATナンバーはあります。 2ndなんでしょが、ジャケも盤も珍しくメチャ綺麗です!
スポンサーサイト

コメント

歌うトランペッター

M54 さん、今年一年のお付き合いありがとうございました。南と北で距離はありますが、一度機会があればお会いしたいですね。

村田浩さんは生で聴きましたが、バップの伝道師の名の通りの音でした。

チェットにドーハム、トランペットをダラーっと下げて歌うのは絵になりますね。

それでは、よいお年を!
そして楽しい Jazz Life を!

URL | duke ID:-

Re: 歌うトランペッター

dukeさん、こんにちは。 今年も一年間、拙ブログにお付き合い頂きまことにありがとうございました。
一度はお会いしたいですね、札幌にはもう一度行きたいと思いますし、デイバイデイやソリチュードにご案内いただきたいです(笑) 
村田さんの暖かい音色には癒されますね! ここ1年は聴いていませんが、また聴きたいです、そう、ヴォーカルも! 

本当にお世話になりました。 
それでは、良いお年をお迎えください! 

URL | MINGUS54 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)